Huaweiの2020夏・秋モデルまとめ【メーカー特集⑥】

今回の記事では、Huaweiが2020年夏・秋に海外発表したスマートフォンを一覧でご紹介します。

春モデルのまとめはこちら。

GMS搭載禁止措置が延長され、さらなる苦難が予想されるHuawei。しかし、スマホ本体は完成度の高いものを開発し続けています...

Huaweiの2020夏・秋モデルまとめ (5/19〜10/31)

Soc特徴価格
Huawei Mate 40Kirin 9000E 5G50MPトリプルカメラ、90Hz駆動AMOLED、40W急速充電約11.2万円(ユーロ)
Huawei Mate 40 ProKirin 9000 5G50MPトリプルカメラ、90Hz駆動AMOLED、66W/50Wワイヤレス充電約14.9万円(ユーロ)
Huawei Mate 40 Pro+Kirin 9000 5G50MPクアッドカメラ+ToF、90Hz駆動AMOLED、66W/50Wワイヤレス充電約17.4万円(ユーロ)
Huawei Mate 30E ProKirin 990E40MPトリプルカメラ、AMOLED、40W/27Wワイヤレス充電未定
Honor X10 5GKirin 82040MPトリプルカメラ、90Hz駆動LCD約3.0万円(中国)
Honor X10 Max 5GDimensity 80048MPデュアルカメラ、7.09インチLCD約3.0万円(中国)
Honor 10X LiteKirin 71048MPクアッドカメラ約2.2万円(サウジ)
Honor Play4Dimensity 80064MPクアッドカメラ約2.8万円(中国)
Honor Play4 ProKirin 99064MPクアッドカメラ、40W急速充電約4.5万円(中国)
Honor 30 YouthDimensity 80048MPトリプルカメラ、90Hz駆動LCD約2.7万円(中国)
Huawei Enjoy Z 5GDimensity 80048MPトリプルカメラ、90Hz駆動LCD約2.7万円(中国)
Huawei Enjoy 20 ProDimensity 80048MPトリプルカメラ、90Hz駆動LCD約3.1万円(中国)
Huawei Enjoy 20Dimensity 72013MPトリプルカメラ約2.7万円(中国)
Huawei Enjoy 20 PlusDimensity 72048MPトリプルカメラ、90Hz駆動LCD約3.6万円(中国)
Huawei Y9aHelio G8064MPクアッドカメラ、40W急速充電約3.1万円(サウジ)
Huawei Y8pKirin 720F48MPトリプルカメラ約2.3万円(ミャンマー)
Huawei Y7aKirin 710A48MPクアッドカメラ未定
Huawei P Smart 2021Kirin 710A48MPクアッドカメラ約2.3万円(ユーロ)
Huawei Maimang 9
Dimensity 80064MPトリプルカメラ約3.4万円(中国)
Nova 7 SE 5G YouthDimensity 800U64MPクアッドカメラ、IPS、40W急速充電約3.6万円(中国)

Huaweiは2020夏・秋の間に数多くのスマホを発表しました。全機種GMS非搭載のため注目度は高くありませんが、優れたコスパ/スペックのスマホがいくつも見られます。

注目の機種をピックアップ

Huawei Mate 40 Pro【最高峰のスペック】

Huawei Mate 40 Proの主なスペック

  • 5nmプロセスSoc、Kirin 9000 5Gを搭載
  • 90HzリフレッシュレートAMOLEDディスプレイ搭載
  • 世界最高レベルの50MP+20MP+12MPトリプルカメラ
  • 66W急速充電/50Wワイヤレス急速充電に対応

Mate 40 ProはHuaweiのフラッグシップ、Mateシリーズの最新モデルです。5nmプロセスの独自Soc「Kirin 9000」を搭載し、処理性能は世界最高レベルとなりました。

おなじみライカ製のカメラはDxOMarkで1位を獲得。その性能は折り紙付きです。他、66W急速充電、50Wワイヤレス急速充電に対応など、ほぼ文句なしの仕様となっています。

DxOMarkとは? DxOMarkはカメラ性能を科学的に評価するベンチマークです。 各メーカーが自社デバイスのカメラ性能の良さ...

価格は1,199ユーロ(約14.9万円)から。ただし、GMSは非搭載です。

Huawei Mate 40とMate 40 ProとHuawei Mate 40 Pro+が正式発表されました。Kirin製チップ...

Honor X10 5G【コスパに優れた格安5Gスマホ】

Honor X10 5Gの主なスペック

  • Kirin 820を搭載し5G通信に対応
  • ポップアップカメラ採用の90HzリフレッシュレートLCD
  • 40MP+8MP+2MPのトリプルカメラ搭載

Honor X10はHonor 9Xの後継に当たるミドルレンジスマホです。Kirin 820を搭載しており、Antutuスコアは約38万点となっています。最大の特徴はポップアップカメラを採用したフルディスプレイですが、残念ながらAMOLEDではなくLCDです。

価格は1899元(約3万円)から。なお、GMSは非搭載です。

サイド指紋認証ファンにオススメ。 Honor X10 5Gが正式発表されました。Kirin 820搭載、40MPをメインにした...

Huawei Enjoy Z 5G【格安5G機の走り】

Huawei Enjoy Z 5Gの主なスペック

  • Mediatek Dimensity 800を搭載
  • 48MPメインのカメラ搭載
  • 90HzリフレッシュレートのLCDディスプレイを搭載

Huawei Enjoy Z 5GはMediatek製Soc搭載の安価な5Gスマホです。90Hz駆動のLCDディスプレイなど、十分なスペックながら価格は1699元(約2.6万円)からと抑えられています。ただしこちらもGMSは非搭載です。

なおHuaweiは今年、Dimensityシリーズ搭載のミッドレンジスマホを複数発表しています。似た構成のものも多く、特にHonor 30 Youthはほぼ同一のスペックです。

Huaweiは5月24日、Huawei Enjoy Zを発表しました。 5Gに対応しており、ベースモデルが1699元(約2.6...

今後、Huaweiの復活はありえるのか

アメリカからの制裁により、Socの供給が困難になったHuawei。CEOのリチャード・ユー氏も「Mate 40シリーズがハイエンドのKirinプロセッサを搭載した最後のモデルになるかもしれない」との旨を述べています。

Huaweiが自社開発しているSoC、Kirinシリーズを当面の間、生産中止することがわかりました。同社のコンシューマビジネスCEO...

チップセット製造を担う台湾TSMCは最近、Huaweiと取引をするためのライセンスを取得しました。しかしその条件は"28nm以上のプロセスに限る"という非常に厳しい条件です。

台湾の半導体製造受託会社TSMCが、米政府からHuaweiへの部品供給の許可を取得したという報道がありました。TSMCはこの報道に対...

またHuaweiは現在、上海にチップセット製造の工場を建設中とも報じられています。しかしスマホ向けのSoc製造は厳しく、主にIoT機器向けのものになると言われています。

Huaweiが今後本格的にスマートフォンを開発するには、アメリカからの制裁の大幅解除は必須です。あり得るとすれば今期のアメリカ大統領選で政権が変わったタイミングですが、制裁は解除されないとの見通しもあります。今後もHuaweiにとっては厳しい状況が続きそうです。

アメリカから厳しい制裁を受けているHuawei。5月13日にはホワイトハウスがアメリカに拠点を置く企業が、Huaweiとの取引を禁止...

フォローする

Writer

岩佐
新人ライターの学生(19)。XiaomiとGoogleのファンです。 https://twitter.com/nagi_iwasa

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.11.03 20:06 ID:01f1aabf9 返信

    Mate 40:Kirin 9000→9000E
    Mate 40 Pro+:トリプル→クアッドではないでしょうか?

    • 匿名 2020.11.03 20:25 ID:c5963af84 返信

      いや、Mate 40 Pro+はペンタカメラやな

      • 匿名 2020.11.03 20:26 ID:c5963af84 返信

        あ、+ToFなのか。ならクワッドだ。ごめんなさい

    • 岩佐 2020.11.04 09:04 ID:ecbaf775e 返信

      修正しました、ありがとうございます!

  2. 匿名 2020.11.04 19:37 ID:ffbaa86a4 返信

    9Xの後継がX10なの命名規則的にモヤる