HUAWEI Enjoy Z発表【リーズナブルな5Gモデル】

Huaweiは5月24日、Huawei Enjoy Zを発表しました。

5Gに対応しており、ベースモデルが1699元(約2.6万円)からとかなり安価な5Gミッドレンジスマホです。

Mediatek製Soc、Dimensity 800 5Gを搭載

スペック概要は以下の通りです。

  • Mediatek製のDimensity 800 (AntutuスコアVer8 約32.5万点)
  • 6.5インチ, IPSディスプレイ、1080 x 2400px (フルHD+)
  • リフレッシュレート90Hzに対応
  • 背面カメラ:トリプルカメラ搭載(メインカメラの解像度は48MP)
  • インカメラ:16MP
  • メモリ-ストレージ:6-64GB / 6-128GB / 8-128GB
  • バッテリー容量4000mAh
  • 22.5Wの急速充電に対応
  • 側面指紋認証
  • Bluetooth 5.0に対応
  • 5Gに対応、GMS非搭載

カメラ解像度は48MPと標準的ですが、HuaweiのAI補正は優秀なため期待できます。他にも22.5Wの急速充電などにも対応しており、Huaweiの妥協のなさが伺えます。

先週発表したHonor X10 5Gに続く低価格5G機

5Gの普及につれ、安価な5G対応スマホのニーズが高まっているようです。先日HuaweiはHonor X10 5Gを発表しており、こちらも日本円で2万円台~の5Gスマホでした。今回発表されたEnjoy Zは、Honor X10 5Gよりベースモデルで約3,000円値段を低く設定しています。

また、高コスパで有名なXiaomi2.8万円~のRedmi K30i 5Gを5月25日に発売しています。

XiaomiはRedmi K30i 5Gを公式サイトに掲載しました。6月2日に中国通販サイトJD.comで発売開始するようです。価格...

RealmeもX3 5Gの発表が間近とされています。こちらも日本円ベースで2万円台になる可能性が高そうです。

5Gへの対応で各メーカーのフラッグシップ機が軒並み値上がりしたものの、すでに焦点は価格競争になっているようです。MediatekのDimensityシリーズを搭載したスマホも増えており、さらなる低価格化が見込まれます。価格が下がることは消費者としてはありがたいものの、スマホメーカーにとっては身を削る戦いとなりそうです。

Source:公式サイト

フォローする

Writer

岩佐
新人ライターの岩佐です。愛機MI 9T(赤)の背面を眺める毎日。 https://twitter.com/nagi_iwasa

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.05.26 14:13 ID:54a5ae693 返信

    文句無い安さとスペックだけど
    GMS非搭載の時点で無いわ

  2. 匿名 2020.05.26 14:31 ID:4b3c90492 返信

    日本じゃ5gの恩恵受けにくいから
    dimensity使えるくらいしかメリットねえな