TSMCがHuaweiに部品供給する許可を米政府から取得か【効果は限定的】

台湾の半導体製造受託会社TSMCが、米政府からHuaweiへの部品供給の許可を取得したという報道がありました。TSMCはこの報道に対して「ノーコメント」としているようです。

但し、TSMCが米政府から許可を得たのは「先進的な技術を使用しない半導体」の供給に限定されるようです。この「先進的な技術を使用しない半導体」には、28nm以上のプロセスで製造された半導体が該当するようです。なお、Huaweiが現在販売しているスマホに搭載しているSocは16nm以下のプロセスで製造されています。

このままだとHuawei/Honorのスマホ事業は部品不足に陥りそう

米国政府の制裁により、TSMCは今月(2020年10月)よりHuawei向けの取引を停止しました。取引停止前の駆け込みでHuawei Mate 40に搭載予定の5nmプロセスSoc、Kirin 9000の納品(800~900万個程度)は完了しているようです。

Huaweiが自社開発しているSoC、Kirinシリーズを当面の間、生産中止することがわかりました。同社のコンシューマビジネスCEO...

Huaweiは5nmプロセス以外のスマホ用Soc在庫も一定量確保はしているでしょうが、このまま部品メーカー・製造受託会社が米政府からの取引許可を得られない状況が続くと、スマホ生産・販売を抑制せざるを得ない状況に陥りそうです。事実、今月発表予定のHuawei Mate 40については、Kirin 9000搭載版は800万台程度の限定生産・販売になるようです。

部品メーカー等との取引停止措置は、GMS非搭載よりもHuawei/Honorのスマホ事業にとっての打撃が大きくなりそうです。

Source: Focus Taiwan, GizChina

フォローする

Writer

telektlist管理人
このサイトの管理人。スマホのスペックはバッテリー持ちとチップセット重視。現在の愛機はMate 20 Pro, Oneplus 6とRedmi Note 7。カスタムROM導入に失敗してスマホを2台文鎮化させたことがあります。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.10.13 15:53 ID:46ffafadc 返信

    もう終わりだあ

  2. 匿名 2020.10.13 18:43 ID:b3f369dae 返信

    28nm世代のSoC スナドラ805 アンツツv7 9.5万点
    アンツツv7で似たスコアのスナドラ810はv8では11万点
    11nm世代のスナドラ460が12万点
    telectlistのanttutuまとめから持ってきたけど、こんなん無理やろ
    当時最上位が既にローエンドやんけ

    • 匿名 2020.10.13 20:43 ID:1368872d3 返信

      こんなん見たらhelio p60が輝いて見える

  3. 匿名 2020.10.14 01:43 ID:1d46bb773 返信

    なんで台湾の会社が物売るのにアメリカに許可取らなきゃいけないんだよ

    • 匿名 2020.10.14 03:10 ID:1ac5767f5 返信

      アメの技術を使った機械で製造してるからやで

      • 匿名 2020.10.15 04:29 ID:4292e408c 返信

        最近は中国も沢山特許を取っているみたいだけど、
        中国がアメリカの企業に干渉できるって事になってしまう。