120W急速充電をVivoが開発。13分で100%充電ができる異次元の速度

今年の3月に、中国Xiaomiが4000mAhのバッテリーを17分で充電することができる100Wの急速充電技術を発表したばかりですが、ライバルである中国のスマートフォンメーカーのVivoがそれを上回る120Wの急速充電技術を開発しました。

これは、理論上4000mAhのバッテリーをわずか13分で充電することができる数値です。

この技術は、公式Weibo上にアップされたポスターより発表されました。

このFlashCharge(超快閃充)と名付けられた120W充電規格は、Xiaomiの100W充電より4分早く充電することができるようです。なお、Vivoはそれ以上の情報は発表していません。

中国のメディアによると、Vivoはこの技術の詳細を来週(6/26-6/28)、上海で開催されるMWC 2019で発表する見込みです。また、VivoはMWC 2019で5Gスマホの展示も行う模様です。

最近発売されてたVivoのフラッグシップスマホ、iQOOは、44Wの高速充電に対応しており、4000mAhのバッテリーをわずか45分で満充電できました。現在発売されているスマホでは18W急速充電がスタンダード。最速でも44Wなので、120Wがどれだけ早く充電できるかがよくわかります。

vivoがゲーミングフォンを自社ブランドから発売するという噂が流れています。 先日、vivoは初の自社サブブランドであるiQOO(...

それに、PCの充電でさえ70、80W前後が主流です。(MacBookが30-87W充電)巨大な冷却ファンを搭載したゲーミングPCでようやく3桁台になります。

小型のスマートフォンで3桁台Wで充電するというのは放熱問題や、安全性の観点で難しいため、どこまで実用に近づいているのかが注目点でしょう。

XiaomiとVivoが開発しているような高出力の高速充電技術は遅くとも来年までには実際にスマートフォンに搭載される見込みです。スマホが十数分で満充電できるようになれば、利便性は大きく向上するでしょう。来年は高速充電がトレンドになるかもしれませんね。

Xiaomiはスマホをわずか17分でフル充電してしまう新たな100Wの超高速充電技術──Super Charge Turboのデモ映...

Source : mysmartprice

フォローする

Writer

Mo
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系学生。 telektlistでは珍しいiOS派。最近iPhone 11を購入してテンションが高い。 写真が趣味なのでカメラ関係の記事もバンバン書きます!

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.06.21 08:06 ID:dc440c3ca 返信

    Galaxyみたいに爆発しないといいけどね…

    • 匿名 2019.06.21 09:34 ID:7a5ad64d7 返信

      爆弾抱えてるようなもんで草

    • 匿名 2019.10.13 08:40 ID:220629b4b 返信

      GALAXYじゃなくともスマホは爆発する可能性があるということに気づけ

  2. 匿名 2019.06.21 17:19 ID:e0dd62c42 返信

    バッテリー寿命短そうだな

  3. Yura 2019.06.21 19:59 ID:cb12238af 返信

    またUSB PD無視?
    どうして中国勢はUSB PDを嫌がるの?

  4. 匿名 2019.06.21 22:40 ID:7265e1739 返信

    高速充電は規格が乱立しすぎて、もうめちゃくちゃ
    何でこうなっちゃったのかなぁ…