vivoがゲーミングスマホを発売するという噂

vivoがゲーミングフォンを自社ブランドから発売するという噂が流れています。

先日、vivoは初の自社サブブランドであるiQOO(アク)の存在を明らかにしました。発売される予定のスマホのスペックはすでに明らかになっており、その高性能さが業界を驚かせています。

iQOOの新型スマートフォンは最新のSnapdragon 855 SoCを搭載します。この時点でフラッグシップモデル並の性能であることは予想できますね。

そして現時点で最高性能のSoCを搭載することに加え、12GBのRAM・256GBのROMを積んでいます。12GBのRAMが通常のスマートフォンに必要でしょうか。フラッグシップ機種でも珍しい容量です。

このような高いスペックから、iQOOのデビュー機はゲーミングスマホではないかと噂されています。vivoは他社と比べてこのようなハイスペックな性能のモデルのラインナップは少ないため、vivoファンには嬉しいスマートフォンでしょう。

バッテリーは4000mAhと大容量になっており、ゲーミングスマホと言うに相応しい容量です。インディスプレイ指紋センサー搭載や、USB-Cでの高速充電に対応している点も魅力的です。

また、公式から公開されたプロモーション画像からも、「Monster」という英字があることや、ゲーミングを意識したデザインになっていることが確認できます。Monsterはモンスター級のスペックを意味しているのでしょう。

ライバル社であるXiaomiやASUSは既にゲーミングスマホというジャンルでもBlack Shark(Xiaomi)などの人気機種を市場に送り出しています。

vivoは上記メーカーと比べると少し出遅れた形となりましたが、ゲーミングスマホというジャンルはまだ立ち上がったばかりであり、広い販売チャネルに強みを持つvivoにチャンスはあるはずです。

Razerが社内でリストラを実施したことが先日明らかになりました。 Razerはプロジェクトの再編により、一部の進行中プロジェ...

Razer社がRazer Phone 3の開発・販売をキャンセルにしたかもしれないという噂がされている中で、仮にvivoがゲームングスマホのジャンルに参入するとなるとまた新しい展開が生まれるでしょう。vivoの今後のチャレンジに期待です。

なお、新機種とiQOОブランドの正式発表は3月1日となっています。

Source: iQOO(weibo)

フォローする

Writer

Sekey
ポップアップ式カメラで顔認証中に落下させてしまい、カメラにキズがついてしまった2019年の夏

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.02.26 11:10 ID:b36820d76 返信

    コスパ次第でしょうね〜

    • 匿名 2019.03.03 18:57 ID:567488204 返信

      6GB/128GBが2998元(約5万円)、8GB / 128GBが3298元(約5万5000円)、8GB / 256GBが3598元(約6万円)、12GB / 256GBが4298元(約7万2000円)
      コスパ良すぎ草
      勿論液冷付きで
      Antutu40万のモンスタースペックに加えて、
      これで44W充電(45分で充電完了)
      画面内指紋認証
      トリプルレンズカメラ(Sony IMX363 12MP(f/1.79)+広角13MP(120°)+2MP)
      って強すぎw