スマホはもっと高性能で高価に?TSMCが2nmノード開発を発表【今週のニュース】

今週のニュースの中から目立ったニュースをピックアップ。telektlistが選ぶ今週のニュースTOP5。2019年6月第3週は、TSMCが2023年発売を目指す次世代チップセットの話題や、モトローラやソニーの新機種情報、グーグルのタブレット撤退のニュースなどをお届け。ベンチマークランキングも最新版に更新しています。

今週のニュースの中から目立ったニュースをピックアップ。telektlistが選ぶ今週のニュースTOP5。2019年6月第2週は、Go...

TSMCが2nmプロセスの開発を開始

ファウンドリ最大手のTSMCは今週、EUVを使った2nmプロセスの研究開発に着手したと発表しました

TSMCは今年の新iPhoneに採用されるA13の製造に、はじめてEUV(極端紫外線)リソグラフィを採用しました。EUVリソグラフィは、極端紫外線と呼ばれる非常に短い波長の光を用いるリソグラフィ技術で、従来より微細な加工が可能になります。

リークされた情報によると、TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co.)はAppleのiP...

EUV露光システムが採用されたとはいえ、今年登場するAppleのA13やQualcommのSnapdragon 865、HiSiliconのKirin 985は7nm(あるいは7nm+)プロセスにとどまる予定です。とはいえ、いずれもEUVシステムの採用によりトランジスタ密度の20%程度の向上が期待されています

中国メディアによると、Huaweiは今年後半にTSMCの7nm+プロセスで製造されたKirin 985チップを発表するようです。 ...

A13やKirin 985は引き続きTSMCで生産されますが、韓国メディアTheElecが報じたところでは、Snapdragon 865の製造はSamsungが手がけることになったようです。次期ExynosやIBMのPowerも、Samsungで製造されるといわれています。

来年には、いよいよ本格的なEUV時代が幕をあけます。TSMCは今年4月に、6nmプロセスを発表しました。また、先週にはすでに5nmプロセスがリスク生産にあると発表しており、2020年の量産に向けて約250億ドルを投資するとしています。

来年登場するiPhoneには5nmプロセスのチップセットが搭載される予定です。処理性能の向上の他、バッテリー効率も改善するといわれています。

台湾の半導体ファウンドリであるTSMCが、ついに5nmプロセスを用いた半導体の生産を4月3日に開始したことを発表しました。 あ...

TSMCのロードマップでは、2021年には3nmの工場が稼働、2022年に量産が開始される見込みです。2nmチップセットの量産が開始されるのは、順調にいけば2023年になるでしょう

次にスマートフォンを買い換えるときには、いまよりさらに高密度なチップセットが採用されていることは間違いありません。しかしEUVリソグラフィがもたらす恩恵の一方で、製造コストも高騰しているといわれており、今後ハイエンド・スマートフォンの価格はさらに高価になることが予想されます。

台湾の半導体製造大手「TSMC」が2nmプロセス技術の研究開発を進めている事を正式に発表しました。TSMCはiPhoneのAシリーズ...

Motorola Oneシリーズからリーク相次ぐ

MotorolaのAndroid Oneスマートフォン、Motorola Oneシリーズから次々と情報が流出しています。Motorola社は現在2つのデバイスを開発しており、それぞれ「One Action」および「One Pro」と呼ばれています。

Motorola One Actionは先行しているMotorola One Vision同様、Samsungのミドルレンジ向けチップセットであるExynos 9609を採用するとされています。

モトローラのAndroid One搭載シリーズ「Motorola One」は、「Motorola One」や「Motorola On...
Motorolaのクアッドカメラ搭載スマホの新しいレンダリング画像がリークされました。 以前、そのスマートフォンはMototo...

新型Xperia2機種の噂

にわかには信じがたい新型Xperiaのヘキサカメラに続報が入ってきました。その他、Xperia 1の後継機種についてもお伝えしています。

先日、Sonyが6つのカメラを搭載したXperiaの開発をしているという報道がありましたが、その引き続いてその6つのカメラの構成がリークされ...
Sonyは今月、に21:9の縦長ディスプレイが特徴的なXperia 1を日本で発売しました。今回リークされたスマートフォンは、現在売...

Google、タブレットから撤退

昨年末にPixel Slateを発売したばかりのGoogleですが、はやくもタブレットから撤退することが明らかになりました。

数年前まで、世の中には決してタブレット向きとはいえないAndroidをOSに採用したタブレットが多く出回っていました。Googleはその後、Chrome OSをタブレットやラップトップ向けにリリースし、今年もASUSやAcerからChromebookタブレットが発売されていました。

ASUS Chromebook Tablet CT100PA

ところがChrome OSの知名度の低さからか、依然としてAndroidタブレットを発売するメーカーもあり、タブレット市場にChrome OSが浸透しているとは言いづらい状況が続いていました。

少なくとも日本では高価格帯はAppleのiPadかMicrosoftのSurface、低価格帯はAmazonのFireと市場は3社が牛耳っている状態で、Chromeタブレットの入り込む余地は殆どありませんでした。

Chrome OS採用のノートPCであるChromebookは新製品も多く登場しており、まだまだ市場も活発です。Googleも、今後は引き続きPixelbookの開発に注力していくことになります。

Googleがタブレット事業から撤退します。現在、GoogleはPixel SlateというChrome OSを搭載したタブレット端...

Zenfone 6の日本公式ページが登場

Zenfone 6が日本の公式ページに登場しました。いよいよ日本上陸となるのでしょうか?

弊誌記者が発売時期を予想しています。

ASUS社製スマートフォンZenfoneの最新モデルZenfone 6(ZS630KL)がASUSの公式サイトに登場しました。Zen...

番外

telektlistでは今週、Snapdragon 675の性能を解説した記事や、AntutuやGeekbenchの最新スコアランキングを更新した記事にも人気が集まりました。

Snapdragon 675はクアルコムのSnapdragonシリーズの中価格帯スマホ向けチップセット(Soc)です。2018年10...
Antutuスコアはスマートフォンの処理性能を表す1つの指標です。今回は現在出荷されているQualcomm・Mediatek・Exy...
Geekbench 4のチップセット(Soc)別スコアをQualcomm・Apple・Kirin・Exynos・Mediatekのチ...

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します