Huawei MediaPad M6 8.4

image-source:gsmarena
  • 8.4インチ
    2560 x 1600
  • 13MP
    F値/-
  • 4GBメモリ
    Kirin 980
  • 6100mAh
    Type-C 1.0
MediaPad M6 8.4はHuaweiのタブレットで、2019年7月に発売されました。8.4インチ2K,WQHDディスプレイを搭載し、厚さは7.4mm、重さは320gです。Kirin 980を搭載しており、トップクラスの処理性能を持つAndroidタブレットです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 MediaPad M6 8.4
メーカー
Huawei
発売時期 2019年7月, 発売済み , 日本で発売予定
先代モデル Huawei MediaPad M5 8
ネットワーク
3Gバンド -
4Gバンド
キャリア別対応バンド
-
ネットワーク最大速度  Cat12 600/75 Mbps
SIM  NanoSIM
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 8.4インチ, IPSディスプレイ
ディスプレイ解像度 2560 x 1600px (2K,WQHD), アスペクト比16:10
画素密度 高い画素密度(20cm離れる前にドットが識別できなくなる) , 359ppi
サイズ 206.4 x 125.2 x 7.4mm , 画面占有率: 79.2%
重さ 320g
素材 アルミニウム
本体色 シャンパンゴールド
システム
OS Android 9.0 (Pie) , EMUI
SoC Hisilicon Kirin 980
CPU Cortex-A76 & Cortex-A55 8コア, 2.6 GHz
GPU Mali-G76 MP10
ベンチマーク Antutu7: 315000,  最高レベルの性能スコア
Geekbench4.1 シングル:3400 マルチ: 10300
メモリ
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 64GB / 128GB ,  microSD最大512GBまで
カメラ
メインカメラ  13MP, F値/-
前面カメラ  8MP , F値/-
動画  最大画素数: 1080p  最大fps: 30fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0, A2DP, LE
GPS  A-GPS
ネットワーク機能   なし
センサ類
防水   非対応
イヤホンジャック   なし
バッテリー
バッテリー容量  6100mAh
ポート  Type-C 1.0
価格
現地価格 Wi-Fiモデル64GB:1999元, Wi-Fiモデル128GB:2399元, LTEモデル64GB:2399元, LTEモデル128GB:2699元
円換算価格 約31000円
AliExpress.com Product - Original Huawei Mediapad M6 8.4 inch Table Kirin 980 Octa Core Android 9.0 IPS Screen 2560x1600 6100mAh Type-C 13.0MP Camera
その他
公式サイト https://consumer.huawei.com/cn/tablets/mediapad-m6-8/
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

特徴・概要 - 打倒iPad miniなるか

MediaPad M6 8.4はMediaPad M6 10.8のサイズ違い機種です。主な違いは本体サイズと重さ、バッテリー容量です。他の内部スペックにほぼ違いはありません。

本体重量が320gと、iPad miniと同じくらい軽いで、スペックも良い勝負をしています。別売りですが、スタイラスペンやスマートキーボードをつける事で、パソコン並みの活躍が期待できるのではないでしょうか

追記:コメントにてペン入力とキーボード対応のご指摘ありがとうございます。Huawei公式ホームページ上では「※ペン・ケースなどは別途購入する必要があります」との記載があり、対応の有無については無記載でした。

しかし、他のレビュー記事ではペン・キーボードについて触れていないので「おそらく対応していない」と思われます。



MediaPad M6 8.4はサイドベゼルが薄く、MediaPad M5 Lite 8を彷彿とさせるスタイリッシュなデザインとなっています。シャンパンゴールドもiPhoneやiPadのような上品な色合いで、外で使うと気分が上がりそうです。

日本での発売について、まだ発表はありませんが、タブレットはSIMフリーモデルが大部分なのでキャリアの予約延期・販売取りやめ等の影響は受けません。先代モデル同様に日本発売も見込めるでしょう。

レビュー募集中

実機レビューをMediaPad M6 8.4をお持ちの読者から募集中です。
1000円分のAmazonギフトカードを差し上げます。
興味のある方はこちらのフォームまで。

性能・ベンチマーク

MediaPad M6 8.4は、チップセット(SoC)がKirin 980、メモリ(RAM)は 4GBです。 タブレットの場合、使用用途にもよりますが、画像編集や複数アプリを同時使用するビジネス用途だとメモリはできるだけ大容量が望ましいです。少なくとも4GBは必要でしょう。
ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、タブレットの総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア: 315000

MediaPad M6 8.4は、2019年時点ではトップクラスの性能です。普段使いで処理が詰まることはほぼ無く、最新の3Dゲームも快適に遊べるでしょう。

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbenchシングルスコア: 3400
Geekbenchマルチスコア: 10300

対応バンド

最新機種であるため、対応バンドは不明です。情報のアップデートをお待ち下さい。

価格・購入先

MediaPad M6 8.4の 4 GB/ 64 GB 最小構成 モデルの発売時の価格は日本円で約31000円です。購入時の参考にどうぞ。


格安SIMで今のスマホ月額料金を半分以下に抑えませんか?
関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. がみ 2019.06.28 06:34 ID:7f6a93c65 返信

    8.4インチはペン入力やキーボードに対応していないのでは?

  2. 匿名 2019.06.30 08:47 ID:dc6be8c8c 返信

    10インチモデルと同様に指紋ボタン残して欲しかった
    M3の後継機は未だに無い

  3. さとしん 2019.07.10 18:12 ID:456902967 返信

    M5、M5proの様なケースが付いているとうれしい

  4. 匿名 2019.07.14 02:57 ID:81b930f4b 返信

    M3の8.4を使っています。M6の8.4モデルを購入予定ですが、ございます安価なら嬉しいのですが…

  5. さとしん 2019.07.14 17:50 ID:092f3598e 返信

    MediaPad M5シリーズの発表が2018年2月で発売は5月でした。
    M6も発売は9月以降なのかな・・・。

  6. 匿名 2019.07.15 08:39 ID:f4a550f1b 返信

    スペックは申し分なさそう。
    あとは、トランプの制裁でGoogleの更新ができなったり、Gmailが使えなくなるリスクがあるだけだね。

  7. 匿名 2019.07.15 23:22 ID:9958f3999 返信

    中国で購入したのは日本語対応で使用できますか?

  8. 匿名 2019.07.20 23:40 ID:4dd3c1ab6 返信

    ワンセグ、フルセグ付きのを頼むし

    • 匿名 2019.07.30 13:38 ID:dc968853b 返信

      NHKが徴収する口実できちゃうのでやめてほしい笑

  9. 匿名 2019.08.31 18:39 ID:beb947a02 返信

    中国本土でM6 SIMフリー 64GB 版買いました。
    先週より稼働させています。
    試験用なので日本国内においては屋外で電波出しません。

    M702をずっと使い続けてたので本機種にも期待しています。
    今のところ快適に動いています。
    702と比べて性能が上がった分、イライラが減りました。
    個人的に片手でも持てる7インチサイズが気に入っていたので、8インチになり更に少し持った感じが重くなった気がします。

    iPadと異なりMicroSDカードも使えるので、内蔵のメモリ容量は小さくてもいいかな、と思いました。
    あくまで個人的な意見です。

    余談ですが、中国でもペンは販売されていなかったように思います。見落としただけかもしれませんが。

    今のところ週に1度程度の頻度でFWアップデートがあるみたいです。
    これで3万円ちょっとなら非常にコスパ高いと思います。
    中国に情報抜き取られるとかが気になる方は精神衛生上よくないと思うので御自身でご判断いただければと思います。
    端末の設定で結構細かくプライバシーやセキュリティの設定は出来るようになっています。

    顔認証システムでの認識がとても速いのですが、正しく認識してるのか不安になるくらいです。今のところ登録外の人はロック解除しない感じですが。。。

    初回立ち上げ時に日本語に設定すれば日本語のシステム環境になります。使っていれば簡体の中国語に出くわす機会も減っていきます。

    日本版を購入すればGoogle Playは導入済みと思いますが、必要な方は下記から谷歌上装器をDLすれば使えるようになります。
    これを使えば、mapもearthもmailも全て動作可能になりました。
    すべて自己責任にてお願いします。

    http://www.lzplay.net/