Realme GT Neo2T・Q3sが正式発表【Dimensity 1200-AI・SD778G搭載】

Realme GTシリーズ最新モデル、Realme GT Neo2Tと、Q3のマイナーアップグレードモデル、Realme Q3sが正式発表。GT Neo2TはDimensity 1200-AI搭載、Q3sは7段階可変の144Hzリフレッシュレート対応が特徴となっています。

【2021/09/23/22:22・詳細スペック、対応バンド等追記】 Realmeより、GTシリーズ最新モデルとなる、Real...

Realme GT Neo2T

  • Dimensity 1200-AI
  • 6.43インチ1,080p(20:9)Samsung AMOLEDフラットディスプレイ(左上パンチホール)最大輝度1,000nits
  • 120Hzリフレッシュレート・360Hzタッチサンプリングレート
  • 8/12GB(+仮想5GB)RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 4,500mAhバッテリー、65W有線充電に対応
  • 画面内指紋認証(光学式)
  • リアカメラ:64MPメイン(f/1.79 1/2)+8MP超広角(119.7° f/2.3)+?MPマクロ(f/2.4)
  • インカメラ:16MP(78° f/2.5)
  • ステレオスピーカー Hi-Res
  • イヤホンジャック
  • Wi-Fi 6
  • Bluetooth 5.1
  • NFC
  • realme UI 2.0(Android 11)
  • 158.5×73.3×8.4mm、186g
  • 充電器付属

カラーはブラックとホワイトのみで、カメラモジュールもOPPO K9 Proのように大きくなく、全体的にシンプルなデザインとなるRealme GT Neo2T。

SoCにはDimensity 1200-AIを採用し、通常のDimensity 1200と比べカメラ体験がより良いものとなっているとしているため、OnePlus Nord 2に搭載されているものと同様の模様です。

OnePlusのミドルレンジシリーズ最新モデル、OnePlus Nord 2 5Gが正式発表。SoCにDimensity 1200-...

SoC以外に関しては、ステレオスピーカーやVC液冷搭載など初代GT Neoとあまり変わりはなく、その違いは充電速度が50→65W、重さが179→186g、端末がガラス製となった程度。

Realme GTシリーズ2機種目となる、Realme GT Neoが正式発表。MediaTekのDimensity 1200初搭載...

また充電速度に関しては、初代GT Neoが65W対応となったフラッシュ版があるため、そちらと比べるとその違いは重量と素材だけとなります。

realme GT Neoの強化版であるrealme GT Neoフラッシュ版と、realme Q3 Proのマイナーチェンジ版であ...

対応バンド

  • 4G : B1/2/3/4/5/7/8/28A/34/38/39/40/41(2515-2675MHz)
  • 5G : n1/n28A/n40/n41/n77/n78/n79

約3.7万円から

カラーは墨黑(ブラック)、釉白(ホワイト)の2色のみとなり、10月20日より予約受付を開始し、11月1日より販売開始。その価格は以下の通りとなっています。

  • 8GB+128GB   2,099元(約3.7万円)
  • 8GB+256GB   2,299元(約4.1万円)
  • 12GB+256GB 2,599元(約4.6万円)

また独身の日セールでは、それぞれ200元引きとなり、順に1,899元(約3.4万円)、2,099元(約3.7万円)、2,399元(約4.3万円)に。

Realme Q3s

  • Snapdragon 778G
  • 6.6インチ1,080p LCDフラットディスプレイ(左上パンチホール)最大輝度600nits
  • 144Hzリフレッシュレート
  • 6/8GB(+仮想5GB)RAM + 128/256GB ROM
  • 5,000mAhバッテリー、30W有線充電に対応(25分で50%充電が可能)
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:48MPメイン(f/1.8)+2MPモノクロ(f/2.4)+2MPマクロ(f/2.4)、最大4K30FPS動画撮影対応
  • インカメラ:16MP(79.3° f/2.1)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • イヤホンジャック
  • Wi-Fi 6
  • Bluetooth 5.2
  • realme UI 2.0(Android 11)
  • 164.4×75.8×8.5mm、199g
  • 充電器付属(30W)

こちらは今年4月に発表されたRealme Q3のマイナーアップグレードモデルとなり、その主な違いとしてはSoCがSnapdragon 750G→778G、ディスプレイが6.5→6.6インチ、リフレッシュレートが120→144Hzに

Realme Q3シリーズが正式発表されました。まずは中国市場向け発表となりましたがかなりの高コスパモデルに仕上がっています。 ...

その他には、カメラが48+8+2MP→48+2+2MPとなり、バッテリー容量はそのままで0.3mm薄くなり、10g増量といったところ。

またリフレッシュレートは30/48/50/60/90/120/144Hzの7段階可変と、LCDとしては中々のものに。

MOBAゲーで一部のSnapdragon 888搭載機よりも安定したFPSをアピール

主に最近のiQOO機で見られる、ゲーム内の描画対象によって解像度が可変となるVRS技術にも対応となっています。

Vivoのゲーミングブランド、iQOOより、ミドルレンジ最新モデル、iQOO Z5が正式発表。Snapdragon 778GをSoC...

対応バンド

  • 4G : B1/3/4/5/7/8/19/28/34/38/39/40/41(2515-2675MHZ)
  • 5G NSA : n77/n78/n41
  • 5G SA : n1/n28/n41/n78

約2.8万円から

カラーは星云色(グラデーションホワイト)、夜空蓝(ブルー)の2色のみとなり、10月20日より予約受付を開始し、11月1日より販売開始。その価格は以下の通りです。

  • 6GB+128GB 1,599元(約2.8万円)
  • 8GB+128GB 1,799元(約3.2万円)
  • 8GB+256GB 1,999元(約3.6万円)

また独身の日セールでは、6GB+128GBモデルと8GB+128GBモデルがそれぞれ100、200元引きとなり、順に1,499元(約2.7万円)、1,599元(約2.8万円)に。

Realme Watch T1等アクセサリー類

Realmeのスマートウォッチ最新モデルとなる、Realme Watch T1も同時発表。

1.3インチAMOLEDディスプレイ(325ppi)、50Hzリフレッシュレート、心拍数、SpO2センサー、5ATM防水、110種類のワークアウトモード、Bluetoothでの通話、音楽再生対応、最大1週間のバッテリー持ち、NFC搭載が特徴となっており、通常価格は699元(約1.2万円)、初回限定価格で活力黑(ブラック)のみ599元(約1.1万円)となっています。

またRealme GT Neo2から始まり、上記のRealme Watch T1にも採用されているカラー、黑薄荷のショルダーバッグも発表となり、価格は249元(約4,400円)。

realme UI 3.0

Realmeのカスタムスキン、realme UIの最新バージョンとなるrealme UI 3.0も正式発表。

カスタムOS解説シリーズの第三弾は、2020年になって新しく登場したrealme UIです。 realmeスマートフォン専用に...

Android 12をベースとし、アイコンは、天気アプリの雲が半透明となるなどより立体的なデザインに

Googleは(従前予想通り)10月4日にAndroid 12をAndroid Open Source Project(AOSP)上...

設定画面では、それぞれの項目のアイコンがパッと見て分かりやすいものに。

アクセントカラーは、自由に色を選べるようになっています。

Always On Display(AOD)では、OnePlus機に見らえたポートレート写真を上画像のようにAOD向けのものとする機能も実装。

RealmeのマスコットであるrealmeowのAODも用意されているようです。

マーケティングの一つとして制作されることが多く、中華系メーカーを中心に目立つマスコットキャラクター(以下マスコット)。vivoやOP...

またOPPOのColorOS 12で実装された、OMOJI(オモジ)もrealme UI 3.0で実装となる模様。

OPPOが、中国で開催した秋季新製品発表会にて、OPPO Find X3 Pro Photographer EditionやColo...

その他には、AIによるパフォーマンス向上や、フリーフォームモード、PCとの連携機能の実装など。

セキュリティ面では、マイクやカメラ、位置情報などにアクセスしたアプリの記録、写真や動画の共有時に紐づけられている個人情報の削除、アバウトな位置情報の提供機能などが実装されています。

配信時期に関しては、Realme GTGT NeoGT Master、GT Neo2シリーズを対象とし、アーリーアダプタープランは10月より開始となるとのこと。

【更新:2021/08/19/01:03】 ヨーロッパにおいても各モデルが発表。Explorer Master Edition...
Realme 8シリーズ最新モデル、Realme 8s 5G及び8i、そしてRealme初のタブレットとなるRealme Padがイ...

Source:発表会生放送, Realme(1), (2), Weibo

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.10.19 18:55 ID:061d5aa49 返信

    motorola edge20の記事はよ

    • 匿名 2021.10.19 19:10 ID:dab99863c 返信

      g100の在庫を情弱に売りつけ終わったらなw

      • 匿名 2021.10.20 10:35 ID:24cc22b03 返信

        何が草なのかわからんしmoto g100情弱買わないと思う。

  2. 匿名 2021.10.20 17:03 ID:24cc22b03 返信

    OPPOと同じ蓮コラカメラになるのやめちくり~