iQOO Z5正式発表【SD778G・5,000mAhバッテリー搭載で約3.2万円~】

Vivoのゲーミングブランド、iQOOより、ミドルレンジ最新モデル、iQOO Z5が正式発表。Snapdragon 778GをSoCに採用し、5,000mAhの大容量バッテリーを搭載している点が特徴となっています。

Vivoのゲーミングブランド、iQOOより最新フラッグシップモデル、iQOO 8及び8 Proが中国にて正式発表。 前者はSn...

基本スペック

  • Snapdragon 778G
  • 6.67インチ1,080p(20:9)LCDディスプレイ(中央パンチホール)最大輝度650nit
  • 120Hzリフレッシュレート・120/240Hzタッチサンプリングレート(通常/一部ゲーム時)
  • 8/12GB(+仮想最大4GB)LPDDR5(6,400Mbps)RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 5,000mAhバッテリー、44W有線充電に対応(26分で50%充電が可能)
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:64MPメイン(f/1.79)+8MP超広角(f/2.2)+2MPマクロ(f/2.4)、最大4K動画撮影対応
  • インカメラ:16MP(f/2.45)
  • ステレオスピーカー
  • イヤホンジャック Hi-Res Audio、Hi-Res Audio Wireless
  • Bluetooth 5.2
  • Wi-Fi 6
  • OriginOS 1.0 for iQOO(Android 11)
  • 164.70×76.68×8.49/8.53mm、193/195g(その他/グラデーション水色)
  • 充電器付属

前モデルとなるiQOO Z3と比べると、SoCがSD768G→778G、RAMストレージ規格がそれぞれLPDDR4X→5、UFS 2.2→3.1、バッテリー容量が4,500mAh→5,000mAhとなるなど、順当なアップグレードモデルとなるiQOO Z5。

Vivoのゲーミングブランド、iQOOより、Zシリーズ最新モデルであるiQOO Z3が登場。Snapdragon 768Gや55W急...

一方で、充電速度は55W→44Wにダウンし、バッテリー容量増加のせいか重量が185.5g→193/195gに。しかし厚さは8.50mm→8.49/8.53mmと然程変わっていません。

最近のiQOO機で見られる、ゲーム内の描画対象によって解像度が可変となるVRS技術も搭載(現状中国産のゲーム3種のみ対応)。

冷却性能においては、VC液冷を搭載し、CPUのコア温度を最大12℃低下させることが可能としています。総冷却面積は28,837㎟とのこと。

カメラにおいては、6,400万画素メイン、800万画素超広角、200万画素マクロと、近年のミドルレンジで定番の組み合わせに。

ソフトウェア面では、リアインカメラでの同時撮影や、動画撮影において対象の人物の色以外はモノクロとなる機能などが用意。

またゲーミングスマホということもあり、ゲーム時にCPUやGPU等様々な設定を変更できるタブがあるゲーミングモードなども実装されています。

vivo iQOO Z1は2020年6月に発売されたスマートフォンで、6.57インチディスプレイやMediatek Dimensit...

対応バンド

  • 4G : B1/3/5/8/28A/34/38/39/40/41
  • 5G : n1/n5/n8/n28/n41/n77/n78

約3.2万円から

カラーは薄暮晨曦(グラデーションホワイト)、蓝色起源(グラデーション紺)、造梦空间(グラデーション水色)の3色展開。予約受付は既に開始となっており、9月28日より販売開始。その価格は以下の通りとなっています。

  • 8GB+128GB   1,899元(約3.2万円)
  • 8GB+256GB   2,099元(約3.6万円)
  • 12GB+256GB 2,299元(約3.9万円)

8GB+128GBモデルに関しては、初回限定価格は100元引きの1,799元(約3.1万円)となっています。

iQOO Neo5 Vitality(活力)版が中国で正式発表されました。価格はベースモデルが2,299人民元 (約3.9万円)とな...
Vivoのゲーミングブランド「iQOO」の最新廉価モデル、iQOO Neo5が正式発表。Snapdragon 870を搭載し、個別に...

Source:発表会生放送, Vivo

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.09.23 17:27 ID:b0ade9c41 返信

    Z1の頃は高コスパなんて言われてたけどなんか普通の価格だな

    • 匿名 2021.09.23 21:10 ID:b0ade9c41 返信

      Dimensity1000+搭載の日本でも使えそうな端末がZ1しかなかったから尚更際立ってたよね
      最近の低価格帯はpocoとかrealmeが頑張ってる気がす

  2. 匿名 2021.09.23 17:40 ID:fac8fc65c 返信

    ミドルでもLPDDR5とUFS3.1に対応
    これで855の2年前のハイエンドを完全に越した

  3. 匿名 2021.09.23 17:50 ID:fac8fc65c 返信

    今となっては全く驚きも興味も湧かない。

  4. 匿名 2021.09.23 18:22 ID:fac8fc65c 返信

    またDimensity載せて驚きの価格で出して欲しい

  5. 匿名 2021.09.23 19:10 ID:fac8fc65c 返信

    おまえらPoco F3って言うの禁止な
    イクー!が可哀想すぎる

  6. 匿名 2021.09.23 22:14 ID:fac8fc65c 返信

    中華だから普通