Realme 8s 5G / 8i・Realme Padが正式発表【約2.7/2.1・2.1万円~】

Realme 8シリーズ最新モデル、Realme 8s 5G及び8i、そしてRealme初のタブレットとなるRealme Padがインドにて正式発表。SoCにそれぞれDimensity 810 5G、Helio G96、G80を採用し、どれも価格は約2万円台からのミドルレンジモデルとなっています。

realme GT Neoの後継モデル、realme GT Neo2のものと見られるレンダリング画像が公開されています。合わせて予想...

Realme 8s 5G

  • Dimensity 810 5G
  • 6.5インチ1,080p(20:9)ディスプレイ 最大輝度600nits
  • 90Hzリフレッシュレート・180Hzタッチサンプリングレート
  • 6/8GB(+仮想最大5/7GB)LPDDR4X RAM + 128GB UFS2.1 ROM
  • 5,000mAhバッテリー、33W有線充電に対応
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:64MPメイン(f/1.8)+モノクロ(f/2.4)+マクロ(f/2.4)、最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • インカメラ:16MP(f/2.1)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • イヤホンジャック
  • microSDカード対応(SIMスロットは別、最大1TB)
  • realme UI 2.0(Android 11)
  • 162.5×74.8×8.8mm、191g
  • 充電器付属(33W)

SoCに先月発表されたDimensity 810を初採用。6nmプロセス製造となり、そのAntutuスコアは約39万点であるとのこと。

MediaTekが新SoC、Dimensity 920とDimensity 810を正式発表しました。どちらもミッドレンジ向けで、6...

その他の特徴としては、5,000mAhの大容量バッテリーや5種類の夜景用フィルターなど。33W急速充電対応や64MPカメラ、90Hzリフレッシュレート等、近年のザ・ミドルレンジといったスペックと言えるでしょう。

対応バンド

  • 4G : B1/2/3/5/7/8/28A/34/38/39/40/41(2515-2675MHz)
  • 5G NSA : n41(2515-2675MHz)/n77/n78
  • 5G SA : n1/n28/n41(2515-2675MHz)/n78

約2.7万円から

カラーはUniverse Blue(ブルー)、Universe Purple(パープル)の2色のみとなり、9月13日より販売開始。その価格は以下の通りとなっています。

  • 6GB+128GB ₹17,999(約2.7万円)
  • 8GB+128GB ₹19,999(約3万円)

Realme 8i

  • Helio G96
  • 6.6インチ1,080p(20:9)ディスプレイ 最大輝度600nits
  • 120Hzリフレッシュレート・180Hzタッチサンプリングレート
  • 4/6GB(+仮想最大/5GB)LPDDR4X RAM + 64/128GB UFS2.1 ROM
  • 5,000mAhバッテリー、18W有線充電に対応
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:50MPメイン(f/1.8)+モノクロ(f/2.4)+マクロ(f/2.4)
  • インカメラ:16MP(f/2.05)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • イヤホンジャック
  • microSDカード対応(SIMスロットは別)
  • realme UI 2.0(Android 11)
  • 164.1×75.5×8.5mm、194g
  • 充電器付属(18W)

こちらはSoCに、今年7月発表のHelio G96を採用。12nmプロセス製造となり、Antutuスコアは約35万点であるとのこと。

MediatekがHelio G88とHelio G96を正式発表しました。Helio G88はG85のアップグレード版で、Heli...

また当SoCはRealmeとMediaTekによって共同開発されたものとし、G9Xシリーズで唯一120Hzリフレッシュレートに対応し、最低輝度1nitに対応

更にリフレッシュレートは、用途に合わせて30/48/50/60/90/120の6段階の可変となっています。

バッテリーに関しては、5,000mAhとこちらも大容量ですが、充電速度は18Wと、8s 5Gと比べると遅いものに。

対応バンド

  • 4G : B1/3/5/8/38/40/41

約2.1万円から

カラーはSpace Black(ブラック)、Space Purple(パープル)の2色のみとなり、9月14日より販売開始。その価格は以下の通りです。

  • 4GB+64GB   ₹13,999(約2.1万円)
  • 6GB+128GB ₹15,999(約2.4万円)

Realme Pad

  • Helio G80
  • 10.4インチWUXGA+(2,000×1,200)ディスプレイ
  • 3/4GB RAM + 32/64GB ROM
  • 7,100mAhバッテリー、18W有線、リバース充電に対応
  • リアカメラ:8MP
  • インカメラ:8MP(105°)
  • クアッドステレオスピーカー Dolby Atmos、Hi-Res Audio
  • microSDカード対応(最大1TB)
  • realme UI for Pad(Android 11)
  • 6.9mm、440g

SoCには12nmプロセス製造のHelio G80を採用し、その薄型軽量が特徴となるRealme Pad。

その値段もあってか子供用としても考えられており、子供向け専用モードとなるGoogle Kids Spaceに対応。

そのUIに関しては、マルチウィンドウに対応するなど、タブレット用にカスタマイズされたrealme UI for Padとなっています。

また、今回のRealme Padにより、Realmeのエコシステム「1+5+T」の5(スマートウォッチ、TV、タブレット、ノートパソコン、TWS)が出揃う形に。

エコシステム内での連携も重視されており、ウェアラブル端末でのロック解除や、スマートTVへの画面ミラーリングなどが可能となっています。

更に、そのエコシステムを繋ぐアプリ「realme Link」は今回でバージョン2.0となり、天気やユーザーの行動、センサー利用などによる自動操作の設定が可能に。他には、ワークアウトや睡眠状態、心拍数にSpO2などの画面が集約され分かりやすい場所へ移動、家の状態が一目で分かる画面の追加など。

約2.1万円から

カラーはReal Grey(グレー)、Real Gold(ゴールド)の2色のみとなり、9月16日より販売開始。その価格は以下の通りとなっています。

Wi-Fi版(後日発売)

  • 3GB+32GB ₹13,999(約2.1万円)

LTE+Wi-Fi版

  • 3GB+32GB ₹15,999(約2.4万円)
  • 4GB+64GB ₹17,999(約2.7万円)

アクセサリー類

Realme Cobble Bluetooth Speaker

丸い形のBluetoothスピーカーとなるRealme Cobble Bluetooth Speakerも同時発表。5Wダイナミックベースブーストドライバーやベースラディエーター、2機によるステレオペアリング、88msの低遅延、9時間のバッテリー持ち、IPX5防水対応などが特徴となっています。

9月15日販売開始となり、通常価格は₹1,799(約2,700円)、初回販売価格が₹1,499(約2,200円)となっています。

Realme Pocket Bluetooth Speaker

名前の通りポケットサイズとなるこちらは、3Wダイナミックベースブーストドライバーやベースラディエーター、6時間のバッテリー持ち(600mAh)にIPX5防水対応が特徴のBluetoothスピーカーとなっています。

9月15日販売開始となり、通常価格は₹1,099(約1,600円)、初回販売価格が₹999(約1,500円)となっています。

Realme Buds Air 2新色

3月のRealme GT Neoと同時発表されたRealme Buds Air 2に新色Closer Gold(ゴールド)が登場。

Realme GTシリーズ2機種目となる、Realme GT Neoが正式発表。MediaTekのDimensity 1200初搭載...

こちらは9月14日より販売開始となり、価格は₹3,299(約4,900円)となっています。

【更新:2021/08/19/01:03】 ヨーロッパにおいても各モデルが発表。Explorer Master Edition...
realmeによる中国およびグローバル向けに展開がされ、スペックの高さに意識があるユーザーから人気であるrealme Xシリーズ。そ...

Source:発表会生放送, Realme(1), (2), (3)

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.09.09 18:47 ID:6a59a8122 返信

    padは流石に安いな
    サブスク動画と電子書籍再生機としては有りか
    Amazon fireタブでいい気がしなくもないけど

    • 匿名 2021.09.09 20:40 ID:46d3bd04f 返信

      いや、widevineをrealmeに期待できるか?
      ってなったらFireHDの方がええやろうね

    • 匿名 2021.09.09 21:49 ID:46d3bd04f 返信

      Fire HD10はセール時1万円以下だし倍額にしては微妙に感じる

  2. 匿名 2021.09.09 19:12 ID:6a59a8122 返信

    LenovoとかXiaomiとか中華勢が最近泥タブ出しまくってるのなんで?

    • 匿名 2021.09.09 19:31 ID:46d3bd04f 返信

      huaweiが死んだからチャンス lenovoは前から出しとるが

      • 匿名 2021.09.09 21:30 ID:6a59a8122 返信

        いやちゃうで
        タブレット需要がコロナで増してるだけや
        iPadは生産が追いつかなくてその分の穴埋めを狙うのがずっと続いてるだけ

        • 匿名 2021.09.09 22:12 ID:46d3bd04f 返信

          全体のパイもコロナで増えてる
          その中でiPadはシェア落としてないのだから全く生産が追いついてないわけではない
          2021年直近はhuaweiだけ順調にシェア落としてる 
          だからこう書いている

          • 匿名 2021.09.10 00:15 ID:7d57e35c4

            微減とはいえAppleは世界シェアでも落ちてるけどね
            telektlist.com/world-table-market-share-2020/

            日本に限れば去年一時期Huaweiに抜かれてた月あったし、まあAppleが落ちた!!って言いたくなるのも分からなくはない。
            このサイトでも騒がれてたし。

  3. 匿名 2021.09.09 19:38 ID:46d3bd04f 返信

    Lenovo Tab P12 Proも良さそう
    ttps://androplus.org/entry/lenovo-tab-p12-pro-global/

  4. 匿名 2021.09.09 19:46 ID:6a59a8122 返信

    8インチはどこや???

  5. 匿名 2021.09.09 20:05 ID:46d3bd04f 返信

    Realme PadみたいなG80とかG95とかその辺のタブレットをUMIDIGIが出したら良かったと思うんだけどなぁ…

    • 匿名 2021.09.09 21:34 ID:46d3bd04f 返信

      もうちょっとで発表されるUMIDIGI A11 Tabはhelio p22らしい。なんでだろ?

  6. 匿名 2021.09.09 20:13 ID:6a59a8122 返信

    いらねぇw

  7. 匿名 2021.09.09 20:15 ID:46d3bd04f 返信

    matepadの劣化だろw

  8. 匿名 2021.09.09 20:28 ID:46d3bd04f 返信

    発表時期が悪すぎたな

  9. 匿名 2021.09.09 21:03 ID:46d3bd04f 返信

    Xiaomiタブほどのインパクトはないなあ

  10. 匿名 2021.09.09 22:30 ID:6a59a8122 返信

    ビミョー

  11. 匿名 2021.09.10 02:25 ID:7d57e35c4 返信

    tabの方にもDimensity載せたバージョンがあればなー

  12. 匿名 2021.09.11 23:14 ID:2eb1b1b60 返信

    iPad Airより軽いしGoogle Playとwidevine次第かな~
    Realmeのスピーカーは毎回GSMArenaとかでボロクソ言われるから4スピーカーと言われても身構えてしまう