Xiaomi Mi Mix 3

image-source:gsmarena
  日本では未発売
6.39インチ
1080 x 2340
12 + 12MP
F値/1.8
10GBメモリ
Snapdragon 845
3200mAh
Type-C 1.0
Mi Mix 3はXiaomiのスマートフォンで、2018年11月に 発売予定です。なお、日本では未発売です。6.39インチフルHD+ディスプレイを搭載し、厚さは8.5mm、重さは218gです。 Snapdragon 845を搭載しています。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 Mi Mix 3
メーカー
Xiaomi
発売時期 2018年11月, 今月発売 , 日本では未発売
ネットワーク
3Gバンド

HSDPA 800 / 850 / 900 / 1700(AWS) / 1800 / 1900 / 2100

4Gバンド

LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 29(700), 30(2300), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100) - グローバル版
LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 17(700), 20(800), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500) - 中国版

ドコモ, ドコモ系mvno 4G band19 対応 , FOMAプラスエリア3G 対応
au, UQモバイル auプラチナバンド 対応 , au 3G(CDMA2000) 対応
ソフトバンク, Yモバイル プラチナバンド 完全対応
速度  来年に5G対応版発売
SIM  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 6.39インチ, 有機ELディスプレイ,  画面占有率: 93.4%
ディスプレイ解像度 1080 x 2340(フルHD+), アスペクト比19.5:9, 403ppi
ディスプレイ機能 Corning Gorilla Glass, HDR
サイズ 157.9 x 74.7 x 8.5mm
重さ 218g
システム
OS Android 9.0 (Pie) , MIUI 10
Soc Qualcomm Snapdragon 845
CPU Kryo 385 Gold x4 & Kryo 385 Silver x4 8コア, 2.8 GHz
GPU Adreno 630
ベンチマーク Antutu: -
Geekbenchシングル:- Geekbenchマルチ: -
メモリ
メモリ(RAM) 6GB / 8GB / 10GB
ストレージ 128GB / 256GB / 512GB,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ  12 + 12MP, F値/1.8 , デュアルカメラ, OIS(光学手ぶれ補正), デュアルピクセルPDAF
メインカメラ特徴 可動式手動スライドカメラ, CMOS: IMX398, センサーサイズ: 1/2.55インチ, ピクセルサイズ: 1.4µm
前面カメラ  24 + 2MP, F値/CMOS: IMX576, センサーサイズ: 1/2.8インチ, ピクセルサイズ: 0.9µm, 前面デュアルカメラ
動画  最大画素数: 2160p  最大fps: 960fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0
GPS   GPS, GLONASS, BDS
ネットワーク機能   NFC
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
防水   非対応
イヤホンジャック   なし
その他特徴 Quick Charge 4.0+, Qiワイヤレス充電
バッテリー
バッテリー容量  3200mAh
ポート  Type-C 1.0
その他
本体色 ブルー, グリーン, ブラック
現地価格 6+128GB: 3299元, 8+128GB: 3599元, 8+256GB: 3999元, 10+512GB(故宮特別版): 4999元
円換算価格 約54000円
公式サイト http://www.mi.com/mix3/
通販サイトで見る
Xiaomi Mi MIX 3 6GB 128GB Snapdragon 845 Octa Core Mobile Phone 3200mAh 6.39''
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

特徴・概要 - 手動スライド式カメラ

Mi Mix 3はMi Mix 2sの後継機にあたるXiaomiの全画面ディスプレイスマートフォン。この端末の最大の特徴はOppo Find Xのようなスライド式の前面カメラを内蔵している点です。電動でポップアップするOppo Find Xとは違ってカメラを使用する際は手動でスライドする方式となっています。案外手動の方が使いやすいのではないかとも思いますが、未来感は薄れます。

デュアルカメラ自体は有名な画質のベンチマークサイトであるDxO MarkでGalaxy Note 9と同じ103を獲得しています。非常に高い水準です。

なお、5G対応バージョンが来年発売されるとアナウンスされています。



指紋センサーはXperiaのように側面に配置されているようです。前面カメラがスライド式である都合上顔認証ロックには対応していません。

価格は日本円で約5.4万円から。10GBメモリ搭載の最上位モデルは約8.1万円です。Mi Mixとしては以前と変わらない値付けですが、ライバルのOppo Find Xよりも大幅に安いです。

日本では発売されないとは思いますが、グローバル版は各キャリアの全4G/LTEバンドに対応しているため、海外通販サイト経由で購入すれば難なく使えそうです。

性能・ベンチマーク

Mi Mix 3は、チップセット(Soc)がSnapdragon 845、メモリ(RAM)は 6GB / 8GB / 10GBです。一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。

ベンチマークスコアは明らかになっていないようです。アップデートをお待ちください。もし、端末をお持ちの場合はお問い合わせから情報提供していただけると助かります。

対応バンド

ドコモ, IIJ,mineoDプラン等MVNO

LTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3に対応、 さらに、地下や郊外を担当するプラチナバンド(バンド19)にも対応しており、ドコモ回線での4G/LTEの使用は全く問題ないでしょう。

3Gはメインバンドのバンド1 、山間部や郊外をカバーするFOMAプラスエリア3G(バンド6,19)に対応しており、3Gの必須のバンドは全て対応しているのでドコモ系のSIMで安心して利用できます。

ソフトバンク, ワイモバイル

LTEは全国区をカバーするバンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応。 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3Gはメインバンドの1 、プラチナバンドの8に対応しており、3G回線の必須バンドに全て対応しているので安心して利用できます。

au, UQmobile

LTEは主力となるプラチナバンド26,18のいずれかに対応して おり、補助バンドの1にも対応、 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3G回線はCDMA2000に対応しているので、おそらく利用できるでしょう。

注意: au、au系mvnoは通信規格がやや特殊で、日本未発売の端末はバンドが対応していても繋がらない場合が多々あります。購入時は動作報告が既になされているかどうか確認することを強く推奨します。

価格

Mi Mix 3の 6GB/ 128GB 最小構成モデルの価格(発売時)は日本円で約54000円です。購入時の参考にどうぞ。

現在、通販サイトでの購入が可能です。
Aliexpress: Xiaomi Mi MIX 3 6GB 128GB Snapdragon 845 Octa Core Mobile Phone 3200mAh 6.39''

関連記事

『Xiaomi Mi Mix 3』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/10/23(火) 00:55:30 ID:b0c865f65 返信

    やっぱり845なのか…
    855だったら買おうと思ってたんだけどね〜

    • 名前:匿名 投稿日:2018/10/25(木) 16:34:16 ID:5faa470bd 返信

      残念845だ

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/10/25(木) 17:03:09 ID:6fb998720 返信

    有機ELじゃないのか。

  3. 名前:匿名 投稿日:2018/10/25(木) 18:13:50 ID:1325152df 返信

    AMOLEDでしたね、指紋センサーは背面でしたけど。
    10GB(故宮モデル)の価格は日本円で約80000円とコスパは良いですね。

  4. 名前:匿名 投稿日:2018/10/25(木) 18:45:24 ID:5faa470bd 返信

    日本未発売ってdocomoとの特許許諾契約って何だったんだ??

  5. 名前:匿名 投稿日:2018/10/25(木) 19:50:34 ID:0870f2804 返信

    有機EL6.39インチ、バッテリは3,200mAh、本体サイズは74.69×157.89×8.46mm(幅×奥行き×高さ)、重量は218g

  6. 名前:匿名 投稿日:2018/10/26(金) 00:36:02 ID:485ed59cd 返信

    ほぼ期待通り。指紋認証を画面内蔵にして欲しいとか、もうちょっと軽かったらなとか思うとこもあるけど、6万円前後から買えるコスパを知ったら些細なことに思える。
    10月31日にHuaweiのHonor Magic2が正式発表を控えてるけど、iPhone Xs Maxより少し安いくらいの価格設定になりそうだし、7nmプロセスのKirin980載ってるとはいえMix3の倍は俺なら躊躇しちゃう。

    • 名前:匿名 投稿日:2018/11/03(土) 21:50:06 ID:aeba6f622 返信

      Honorがそんなに高く価格設定しないやろ
      6GB+128GBが3799元でやっぱりコスパに優れたし

  7. 名前:匿名 投稿日:2018/10/26(金) 10:28:04 ID:06dfa440d 返信

    2です。有機ELだったんですねw

    Xiaomiのコスパはありえない。
    今度からiPhone買えないじゃん。

  8. 名前:SX-J 投稿日:2018/10/26(金) 19:30:03 ID:36f40fa0f 返信

    IDとか使えるのかな?
    指紋認証が画面内フロントでIDやquickpay が使えたら即買いなんだけどなぁ…
    ちょっとガッカリ…

    • 名前:匿名 投稿日:2018/10/27(土) 00:19:26 ID:0fd51ad6c 返信

      あとSD855でディスプレイ内蔵スピーカーとかもあったら完璧だったと思う…これは欲張りすぎかw

  9. 名前:ぶげるば 投稿日:2018/10/27(土) 01:05:46 ID:0fd51ad6c 返信

    2sの時にあったデュアルアプリやセカンドスペースとかの激ヤバ機能は使えるのかな?
    オーディオフォーマットもまた全部対応してくれているのであれば良いよね〜

  10. 名前:匿名 投稿日:2018/11/11(日) 22:18:05 ID:091d84e6d 返信

    このシリーズバッテリーがホントショボイな
    少なくとも現状MIUIの省電力はヘタクソ感あるからバッテリー容量増やすことで誤魔化して欲しいんだが
    画面オフ時iPhoneと同じ挙動で0.1%/hくらいになってくれることを祈る
    少なくとも2Sは通信全部切らないと起きた時に数%減ってるからな~