Redmi 10 Primeが正式発表【Redmi 10よりバッテリーが1,000mAh増量で約1.9万円~】

インドにて、エントリーモデルのRedmi 10 Primeが正式発表。SoCなど基本スペックは先日グローバル発表されたRedmi 10とあまり変わりありませんが、バッテリーが1,000mAh増の6,000mAhとなっている点が特徴です。

先日公式リークでほぼすべてのスペックがあきらかになRedmi 10が正式発表されました。マレーシアでまず発売され、発売時価格はMYR...

基本スペック

  • Helio G88
  • 6.5インチFHD+(1,080p)LCDフラットディスプレイ(中央パンチホール)Gorilla Glass 3
  • 90Hzリフレッシュレート
  • 4/6GB(+仮想最大2GB)LPDDR4X RAM + 64/128GB ROM
  • 6,000mAhバッテリー、18W有線、9Wリバース充電に対応
  • 画面内指紋認証
  • リアカメラ:50MPメイン(f/1.8)+8MP超広角(f/2.0 120°)+2MPマクロ+2MP深度、最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • インカメラ:8MP(f/2.0)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • ステレオスピーカー
  • イヤホンジャック
  • IRブラスター
  • microSDカード対応(SIMスロットとは別、最大512GB)
  • MIUI 12.5(Android 11)
  • 161.95×75.57×9.56mm、192g
  • 充電器付属(22.5W)

SoCはRedmi 10から変わらず、MediaTekのHelio G88を採用。Antutuスコアは、公式曰く約28.3万点とのこと。

一方、バッテリーは1,000mAh増の6,000mAhと大容量に。もちろん、その分厚さは8.92→9.56mm、重さは181→192gと増加しています。

ただ、5,000mAhバッテリー搭載で198gであった前モデルのRedmi 9 Primeと比べると、バッテリーが増加し軽くなっているため、前モデルから改善されているのは確かです。

Redmi 9シリーズの最新作となるRedmi 9 Primeがインド国内向けに正式発表されました。ヨーロッパや中国で発売されている...

対応バンド

  • 4G : B1/3/5/8/40/41

約1.9万円から

カラーはPhantom Black(ブラック)、Bifrost Blue(グラデーションブルー)、Astral White(ホワイト)の3色展開となり、9月7日より販売開始。その価格は以下の通りとなっています。

  • 4GB+64GB   ₹12,499(約1.9万円)
  • 6GB+128GB ₹14,499(約2.2万円)
Redmi Note 10がインドネシアで(無期限に)販売停止となりました。Xiaomiインドネシアは、Redmi Note 10 ...
AlieExpressでRedmi 10のワールドプレミアセールが開始されました。販売価格は4GB+64GBモデルが179ド...

Source:Xiaomi(1), (2)

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.09.04 08:01 ID:15cd4b573 返信

    自称だけどバッテリー6000mAhで200g切ってきてるんだ

  2. 匿名 2021.09.04 08:07 ID:f9aadba1b 返信

    えっこれかなり安いな

  3. 匿名 2021.09.04 12:21 ID:f9aadba1b 返信

    まあインド向けスマホはインド以外には流通しないんですけどね、初見さん

  4. 匿名 2021.09.05 08:12 ID:0df262a5d 返信

    Primeが無印でいいんじゃねえのこれ?

  5. 匿名 2021.09.06 09:20 ID:c726dba0a 返信

    日本来ませんかねこれ