Redmi 9 Primeが正式発表【Redmi 9のインド版で約1.4万円~】

Redmi 9シリーズの最新作となるRedmi 9 Primeがインド国内向けに正式発表されました。ヨーロッパや中国で発売されているRedmi 9とほぼスペック的にはほぼ同じで、カラーバリエーションが豊富となっています。

Redmi 9 Primeのスペック概要

Redmi 9 Primeは6.53インチのFHD+(1080 x 2340)IPS LCDディスプレイを搭載します。Xiaomiが一番こだわり、そしてセールスポイントとしているのがこのFHD+解像度でゴリラガラス3を使用したディスプレイです。

チップセットはMediaTek製のHelio G80を搭載、内蔵メモリが4GB・6GB、内蔵ストレージは64GB・128GBの二種類のチョイスとなっています。

OSはAndroid 10ベースとなる最新のMIUI 11を搭載しており、MIUI 10からパワーアップした新型OSをいち早く体験することが可能です。

バッテリー容量は5,020mAhと大容量に、USB Type-Cを充電端子として搭載するだけでなく18Wの高速充電にも対応しています(付属の充電器は10W)。

カメラはクアッドカメラを搭載しており、12MPのメインセンサー、8MPの超広角レンズ、2MPの深度センサー、5MPのマクロレンズで構成されています。セルフィーカメラは8MPとなっており、ポートレート撮影にも対応しています。

価格・発売日・カラー

Redmi 9 Primeは二種類のラインナップが展開されています。4GB・128GBモデルが9,999ルピー(約14,000円)、6GB・128GBモデルは11,999ルピー(約17,000円)という価格設定になっています。

なお、スペック的にほぼ同じのRedmi 9の中国販売価格は以下の通りで、4GB・128GBバージョンだとほぼ同じです。なお、ヨーロッパ価格よりは30%程度低く設定されています。

  • 3GB・32GBバージョン:799元(約1.2万円)
  • 4GB・128GBバージョン:999元(約1.5万円)
  • 6GB・128GBバージョン:1199元(約1.8万円)

カラーバリエーションはブルー、ミントグリーン、レッド、マットブラックの四色となっており、低価格機種でありながらも豊富なチョイスが嬉しいポイントです。

8月6日からインド国内で先行発売が開始されます。

Xiaomiは本日、ヨーロッパなどの国際市場向けの新スマホ「Redmi 9」「Redmi 9A」「Redmi 9C」を発表。中国向け...
業界の中でも特にスクリーンの大型化に進んでいるXiaomiですが、Redmiブランドから新たに小型スクリーンを搭載した機種の発売を検...

Source: Mi.com

フォローする

Writer

Sekey
コロナでさびしいのでTwitterでたまにつぶやくことにしました。 Twitter @STelektlist

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します