ノッチよさらば、パンチホール式スマホとは?【リーク情報まとめ】

2018年は、スマートフォン各社が画面占有率の向上に奔走した1年になりました。

スマートフォンのディスプレイ側にはインカメラ、近接センサー、照度センサー、通話用スピーカーなど様々な部品が画面占有率と競合してしまいます。そのため、各社はノッチを搭載し、そこにこれらのカメラ、センサー類を集約するという解決方法をとりました。

ノッチの代表、iPhoneちゃん

ノッチデザインはスマートフォンの画面上部にある通知バーと競合してしまうことや、動画や写真の閲覧時に気になる、デザインが美しくないといった理由で賛否両論です。それを受けて、スマートフォン各社はフルディスプレイ感をあげるために、

ポップアップ式のインカメラ、

スライド式のインカメラや、

果ては背面にもディスプレイを搭載するデュアルディスプレイモデルも出てきました。

様々な方法で画面占有率拡大に取り組むメーカー各種ですが、ここにきて斬新な解決法が出てきました。それは、


パンチホール式です。

今回はこの新たな解決法であるパンチホール式スマートフォンについてのリーク情報をまとめていきます。

パンチホール式とは?

パンチホール式は、インカメラだけを前面に残し、その周辺をディスプレイで完全に覆ってしまう方式です。

近接センサー、照度センサー、通話用スピーカーは努力すればディスプレイに埋め込むことができるがカメラだけは今の技術では難しいので、インカメラだけディスプレイ上に残して他は全部ディスプレイ下に埋め込んでしまおうというのがこの解決方法です。

パンチホール式スマートフォンのリーク情報まとめ

Samsung Galaxy A8s

今までに上がってきたTwitterの画像は全てIce Universe氏とBen Geskin氏によるSamsungのパンチホール式スマートフォンのGalaxy A8sのリーク画像です。

再掲

Smasungは開発者会議のSDC2018でノッチの解決法として、「Infinity-U」「Infinity-V」「Infinity-O」「New Infinity」の4種類を示しました。

パンチホール式はInfinity-Oに相当するもので、Galaxy A8sはInfinity-Oを実現したモデルになるでしょう。

Smasungは最近、折りたたみ式のスマートフォンのGalaxy F、4眼カメラ搭載のGalaxy A9など攻めたモデルを発売しています。Galaxy A8sも新たなトレンドとしてSamsungから登場する意欲機種になるはずです。近頃あまり勢いの感じられなくなったSamsungですが、このような挑戦的なモデルで巻き返せるでしょうか。

韓国のSamsung Electronicsから折りたたみ式のスマートフォンの、Galaxy Fが発表されました。 折りたたみ...

Galaxy Fについてはこちらから

Samsungは、先日マレーシアで開催された4x fun A Galaxy Enventで、世界初の4眼カメラ搭載のスマートフォン、...

Galaxy A9についてはこちらから

HUAWEI Nova 4

Ice Universe氏はHuawei Nova 4と思われるスマートフォンのリーク画像も公開しています。

Ice Universe氏によると、Huaweiのパンチホール式スマホは、Galaxy A8sに先駆けて発表される世界初のパンチホール式スマホになるそうです。

ティザー画像を見ると、12月に会いましょうという中国語とともに、左上にパンチホールらしきものが空いたスマートフォンの画像があります。12月中にこの機種は発表される見込みです。

また、中国のWeibo上ではこのHuawei Nova 4と思われる機種を使っている男性の写真が流出しました。ティザー画像通りディスプレイの左上にインカメラが埋め込まれた機種になっています。これを見ると、開発は順調でもう実機ができているので発表は間近なのでしょう。

なお、Galaxy A8s同様詳しいスペックは不明です。続報が入り次第また記事にします。

Meizu 16S

大手ガジェット情報サイトのGSMArenaによると、Meizuからパンチホール式のスマートフォン、Meizu 16Sが開発中であるとのことです。

レンダリング画像を確認すると、確かに左上にインカメラらしきパンチホールがあります。しかし、残念なことに比較的太めのベゼルになっています。

また、Meizu 16やMeizu 16Xですでに搭載されていたディスプレイ内指紋認証にも対応しており、メインカメラにはMeizuお得意のリングLEDフラッシュが搭載していることがわかります。カメラはトリプルレンズで、深度測定用の赤外線センサーらしきものが見てとれます。

Meizu 16のスペックについてはこちらから

Meizu 16Xのスペックについてはこちらから

Meizu 16SはQualcommの最新チップセットであるSnapdragon 8150を搭載します。Meizuの時期フラッグシップ機になので、相当ハイスペックになることが予測できますね。

本日、Qualcommの次期フラッグシップSoCであるSnapdragon 8150を搭載したスマートフォン「FlexPai」が中国のRoy...

Snapdragon 8150についてはこちらから


以上が現時点でリークされているパンチホール式のスマートフォンの情報まとめです。

個人的にはパンチホール式インカメラで画面占有率をあげたとしても、写真や動画を見るときにホクロみたいな黒い点が画面上にずっとあることになるので、結局ノッチと同じように気になりそうです。

また、ディスプレイにカメラを内蔵している様子が有名なディストピア小説のジョージ・オーウェルの1984に出てくる、双方向監視をするディスプレイの「テレスクリーン」を連想されるので、なんだか気持ち悪い気がします。

しかし、画面占有率を上げるために企業各社が試行錯誤して、ユニークな端末が続々と開発されていることでスマホ市場が盛り上がっている気もします。

果たしてパンチホール式インカメラは流行するのでしょうか。

Source : Twitter(1), Twitter(2), 9to5Google,

Twitter(3), Slashleakes, GSMArena(1), GSMArena(2)