Pixel 4のカメラは20倍ズームか。前面デザインのわかる実機写真も流出

今年発売予定のGoogleの新スマートフォンPixel 4で、最大の注目点といえばカメラ性能でしょう。Pixel 3はシングルカメラでハイクオリティな写真が撮れることで名を馳せましたが、Pixel 4ではデュアルカメラになり、20倍ズームを搭載するようです。

20倍ズーム搭載

GoogleのデザインディレクターであるClaude Zellweger氏は先日、Instagramで一枚の写真を公開しました。

同じGoogleの社員であるAlberto Villarreal氏へのコメントでZellweger氏は、#pixelのハッシュタグ付きで、この写真が20倍ズームで撮影されたと言及しています。

View this post on Instagram

Light + Shadow #googleIDstudio

A post shared by Claude Zellweger (@claudezellweger) on

Pixel 3は10倍ズームが最大であるため、この写真は自動的に未知のPixelで撮影されたことになります。Pixel 3のSuper Res Zoomでは今回の写真のような精細な画像は撮影できません。

以上のことから、問題の写真はPixel 4の20倍ズームで撮影されたと推測されています。画像のクオリティは素晴らしく、Googleが16MP望遠カメラとソフトウェアを駆使し、Pixel 4で20倍ズームを実現したことを示唆しています。

フロントデザインのわかる実機画像

カメラ以外に注目を集めているのがPixel 4のフロントデザインです。背面のデザインは既にGoogleが明らかにしているため、ほぼ確定していますが、前面にはセンサーを詰め込んだベゼルが上部にあることしかわかっていませんでした。

今回流出したのはGoogle社員が動画を観ていると思しき写真です。

Pixel 4の上部にはセンサーが埋め込まれたベゼルがあり、下部にはほとんどベゼルがありません。サイドベゼルもかなり細身です。

Pixel 4の目撃者情報では、画面右側の音量ボタンの上にオレンジ色の電源ボタンがあったそうです。

背面には新iPhone同様に正方形のカメラユニットがあります。

Pixel 4とPixel 4 XLには、それぞれ5.7インチと6.3インチのAMOLEDディスプレイが搭載されます。Pixel 4はFull HD +、Pixel 4 XLはQuad HD +です。リフレッシュレートはどちらも90 Hzになります。

Googleはこれを「スムーズディスプレイ」と呼んでいることがわかっています。その他、弊誌ではPixel 4に関して判明している情報を随時まとめています。

エア・ジェスチャーが使えることが判明し、話題になったGoogleの新スマートフォンPixel 4とPixel 4 XLですが、9TO...
2019年中に発売予定のGoogle Pixel 4に関する噂が少しずつ増えてきました。発表まではまだ時間がありそうですが、ここまで...

Source:9TO5Google, 91mobiles

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.08.13 10:07 ID:12100a5ed 返信

    カメラ周りの形以外は結構好きなデザイン
    けどSDないだろうしな