Galaxy M41が3C認証を通過【発売中止と報道されていたモデル】

画像:リークされたGalaxy M41搭載のバッテリー

Galaxy Mシリーズに最上位モデルとなるGalaxy M41が新たに登場する模様です。発売中止と報道がされていたGalaxy M41でしたが、この時期になり3C認証を通過したことが判明しています。

サムスンは、次期廉価スマホのGalaxy M41で中国CSOT製の有機ELディスプレイ(OLED)を採用予定であると報じられていまし...

3C認証を通過

Galaxy M41はすでに3Cの認証を通過しており、認証情報からは6,800mAhのバッテリーが搭載されることが確認できます。

これまでのGalaxy Mシリーズは6,000mAhというバッテリー容量が通常でした。Galaxy M41の6,800mAhというバッテリー容量は、Galaxyスマートフォンはおろか大半のスマートフォンの数字を越えることになるでしょう。

M41に社外製OELDを採用という話は・・・

Galaxy M41は社外製のOLEDディスプレイを採用する初の機種として報じられていました。中国のチャイナスター(CSOT)がディスプレイ供給元として当初は決まっていましたが、サムスンの求める品質基準に満たないとして製品の開発自体が中止となっていました。

開発中止が噂されながらもGalaxy M41は3C認証を通過していることから、サムスンはすでにディスプレイの調達問題を解決できていると推測ができます。報道通りチャイナスター製ディスプレイが採用されるか、社外製ディスプレイ採用の話自体が白紙となっているのかは明らかになっていません。

バッテリーサイズで人気のMシリーズ

Galaxy Mシリーズはどのラインナップもバッテリー容量の大きさが特徴となっています。Galaxy Aシリーズと違い低価格帯に特化したものですが、Galaxy M41の登場でラインナップの幅が広がることになるでしょう。

現ラインナップでの最上位モデルはGalaxy M31です。6000mAhの大容量バッテリーやFHD+のAMOLEDディスプレイ、6GBの内蔵メモリと128GBの内蔵ストレージなどの特徴でありながら、2万円台前半の価格設定(ヨーロッパ市場向けは3万円前後)で人気を集めています。

Galaxy M31は2020年3月に発売されたスマートフォンで、6.4インチディスプレイにExynos 9611を搭載しているのが...

Source:Safety KOREA, RootMyGalaxy

フォローする

Writer

Sekey
コロナでさびしいのでTwitterでたまにつぶやくことにしました。 Twitter @STelektlist

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.07.08 22:36 ID:ec5bc8922 返信

    M31が6000mAhで200g切ってるのは素晴らしいよね
    これはどうだろうか