OPPO K10 / K10 Proが中国で発表【Dimensity 8000-MAX/SD888搭載で約4/4.9万円~】

OPPO K10及びK10 Proが中国にて発表。それぞれSoCにDimensity 8000-MAX、Snapdragon 888を搭載し、どちらも5,000mAhバッテリー搭載、Proモデルは80W急速充電に対応し、メインレンズにSony IMX766を採用、OISに対応している点が特徴です。

また先月末にインドでOPPO K10が発表されていますが、そちらはSoCにSnapdragon 680を搭載するなど、デザイン、スペックともに異なるモデルとなっています。

OPPO K10がインドで正式発表されました。事前予想ではDimensity 8000搭載機とされていましたが、Snapdragon...

OPPO K10

  • Dimensity 8000-MAX
  • 6.59インチ(2,412×1,080p 401PPI)LCDディスプレイ(左上パンチホール)最大輝度600nit
  • 120Hzリフレッシュレート・240Hzタッチサンプリングレート
  • 8/12GB LPDDR5 RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 5,000mAhバッテリー、67W有線充電、PD3.0(9V/2A)、QC2.0(9V/2A)に対応(29分で80%充電可能)
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:64MPメイン(f/1.8 81°)+8MP超広角(f/2.2 112°)+2MPマクロ(f/2.4 89°)、最大4K30FPS動画撮影対応
  • インカメラ:16MP(f/2.05 79.3°)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • ステレオスピーカー
  • イヤホンジャック
  • Wi-Fi 6
  • Bluetooth 5.3
  • NFC
  • ColorOS 12.1(Android 12)
  • 164.3×75.8×8.73mm、205g
  • 充電器付属

世界初Dimensity 8000-MAXを搭載

SoCには、TSMCの5nmプロセス製造SoC、Dimensity 8000のカスタマイズ版、Dimensity 8000-MAXを世界初搭載

MediaTekが同社製SoCを他のメーカーがカスタマイズできるプログラム、Dimensity 5G Open Resource A...

Antutuスコアは、Snapdragon 870を超える、775,749点を記録。

67W充電対応・5,000mAhバッテリー搭載

バッテリー容量は、最近では割と搭載機種が増えてきた5,000mAhとなり、67W急速充電に対応。29分で80%まで充電が可能としています。

冷却性能に関しては、素材にダイヤモンドを採用し、VC液冷や、グラファイトシートを搭載。”チキンモバイルゲーム”(おそらくPUBG Mobile)を1時間プレイした際の平均フレームレートは89.48fps、最高端末温度は43.5℃とのこと。

外付け冷却ファンも

また冷却面積1,800㎟、18Wの外付け冷却ファンも同時発表されており、こちらを使用し有名な性能テストに使用されるモバイルゲーム(おそらく原神)をプレイした際の平均フレームレートは58.4fps、端末温度は36.7℃だそう。

こちらは既に予約受付が開始されており、現地時間4月28日午前10時(日本時間同日午前11時)より販売開始。価格は199元(約3,900円)となっています。

イヤホンジャック搭載

オーディオにおいては、ステレオスピーカー、そして最近はミドルハイモデルからも消えつつあるイヤホンジャックを搭載。Bluetoothは最新のBluetooth 5.3に対応しています。

その他としては、Razerのメカニカルキーボードを彷彿とさせるバイブレーション及びデザインのキーボードテーマなど。

カメラに関しては、64MPメイン、8MP超広角、2MPマクロの3眼構成と、ミドルレンジモデルではよくあるものに。

LCDディスプレイ搭載

またディスプレイは120Hzリフレッシュレート、240Hzタッチサンプリングレート対応ですが、材質はLCDとなっており、指紋認証も側面での対応となっています。

対応バンド

  • 4G : B1/3/4/5/7/8/18/19/28A/34/38/39/40/41(194MHz)
  • 5G : n1/3/5/8/28A/41/77/78

約4万円から

カラーは暗夜黑(ブラック)、冰魄蓝(水色グラデーション)の2色のみ。

8GB+128GBモデル及び8GB+256GBモデルは現地時間4月28日午前10時(日本時間同日午前11時)、12GB+256GBモデルは同月30日午前10時(日本時間同日午前11時)より販売開始。価格は以下の通りとなっています。

  • 8GB+128GB   1,999元(約4万円)
  • 8GB+256GB   2,199元(約4.3万円)
  • 12GB+256GB 2,499元(約4.9万円)
OPPO K9 5Gが中国で正式発表されました。Snapdragon 768G搭載の5Gミッドレンジ機です。3D液冷システムも搭載し...

OPPO K10 雾山五行ギフトパッケージ

中国のアニメ、雾山五行のキャラクターのフィギュアやスマホグリップが付属した、OPPO K10神隐雾山礼盒套装も用意。

ソフトウェア面では、専用のライブ壁紙やスキンが実装されています。

価格については通常モデルと同様となり、京東にて既に予約受付を開始。数量限定で、現地時間4月28日午前10時(日本時間同日午前10時)より販売開始となっています。

OPPO K10 Pro

  • Snapdragon 888
  • 6.62インチ(2,400×1,080p 20:9 397PPI)Samsung E4 OLEDディスプレイ(左上パンチホール)最大輝度1,300nit
  • Gorilla Grass 5
  • 120Hzリフレッシュレート・120/720Hzタッチサンプリングレート(デフォルト/最高)
  • 8/12GB LPDDR5 RAM + 128/256GB UFS3.1 ROM
  • 5,000mAhバッテリー、80W有線充電、PD3.0(9V/2A)、QC3.0(9V/2A)に対応(31分で満充電可能)
  • 画面下指紋認証
  • リアカメラ:50MPメイン(IMX766 f/1.8 84° OIS)+8MP超広角(f/2.2 120°)+2MPマクロ(f/2.4 89°)、最大4K60FPS動画撮影対応
  • インカメラ:16MP(f/2.4 78°)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • ステレオスピーカー
  • Wi-Fi 6
  • Bluetooth 5.2
  • NFC
  • ColorOS 12.1(Android 12)
  • 162.7×75.7×8.56/8.68mm(保護フィルムなし/あり)、199g
  • 充電器付属

Proモデルとなるこちらは、SoCに一世代前のSnapdragon 888を採用デザインはK10とともに、前モデルのK9 Pro同様、背面の上部全体がカメラモジュールとして凸んでいます。

80W充電対応・5,000mAhバッテリー搭載

バッテリー容量は無印モデルと同じく5,000mAhですが、こちらは80W急速充電に対応。31分で満充電が可能としています。

冷却性能においては、こちらもダイヤモンドを採用し、VC液冷やグラファイトシートなど8層からなる冷却機構を搭載。総冷却面積は4,129㎟とのこと。

メインレンズにIMX766を採用し、OISに対応

カメラに関しては、50MPメイン、8MP超広角、2MPマクロとなり、メインレンズにはSony IMX766を採用。

またOISにも対応しており、realme GT Neo3やrealme 9 Pro+、OnePlus Nord 2 5Gなど最近のOPPO系列機でよく見られる構成となっています。

Samsung E4 OLEDディスプレイ搭載

K10はLCDディスプレイ搭載、側面指紋認証採用となっていますが、K10 ProはSamsung E4 OLEDディスプレイを搭載し、画面内指紋認証を採用

最大輝度も1,300nitとより高いものとなり、120Hzリフレッシュレート、120/720Hzタッチサンプリングレート(デフォルト/最大)に対応するなど、ディスプレイスペックはやはり全体的に無印モデルよりも優れたものとなっています。

イヤホンジャックは非搭載

無印モデル同様ステレオスピーカーを搭載していますが、こちらはイヤホンジャックは非搭載に。

またK10は最新のBluetooth 5.3に対応していますが、K10 ProはSoCのSnapdragon 888が同規格非対応なため、一世代前のBluetooth 5.2対応となっています。

対応バンド

  • 4G : 1/2/3/4/5/7/8/28a/18/19/26/34/38/39/40/41(2515-2675MHz)
  • 5G : n1/3/5/8/28a/41/77/78

約4.9万円から

カラーは晴蓝(水色グラデーション)、钛黑(ブラック)の2色展開。

こちらも8GB+128GBモデル及び8GB+256GBモデルは現地時間4月28日午前10時(日本時間同日午前11時)、12GB+256GBモデルは同月30日午前10時(日本時間同日午前11時)より販売開始。価格は以下の通りです。

  • 8GB+128GB   2,499元(約4.9万円)
  • 8GB+256GB   2,799元(約5.5万円)
  • 12GB+256GB 3,199元(約6.3万円)
OPPOのミドルレンジシリーズ、Kシリーズ最新モデルのOPPO K9 Proが正式発表。Dimensity 1200をSoCに採用し...

OPPO K10シリーズ スーパーゲーマーセット

先述の外付け冷却ファンや、ショルダートリガー、有線イヤホンなどが付属したゲーマー向けセット、超级玩家套装も用意。

本日より4月28日までの間に、天猫(Tmall)にてK10シリーズを購入する際に19.9元(約390円)追加することで入手が可能で、こちらも数量限定となっています。

OPPO Enco Air2 Pro

OPPOのTWSイヤホン廉価モデル、OPPO Enco Airシリーズの最新モデル、OPPO Enco Air2 Proも同時発表。

12.4mmドライバー、ANC(アクティブノイズキャンセリング)、レイテンシー94ms、IP54、10分の充電で2時間使用可能や、最大28時間のバッテリー持ちなどが特徴となっています。

既に予約受付は開始されており、現地時間4月26日午前10時(日本時間同日午前11時)より販売開始。

通常価格は299元(約5,900円)、初回販売価格は269元(約5,300円)となっています。

オウガ・ジャパンは左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンOPPO Enco Free2とOPPO Enco Budsを8月27日に発売します...

OPPO SuperVOOC 33Wモバイルバッテリー

SuperVOOC 33W、そしてPDでは30Wの充電に対応した10,000mAhモバイルバッテリー、OPPO SUPERVOOC 33W超级闪充移动电源も同時発表。

こちらも既に予約受付は開始されており、現地時間4月28日午前10時(日本時間同日午前11時)より販売開始。価格は199元(約3,900円)となっています。

 画像:リークされたReno8の予想レンダリング OPPO Reno8シリーズのベースモデルとなるOPPO Reno8はSna...
OPPOのミドルレンジ、Kシリーズ最新モデルとなる、OPPO K9sが正式発表。今年5月に発表されたK9の派生モデルとなり、Snap...

Source:発表会生放送, OPPO(1), (2)

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2022.04.24 22:14 ID:589a63cc5 返信

    日本語使える?

    • 匿名 2022.04.24 23:53 ID:589a63cc5 返信

      大陸版ColorOS(realme UI)は日本語入ってるよ

      • 匿名 2022.04.25 00:01 ID:3b2d0ab25 返信

        ありがとう✨

  2. 匿名 2022.04.25 00:51 ID:3b2d0ab25 返信

    このベンチはブーストなしなのか?

    • 匿名 2022.04.25 11:15 ID:d312d5feb 返信

      ブーストなしととるかセーブありととるかは人それぞれって事で

  3. 匿名 2022.04.25 03:08 ID:d312d5feb 返信

    最後のモバイルバッテリーは欲しいかも。
    VOOC対応のモバイバッテリーなんてほとんどないだろうし。

    • Kohei 2022.04.25 15:00 ID:d312d5feb 返信

      一応過去にVOOC 20W、30W対応のものなどが出てますね。33Wは今回が初めてだと思いますが…。
      また上記のものでスマホとともにガンダムやコナン限定版のものも出てるので、今回の33Wのものもいずれ限定版が出るかもしれませんね。
      https://telektlist.com/oppo-reno6-pro-detective-conan-limited-edition-announced/#OPPO_VOOC_Power_Bank

    • 匿名 2022.04.25 18:32 ID:3b2d0ab25 返信

      適当にググっただけでもVOOC_50W対応のバッテリがすぐ出てきたから
      ちゃんと調べれば対応してるの結構見つかるんじゃね?

  4. 匿名 2022.04.25 05:55 ID:3b2d0ab25 返信

    中央が600nit超えてくれるならLCDでぜんぜん構わんけど消費電力もあるし400nitくらいやろなぁ

  5. 匿名 2022.04.25 09:36 ID:d312d5feb 返信

    K10 ProはRealme GT2と何が違うの?

  6. 匿名 2022.04.25 15:11 ID:d312d5feb 返信

    600nitのLCDってすごいな
    消費電力跳ね上がりそう