OPPO K5の仕様流出【VOOC 4.0で30W充電】

Oppo K3

Oppo K5と思われる新型スマートフォンの仕様がウェブサイト/LEAKS上で流出しました。

中国国内でのみ販売されているOppoのKシリーズは、K1からはじまり、最新のK3と続いています。これまでのナンバリングは2つ数字が進んだため、新たに登場するスマートフォンはK5という名前だという可能性は高いでしょう。

リークしたOppo K5の仕様

今回リークされた画像の情報は、Oppoからの新型スマートフォンであることが報じられています。

LTE対応バンドの情報をはじめ、グリーンとブルー、ホワイトの三色のカラーバリエーションが存在していること、スクリーンは6.4インチ(1080×2340)のAMOLEDディスプレイであり3920mAhのバッテリーを搭載していることが記されています。

グリーンとブルー、ホワイトというカラーバリエーションのうち、グリーンとホワイトはK3と変わっていません。

そのほかサイズや重量、付属品などの詳しい情報も記載されていることが分かります。

また、メモリが8GBでAndroid 9を搭載していることや。クアッドカメラ(64MP・8MP・2MP・2MP)を搭載していること、128GBの内蔵ストレージ容量があることも確認できます。

チップセットはSnapdragon 730Gが採用されるという情報がweiboからリークされています。

Oppo K5はVOOC 4.0に対応か

Oppo K5はVOOC 4.0に対応するといわれています。

VOOC 4.0はVOOC 3.0をバージョンアップさせたもので、30Wの高速充電を可能とする技術です。4000mAhmのバッテリーを搭載したスマートフォンの場合、30分で67%まで充電することが可能。100%までの充電には73分しか必要としないのが特徴です。

また、VOOC 4.0では内部の設計を見直したことで、充電中の発熱を減らすことにも成功しています。ゲームをはじめとしてスマートフォンを操作している間も熱のコントロールが行われるようになっています。

なお、VOOC 4.0はVOOC 3.0とも互換性があるため、VOOC 4.0の充電器でVOOC 3.0対応のOppoスマートフォンも問題なく充電することができます。

Oppo K5が新型VOOC 4.0に対応した初のスマートフォンとして発表される可能性はあるでしょう。

OPPO K1の後継機種となるOPPO K3が本日発表されました。Snapdragon 710搭載で、OnePlus 7 Pro風の...

Source:/LEAKS,weibo

フォローする

Writer

Sekey
ポップアップ式カメラで顔認証中に落下させてしまい、カメラにキズがついてしまった2019年の夏

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.09.22 20:26 ID:66a474c56 返信

    な ぜ U S B P D じ ゃ な い の か