Galaxy A30 SCV43をauが発表【おサイフケータイ・防水対応】

画像は海外版

au(KDDI)が2019年度の夏モデルとしてGalaxy A30 SCV43を発表しました。auはGalaxyブランドをGalaxy S10とGalaxy S10+を含めて新たに三機種を発売することになります。

auが今年の夏モデルとなる新機種9モデルを発表しました。スマートフォンはソニーモバイルからXperia 1 SOV40、サムスンから...

予約はすでに公式ホームページ(オンラインショップ)から可能になっており、発売は2019年5月下旬以降を予定しています。(上のリンクから予約する場合、カラー選択がブルーになっているので注意してください)

Galaxy A30は海外向けに2019年3月から発売されているAシリーズのミッドレンジ(中間グレード)機種として扱われており、A70などと並んで人気の機種となっています。

Galaxy Aシリーズのうち、より安いなモデルは低性能すぎて売れ無さそうで、高いモデルはGalaxy Sシリーズの需要を奪ってしまいそうなので、 Galaxy A30を日本市場で販売するのは悪くないチョイスでしょう。

ライターの私が非常に驚いたのが、カラーバリエーションです。 Galaxy A30は通常、販売する国によってカラーバリエーションが異なっていました。インドではブルー、ブラック、レッドの三色から選べるのに対し、インドネシアではホワイト、ブラック、ブルーの三色が展開されているなどの特徴が見られました。今回、 au版(日本版)ではブルーとブラック、レッド、ホワイトの存在する四色全てを展開しています

日本のユーザー向けに変更されているポイントとして、音楽を高クオリティで楽しむことのできるハイレゾへの対応、FeliCa搭載でおサイフケータイに対応していること、防水防塵機能が挙げられます。特に防水防塵機能は海外版では存在していなかったため、ここはau版(日本版)を選ぶ大きなメリットになるでしょう。

スクリーンサイズは約6.4インチと大きめになっており、AMOLEDディスプレイを採用していることが魅力です。また、バッテリーは大容量と言える3900mAhのものを搭載します。

背面カメラはデュアルカメラとなっており、それぞれ16MP、5MPのウルトラワイドアングルレンズを採用しています。また、背面には指紋センサーが配置されており、指を当てやすい位置で素早いロックの解除が可能です。

端末のデザインも3Dプリズムデザインというものが採用されており、角度によって背面の色の見え方が変わるようになっています。背面のパネルは真珠のような光り方が特徴にもなっています。

付属品には試供品としてクリアケースがあるほか、保護フィルムが工場出荷時の状態から貼り付け済みであるため、端末を購入さえすればアクセサリーの付け足しは必要ないのもポイントです。

ドコモはauと同じように2019年夏モデルでフラッグシップスマートフォンの Galaxy S10シリーズを発表するということで、 Galaxy A30などのミッドレンジ機種もラインナップに含めているのか、気になるところです。

Source:au公式サイト

フォローする

関連記事

Writer

Sekey
オッポ K1から乗り換えるスマートフォンを考え中。リアルミーXにんにく版かオッポF11プロ、ギャラクシーS10eが候補です。

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.14 22:15 ID:e2ccaf09d 返信

    バッテリーは大容量だけど実際どれくらい電池持つか気になる

  2. 匿名 2019.05.15 08:19 ID:886144260 返信

    これで660でも搭載して安価ならSよりも売れ線だったかもしれん

    • 匿名 2019.05.15 21:10 ID:0dae50671 返信

      antutuだと7904と660は4万点差だからちょっともたつくかもしれないな