Xperia 1 Professional Edition発表。Xperia 1との違いは?

10月23日、ソニーから満を持して発表されたSIMフリースマホ「Xperia 1 Professional Edition」。「クリエイターの創造性を高める特別仕様のスマートフォン」とSONYは説明していますが、Xperia 1と比べて具体的にどの部分が強化されたのか、スペック表などから解説します。

その価格がProfessional仕様を物語る

Xperia 1 Professional Editionの価格はソニー直販で税込15万7300。ブランド力も強いiPhone 11 Proなどは構成によってこの価格を優に超えますが、Xperia 1はどのキャリアでも10万円ほど。

よくある「無印・Lite・Pro」のラインナップでの「Pro」とは違い、本当のプロが現場で使う機材と比べても遜色のないレベルを目指しているのでしょう。

ハードウェア面で強化されたポイント

まずはカタログスペックの変更点を比較してみましょう。

Xperia 1(国内版)Xperia 1 Professional Edition
カラー4色(ブラック,グレー,パープル,ホワイト)ブラックのみ
バッテリー3200mAh3330mAh(+130mAh)
ストレージ64GB128GB
外部メモリmicroSDXC(最大512GB)microSD/microSDHC/microSDXC(最大512GB)
ワンセグ/フルセグ有り無し
FeliCa(NFC)有り無し
有線LAN接続対応無し有り(USB Type-C経由)
DualSIM無し有り(DSDV)

ワンセグ/フルセグとFeliCaが非対応なのは、ベースが海外モデルのためです。ストレージは国内版には無い128GBバージョンで統一。バッテリー容量も若干増えていますね。

また、プロのE-Sports大会での「会場のWi-Fiが不安定」という声を受け、より安定しやすい有線でのネットワーク接続に対応。これにより、ラグの低減や通信速度の向上などが期待できます。

ディスプレイはプロ仕様に調整

そして、実は一番手がかかっているかもしれないのがXperia 1の4K OLEDディスプレイ。Profeccional Editionでは、このディスプレイの色温度などを出荷時に一台づつチューニングし、業務用マスターモニターの「D65」相当まで丁寧に調整。D65は国際機関によって定義された、「ヨーロッパの標準的な正午の屋外」の照明を再現することを目的とした色温度であるといいます。

プロが作品のモニターとして使うことを想定し、縦画面よりも用いられやすい横向きでの使用にも細かく対応。デフォルトの壁紙が横向きに自動で回転するようになり、ランチャーも横向きに対応しました。

ソフトウェア面で強化されたポイント

ソフトウェア面での強化は、ハードウェアとくらべると少なく、主にフォトグラファー向けの機能が追加されています。

ソニーは、子会社のソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズがデジタルカメラのαシリーズなどを販売しています。Xperia 1 Professional Editionにはα関連アプリの「Transger & Tagging」と「Imaging Edge Mobile」がプリインストールされており、カメラとの連携がより楽になっています。

Transger & Taggingは、Xperia 1で撮影した写真にその内容などを記録する「IPTCメタデータ」を自動で追加し、企業間などでのやりとりに使えるようにするツール。

Imaging Edge Mobileはαで撮影した写真をスマホに転送したり、αと連携して遠隔でシャッターを切ったりすることの出来るアプリです。

実際これらはGoogle Playストアでも自由にダウンロードすることが出来ますし、標準モデルのXperia 1でも簡単に実行できるため、わざわざ新機能と言うほどの大層なものでもないかもしれません。

Source:SONY

フォローする

Writer

sekken
iPhone SE2がだんだん楽しみになってきた Twitter作ってみました→https://twitter.com/sekkenthewriter

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.10.24 22:45 ID:9e18ec534 返信

    毎度毎度SONYは痒い所に手が届かないんだよなぁ…
    グローバル版の使い回しなのはわかるけどせめてFeliCaは搭載して欲しがったねぇ

  2. 匿名 2019.10.25 01:07 ID:4d1154219 返信

    これは見る限りSonyが発表会などで言っていたサブモニターとしての仕様や写真の確認などの業務用途で仕様する事を想定しているように見受けられますのでFelicaを業務で使用するか?というと微妙なところですので当然かなと思いますが

    個人的に気になるのはどこまで校正するのでしょうかね 

  3. 匿名 2019.10.25 03:45 ID:b3e262ecc 返信

    法人用みたいだけど個人的に欲しいなぁ。
    会社の経費で買ってみるわ

  4. 匿名 2019.10.25 06:16 ID:63f78fb0a 返信

    既存との最大の違いは有線LAN対応で
    この価格は法人相手でもぼったくりだわ。

  5. 匿名 2019.10.25 07:24 ID:5b880f86c 返信

    有線LAN対応って別に特別なことでもなくね?
    lightningのiPhoneだって有線LANはアダプター経由で繋げるし。

  6. 匿名 2019.10.25 07:25 ID:5b880f86c 返信

    プロはそもそもXperiaを使うと言う選択肢を取らない件

  7. 匿名 2019.10.25 20:48 ID:d292923b1 返信

    これでProfessionalを名乗るか
    そうか…

  8. 匿名 2019.10.25 20:56 ID:15b42aa5d 返信

    相変わらず値段が高いな。proなのに、Felicaが搭載しないし、日本を含めたグローバルバンド対応もない。

  9. 匿名 2019.10.25 22:59 ID:378b44b8d 返信

    これはアカンwww SONYどうした…?