Xiaomi Black Shark

image-source:gsmarena
  日本では未発売
5.99インチ
1080 x 2160
12 + 20MP
F値/1.8
8GBメモリ
Snapdragon 845
4000mAh
2.0
Black SharkはXiaomiのスマートフォンで、2018年4月に 発売されました。5.99インチフルHD+ディスプレイを搭載し、厚さは9.3mm、重さは190gです。 Snapdragon 845を搭載しており、トップクラスの処理性能を持つAndroidスマートフォンです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 Black Shark
メーカー
Xiaomi
発売時期 2018年4月, 発売済み , 日本では未発売
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド LTE band 1(2100), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
ドコモ, ドコモ系mvno 4G band19 非対応 , FOMAプラスエリア3G 対応(例外あり)
au, UQモバイル auプラチナバンド 非対応 , au 3G(CDMA2000) 対応
ソフトバンク, Yモバイル プラチナバンド Band8のみ対応
速度  HSPA, LTE-A (3CA)
SIM  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 5.99インチ, IPSディスプレイ,  画面占有率: 76.0%
ディスプレイ解像度 1080 x 2160(フルHD+), アスペクト比18:9, 403ppi
ディスプレイ機能 DCI-P3カバレッジ97%
サイズ 161.6 x 75.4 x 9.3mm
重さ 190g
システム
OS Android 8.0 (Oreo)
Soc Qualcomm Snapdragon 845
CPU Kryo 385 Gold x4 & Kryo 385 Silver x4 8コア, 2.8 GHz
GPU Adreno 630
ベンチマーク Antutu: 290000
Geekbenchシングル:2452 Geekbenchマルチ: 8452
メモリ
メモリ(RAM) 6GB / 8GB
ストレージ 64GB / 128GB,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ  12 + 20MP, F値/1.8 , デュアルカメラ, デュアルトーンLEDフラッシュ, PDAF, 2x光学ズーム
前面カメラ  20MP, F値/2.2
動画  最大画素数: 2160p  最大fps: 120fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0
GPS   GPS, GLONASS, BDS
ネットワーク機能   なし
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
防水   非対応
イヤホンジャック   有り
その他特徴 ストレージ: UFS2.1
バッテリー
バッテリー容量  4000mAh
ポート  2.0
その他
本体色 Black, Gray
現地価格 6GB/64GB: 2999元, 8GB/128GB: 3499元
円換算価格 約52000円
公式サイト http://www.blackshark.com/
通販サイトで見る
https://www.banggood.com/Xiaomi-Black Shark

特徴・概要 - 液冷ゲーミングスマホ

Xiaomi傘下で2017年8月に設立されたBlackSharkが突如発売したゲーミングスマートフォン、Black Sharkはあらゆる面でゲーミングにこだわった端末です。背面は横持ちでも持ちやすい形状で、レーシングゲームに最適。Snapdragon 845チップセットは液冷で高負荷時のパフォーマンスが大きく向上し、また独立した画像処理チップpixelworkdを搭載し、ゲーム画面がよりなめらかに、より綺麗になるようです。他にもゲームしながらのチャットに最適なマイク・ゲームに適したスピーカーや、通信遅延を防ぐ大きなアンテナなど機能が満載です。



また、別売りのゲームコントローラー(約3000円)をドッキングさせることもできます。全体的にRazer Phoneよりも一段上で、よりゲーミングに最適化されたスマートフォンという印象を受けます。価格は52000円からで、さすがXiaomiといったコスパです。

性能・ベンチマーク

Black Sharkは、チップセット(Soc)がSnapdragon 845、メモリ(RAM)は 6GB / 8GBです。一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。
ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、スマートフォンの総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア: 290000

Black Sharkは、2018年時点では トップクラスの性能で、普段使いで処理が詰まることはほぼ無く、最新の3Dゲームも快適に遊べるでしょう。

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbenchシングルスコア: 2452
Geekbenchマルチスコア: 8452

対応バンド

ドコモ, IIJ,mineoDプラン,楽天モバイル等MVNO

LTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3に対応、 地下や郊外を担当するプラチナバンド(バンド19)には残念ながら非対応ですが、都市部ではほとんど支障なく十分使えます。

3Gはメインバンドのバンド1 には対応していますが、山間部や郊外をカバーするFOMAプラスエリア3G(バンド6,19)には対応しているかどうか不確実です。中華スマホの場合は、使用するために端末のプラスエリア化が必要となるでしょう。

ソフトバンク, ワイモバイル

LTEは全国区をカバーするバンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応。 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3Gはメインバンドの1 、プラチナバンドの8に対応しており、3G回線の必須バンドに全て対応しているので安心して利用できます。

au, UQmobile

LTEは主力となるプラチナバンド26,18のいずれにも非対応で、LTEの利用は非常に厳しいです。

3G回線はCDMA2000に対応しているので、おそらく利用できるでしょう。

価格

Black Sharkの 6GB/ 64GB 最小構成モデルの価格(発売時)は日本円で約52000円です。購入時の参考にしてください。

現在、通販サイトでの購入が可能です。
Banggood: https://www.banggood.com/Xiaomi-Black Shark

関連記事