vivo X50 Proのプロモーション動画が公開【360度稼働するカメラ】

vivo X50 Proのプロモーション動画が公開されました。vivo X50 Proはまるでモニタースピーカーのようなビジュアルのカメラを搭載しており、メインカメラは高性能なジンバル機能を備えています。

vivo X50 Proは6月1日に発表される予定で、画面内インカメラを搭載するAPEX 2020と並んで個性的なカメラスペックをもつモデルとなりそうです。

source: gsmArena

Vivo X50 Official Teaser #3 Don't Fear the Dark

source: Sparrows News youtubeチャンネル

360度稼働するカメラとは

vivo X50 Proに搭載されるメインカメラはとにかく大型。公開された動画ではレンズがまるで瞳のように動き、ジンバルの役割を果たしていることがわかります。内部の構造は不明ですが360度の可動域を持っており、被写体をしっかりフォローしてくれます。

また焦点距離は16mm〜135mmとなっており、カメラモジュール下部にあるペリスコープカメラと合わせたズーム機能にも注目です。

高解像度を競い合うレースが落ち着きを見せてきたスマホのカメラ事情ですが、Insta360などウェアラブルカメラのヒットもあり新たな段階へ進もうとしているのかもしれません。vivo X50 Proのように強力なジンバル機能があればハイクオリティな動画撮影が気軽に行えます。

DXOMARKの評価基準も、将来的には静止画メインから動画を重視するようになるかもしれませんね。

真なるフルディスプレイです。 VivoのコンセプトモデルであるVivo APEX。その3代目となるVivo APEX 2020...

価格はvivoにしては高めの設定になりそう

現時点で予想されるスペックですが、ディスプレイが6.7インチ(1080×2400:スーパーAMOLED)、内蔵メモリが8GB / 12GB、内蔵ストレージが128 / 256GBになりそうです。

カメラ構成予想は、50MP+13MP+32MP+8MPです。また、前面のセルフィーカメラの画素数は32MPと予想されます。

Socに関する情報はありません。vivoにしては高めの価格設定になりそうですが、その分性能も良さそうです。

「OV」という略称でOppoと並べて語られることが多い中国BBK傘下のスマホブランド、vivo。 OppoとXiaomiが日本...

Source: Weibo, gsmarena

フォローする

Writer

tokui
iPhone 11とrakuten miniの2台持ち。これから消費社会はどうなっていくのか…。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.05.24 12:04 ID:70d0bec3a 返信

    でっぱりがちょっと気になるとはいえ、強そうだな

  2. 匿名 2020.05.24 14:01 ID:88ea6ea00 返信

    ジンバルの性能も気になるけど使用予定のSamsung製50MPセンサーの性能も気になる
    SONYのIMX700と似たようなところ多いしどんなもんなのか

  3. 匿名 2020.05.24 18:33 ID:dadb58adf 返信

    レンズでけえ
    これほしい

  4. 匿名 2020.05.25 13:33 ID:cb92ad851 返信

    Xiaomiに勝てる要素が1%でもあるか?