vivoのスマホの特徴・デザイン・歴史をざっくり解説【メーカー解説】

「OV」という略称でOppoと並べて語られることが多い中国BBK傘下のスマホブランド、vivo。

OppoとXiaomiが日本市場へ進出する中、vivoはその様子を見せず、更にはグローバルマーケット全体でもやや苦戦を強いられている状況が続いています。とはいえ、その年間スマホ販売台数は世界6位の1億1,370万台(2019年)。日本では知名度が低いvivoはどんなスマホメーカーなのでしょうか。

東南アジアで大きな存在感のあるメーカー

日本では名前も聞かないvivoですが、東南アジアを中心に知名度が高いメーカーです。ヨーロッパなどには進出しておらず、中国・東南アジアとその周辺だけをマーケットとしています。

東南アジアでは街を歩けばvivoの看板と広告、ショップ(代理店など)を見ることができ、各地域に根差したスマホメーカーという印象を受けます。OppoやXiaomi、Huaweiのようにコストパフォーマンスの良い機種を多く送り出していることから、各国で高いマーケットシェアを獲得しています。

また、筆者にとってvivoのショップ店員さんは客との距離が近いように感じます。隣のショップを見ていてもセールス活動=声かけをしたり雑談を振ってくるなど、このようなスタイルの接客も東南アジアで受けている理由なのかもしれません。

独自のAndroidベースのFuntouch OSを端末に搭載していますが、分かりやすいインターフェイス、iOSに似た機能などが特徴です。

歴史

BBKグループより2009年に設立

BBKグループは中国広東省東莞市(Huaweiの新研究所もここです)に本社を置く1995年設立の電子機器メーカー。かつては電子辞書やファミコン互換機を製造で有名でした。そこから、BBKグループよるvivoがスマートフォン業界に姿を現したのは2009年のことでした。

ちなみにOPPOはよくBBKグループ傘下だと誤解されていますが、実際はBBK創業者の段永平(退任済み)が一部株式を保有するのみ。OPPOの経営はBBKグループから独立しています(中国語ソース)。

積極的な広告攻勢とわかりやすいキャッチフレーズで急成長

vivoの初期のキャッチコピーは「Camera & Music」。わかりやすいフレーズと親会社の他事業での収益を元にした広告攻勢でOPPOと同時期に急成長を遂げました。

中国歩歩高社から独立してできた二つの企業、OPPOとvivo 今となっては世界シェアは5位と6位、中国国内シェアでは2位と3位...

NEXで画面内指紋センサーとポップアップ式カメラ採用

NEXは画面内指紋センサーとポップアップ式カメラという当時はかなり珍しい技術を一度に採用したプレミアムデバイスでした。背面のオーロラ調バックパネルは光の当て方によって異なる輝きを楽しむことができます。

この機種はvivoの技術力を大きく知らしめるきっかけとなりました。

Vivoの新フラッグシップ機のVivo NEXは試作機のAPEXから始まり、画面占有率を上げるためにフロントカメラをポップアップ式にし、上部...

V9を発表

vivo V9(シリーズ)は数多く売れたヒット機種でした。フラッグシップではありませんが、エントリーモデル以上の高級感とスペック性能が「ちょうどいい」として人気を呼びました。

ゲーミングライン iQOO(アク―)を発表

eSportsという言葉が生まれるなど、ここ数年でゲームは幅広い層から人気を得ています。ゲーミングスマートフォンという新たなジャンルも登場し、vivoもその流行にiQOOという新ブランドラインを発表することで反応しました。あまり知られていませんが、日本語での発音は「アク―」に近いです。

ゲーミングスマートフォンとして優秀なのは明らかでしたが、中国マーケット向けだったため我々の中での印象は弱いでしょう。

APEXを発表

せっけんのようなフォルムが話題となったAPEX。コンセプトモデルであるため製品として発売はされていませんが、電子機器にはかかせないボタン類を全て排除した革新的なスマートフォンです。

ロゴをリニューアル

vivoはこれまでのロゴを2019年になってリニューアルしました。ドラえもんのようだったブランドカラーは明るくなり、ロゴのフォントにも細かい変更が行われ、新鮮な見た目となりました。

中国のスマートフォンメーカーvivoがこれまでのブランドカラーを変更することを発表しました。これに伴い、ブランドロゴの色とフォントも...

デザインの系譜 - 派手派手のカッコいい系

vivoはここ数年で派手派手のデザインを採用するようになりました。カッコいい系とも表現できるデザインは、若い世代をターゲットとしているようにも感じられます。

これまでのOppoはカメラレンズを横並びにし、指紋センサーは丸形にしてきましたが、一方のvivoは縦並びで四角の指紋センサーと、ライバル社からうまく差別化を図ってきました。

※2019年の後半ごろからOppoも縦並びカメラデザインに移行しています

V5

2016年の終わりに登場したvivo V5のデザインは現在のvivoのように派手なスタイルではありませんでした。Oppoのスマートフォンと似たデザインで、当時のYシリーズなどと比べても差別化がされていない印象でした。

V9

V9ではiPhone Xシリーズのような大きめのノッチが採用されていました。また、カラーリングも種類が豊富で、ツヤありカラーからメタリックな高級感のあるカラーまで選べるのが特徴でした。本体デザインもオリジナリティが見られるようになりました。

V15

Oppoがポップアップ式カメラを真ん中に配置するのに対し、vivoは片側に寄せて配置するスタイルを続けてきました。V15でもその配置は変わっていませんでしたが、フロントポップアップ式カメラと背面のカメラ部分を一体化したようなデザインが特徴的でした。

このデザインはvivoが始めとなり、Motorolaなどの他社も真似るようになりました。V15からvivoスマートフォン全般のデザインが大きく変わっていきました。

V17 Pro

V17 Proになり、vivoはカメラ周りのデザインを大きく変更しました。ポップアップ式カメラでデュアルレンズを採用したことの影響もあるのでしょう。

マーケットシェア ₋ OppoとXiaomiにしがみ付く

Source: Counterpoint Research: Quarterly Market Monitor 2019 Q4

上の表は2018年度と2019年度のグローバルマーケットシェアです。

vivoは2018年の7%というシェアから一年間で1%の伸びを見せ2019年には8%となっています。Oppoも8%のシェアとなっており、両社は出荷台数にやや差があるものの互角の勝負をしています。

LenovoやLGなどのメーカーからは大きくリードをできていることから、2020年のvivoのライバルはXiaomiとOppoの二社になってくるでしょう

現行シリーズのラインナップ

Yシリーズ

Yシリーズは昔から続くエントリー向けのラインナップとなっています。安い機種では1万円台前半で手に入る、コストパフォーマンスが良いシリーズです。エントリーながらデュアルカメラやトリプルカメラを搭載した機種も多く存在しています。

とても長く続いているシリーズですが、ナンバリングの法則は筆者にも分かりません。

Sシリーズ

Sシリーズはカメラ性能が強化されているほか、デザインも一味違うものが採用されているミドルアッパー帯のラインナップです。

Sシリーズはマーケットによってネーミングがバラバラしている変な特徴もあります。

Vシリーズ(グローバルマーケット)

Oppoで例えるならば、Fシリーズが的確でしょう。事実、vivoの看板であるVシリーズとOppoのFシリーズは両者ともにシェアの食い合いを東南アジアで広げてきました。

2019年になってからはOppoがRenoシリーズなどへ力を入れ始めたため、Vシリーズが有利な状況が続いていました。

Xシリーズ(中国マーケット)

フラッグシップラインではないものの、プレミアムなシリーズとして存在感が強いXシリーズ。カメラ性能が大の目玉であり、グローバルマーケット向けのVシリーズに近い立ち位置となっています。

vivo X30とvivo X30 Proの二機種が正式に発表されました。どちらもサムスンのSoCであるExynos 980を搭載し...

NEXシリーズ

vivoがポップアップ式カメラとインディスプレイ指紋センサーを初めて採用したのがNEXシリーズです。フラッグシップラインということで同社の最新技術が多く採用されています。

ポップアップ式カメラでは日本国内の大手メーカーが部品を供給したこともありました。

vivoが出す広告はVシリーズが中心でしたが、現在はNEXシリーズのものも増えてきています。

このほかにもUシリーズやZシリーズなどが存在しますが、この記事では省略します。vivoは他社と比べてもマーケットによってラインナップが細かくなっています。筆者の個人的な印象ですが、vivoのラインナップは業界で一番複雑です。

おまけ:Little VとOllieは犬猿の仲なのか

Say hello to #LittleV, our official mascot!You would want to make him your friend as he plans to bring a lot of gifts in the coming days.#Vivo #VivoPakistan

vivoさんの投稿 2018年1月24日水曜日

vivoにはLittle Vというマスコットキャラクターが存在します。同じくOppoにもOllieというマスコットキャラクターがいるわけですが、お互い微妙に似ている二人の関係はどうなのでしょうか。

OPPOさんの投稿 2014年5月24日土曜日

海外のショッピングモールなどのイベントで、家族連れなどをターゲットに出演することがある彼ら。もしもうっかり二人が同じ場に出そろってしまった場合、どうなるか見てみましょう。

実は、二人は犬猿の仲であるというウワサが昔からありました。上の動画だけでなく、彼らがバトルをしたり街中で暴れるという話は珍しくないのです。二人とも自社製品の売り上げを気にしてライバル関係になってしまうのでしょう。

バトルの勝ち負けはマーケットシェアや売り上げで決めてください。いいですね?

中国でビジネスをスタートし、少しずつブランド力と知名度を上げているUMIDIGI。2018年ごろから日本国内での人気も高まり始め、当...
日本でもSIMフリースマートフォンの展開をはじめたり、女優の指原梨乃さんをイメージキャラクターに採用するなど日本国内での知名度も高く...

フォローする

Writer

Sekey
日本ミッドレンジスマホ推進協会の会長をやってます(笑)

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.02.27 12:54 ID:75edf7453 返信

    アッイクー!

  2. 匿名 2020.02.27 14:12 ID:3407bbe0e 返信

    コスパ良いけどカスロムがないイメージ

  3. 匿名 2020.02.27 16:19 ID:c757b17cc 返信

    IQOOのコスパすごいけどOSのあれさはOPPO引き継いでるなって

  4. 匿名 2020.02.27 17:56 ID:f99e53b13 返信

    iQOOって”アイクー”じゃないのか…
    公式トレイラーが言ってたからアイクーかと思ってた

  5. 匿名 2020.02.27 20:58 ID:eaefbdd0e 返信

    ゆるキャラがじゃれ合っているようにしか見えないw
    Twitter芸人のXiaomiと同じ匂いがする。
    ここに米兔入ったら頭重くて起き上がれないだろうな…。

    さて、じゃあつぎはOneplus行ってみましょうか(鬼畜)

  6. 匿名 2020.02.28 17:16 ID:8bb14cc3a 返信

    vivo Z6の価格にびっくりだわ
    5G対応で(SD765G)3.6万円から
    同じSoCを日本メーカーが採用したら6万円くらいしそう
    価格に抑えるために指紋が背面になってるとはいえ
    500ドルで5G出しますって言ってたどこかのメーカーへも打撃を与える価格だわ
    オリンピック特需も5G買い替え特需も日本メーカーは指をくわえて見てるしかないんかな~

    CPU Snapdragon 765G
    GPU Adreno 620
    ディスプレイ 6.57インチ FHD+ 2400×1080 20:9 , TFT
    RAM容量 6GB/8GB LPDDR4X
    ストレージ 128GB UFS2.1(microSD対応128GBまで)
    メインカメラ 4800万画素(メイン F1.79)+800万画素(広角 F2.2)+200万画素(マクロF2.4)+200万画素(深度 F2.4)クアッドカメラ
    前面カメラ 1600万画素カメラ F2.48
    OS Android 10(Funtouch OS 10)
    サイズ 163.99×75.71×9.16mm
    重量 201g
    バッテリー 5000mAh(急速充電 44W)
    Bluetooth v5.1
    WiFi 802.11 2.4GHz/5GHz
    防水防塵 無し
    接続端子 USB Type-C
    イヤホン端子 有り