UMIDIGIの特徴・デザイン・歴史をざっくり解説【メーカー解説】

中国でビジネスをスタートし、少しずつブランド力と知名度を上げているUMIDIGI。2018年ごろから日本国内での人気も高まり始め、当サイトでもUMIDIGI関連の記事は高い注目を集めています。

メーカー解説シリーズは今回が三回目となります。

日本では古くからAndroidスマートフォンを販売し続けているGalaxy。世界的に知名度が高いGalaxyスマートフォンについて様...

「良いものを安く」それがUMIDIGI

Source: UMIDIGI公式サイト

2012年にUMIという名前でビジネスを始めた中国発のスマートフォンメーカー・UMIDIGI。

読者の皆さんにとってもUMIDIGIは低価格でバッテリー容量とカメラ性能に優れたスマートフォンを多く展開するメーカーというイメージが強いはずでしょう。事実、2019年は4000~5000mAh台の大型バッテリーを備えていたり、48MPカメラを特徴とした機種が多いラインナップとなっています。

直近の販売機種はほぼ全てが技適を取得しているので安心して日本国内でも使用できます。

最近ではスマートフォンだけではなくワイヤレスイヤホンなど周辺ガジェットにも製品ラインナップを広げています。

現行シリーズのラインナップ

Aシリーズ

UMIDIGI A1 Pro

UMIDIGI A1 Proをはじめとし、UMIDIGI A3 ProUMIDIGI A5 Proまで続いています。UMIDIGI A3シリーズからは流行りのノッチディスプレイを採用し、よりモダンな見た目も魅力となりました。

Aシリーズは価格が特に低めに設定されており、UMIDIGIの中でも人気となっています。

Fシリーズ

UMIDIGI F2

UMIDIGI F1の登場から始まったFシリーズですが、UMIDIGI F1 PlayUMIDIGI F2が別に存在しています。

UMIDIGI F1は大画面のFHDディスプレイにHelio P60チップセット、5150mAhのバッテリー、18Wの高速充電機能などが人気を集めました。

Powerシリーズ

バッテリーサイズにこだわりたいユーザーにおすすめできるのがPowerシリーズです。

最新機種であるUMIDIGI Power 36150mAhもの大型バッテリーを搭載していることで話題となりました。UMIDIGI Power 3は存在しますが、UMIDIGI Power 2という機種は存在していません。

「Power 2は、どこですか?きっと中華スマホにありがちな次元の歪にでも消え去ったのでしょう。」ーサイト内より引用

新 Xシリーズ

2019年になって新たに登場したのがUMIDIGI Xというスマートフォンでした。フラッグシップキラーというネーミングの通り、これまでのUMIDIGIスマートフォンとは一味違う「ハイスペック感」のあるスペック構成となっています。

UMIDIGIはUMI時代にもUMI X1という機種を発売していたことがあり、原点回帰と思わせるネーミングです。

UMIDIGI Xの後継機の登場で、Xシリーズとして定着していくことを期待しましょう。

UMIDIGIと日本

日本のユーザーに向けて日本語の商品紹介動画をアップロードするなど、同社は確実に日本というマーケットを意識していることが分かります。

2018年にはUMIDIGI公式オンラインストアをAmazonにオープンし、われわれ日本人にとって安心して購入できる環境が整ってきています。グローバルを意識したUMIDIGIは、日本のバンドにも対応させることを徹底しており、日本のユーザーへの人気の理由ともなっています。

当然ながらAmazonに出品されている商品の全てが技適認証を受けています。

Xiaomiやvivoなどの世界的に知名度のあるメーカーが日本市場で勝負するとしても、国内で存在感を少しずつ見せているUMIDIGIは良いバトルを繰り広げるに間違いありません。

デザインの歴史 ₋ UMIDIGIデザインの定着には時間が必要

UMIDIGIスマートフォンのデザインですが、業界の流行を取り入れたものが多い傾向にあります。

過去の機種はどれもデザインがバラバラというのが問題でした。厳しい言い方をすると、ロゴを隠したら同じメーカーの製品と分からないほど、統一性のないデザインだったのです。

2018年ごろからはラインナップにもデザインに統一性が見られるようになりました。その一方で、ライバルメーカーの製品のデザインとそっくりであることも珍しくありません。2019年のフラッグシップモデルであるUMIDIGI XはHuaweiのグラディエーションデザイン(参考: Huawei Y9s)を完全に模倣しており、オリジナリティには欠けているでしょう。

UMI ROME

UMIDIGIという名前へ変わる前のUMIブランド時代のスマートフォンです。

背面のバックパネルは曲線を描く形状が特徴的で、デザインと持ちやすさの両方を考えれていることが分かります。折り曲げにも強い特殊な素材が使われていました。

UMIDIGI C Noteで現在のUMIDIGIロゴへ

UMIDIGI C Noteでは、これまでのUMIからUMIDIGIへロゴの変更が行われました。

iPhone 6シリーズを意識したようなマッド調にラインの入ったバックパネルが特徴的でした。

UMIDIGI Crystalでベゼルレスの流行に合わせる

UMIDIGI Crystalはベゼルレスのディスプレイを採用しており、デザイン性に優れた仕上がりとなっていました。良くも悪くもUMIDIGIらしさが無いデザインでした。

デザインだけでなくコストパフォーマンスにももちろん優れており、発売当時はUMIDIGIの人気機種でした。残念ながら、この機種のデザインは後継機種に引き継がれることはありませんでした。

UMIDIGI Sではオリジナリティが出てくる

UMIDIGI Sなどの機種から、UMIDIGIらしいオリジナリティがデザインに見られるようになりました。バックパネルはマット感のあるものとなっており、高級感も感じられます。UMIDIGI S時代のデザインは後継機種にも引き継がれています。

UMIDIGI Z2 / Z2 ProでHuawei風グラデーションの採用

UMIDIGI  Z2 / Z2 ProではHuawei P20風のグラデーションを採用しました。その後もその動きは変わらず、後に登場したUMIDIGI XではP30風のグラデーションパターンを採用しています。

UMIDIGI S3 Proではセラミック素材を採用

UMIDIGI S3 Proは過去最高のデザインだったと言えるでしょう。背面のバックパネルはセラミック素材でできていることが特徴で、カラーデザインもダークシルバーにゴールドのロゴが高い評価を受けました。UMIDIGI S3 Proですが、48MPのSONY IMX586センサーを採用しており、カメラ性能にも妥協がありませんでした。

コスパの良さは有名

コストパフォーマンスを重要視するユーザーにとって、UMIDIGIのスマートフォンはとても良いチョイスでしょう。

1万円台から2万円台の機種を多く揃えているUMIDIGIですが、どの機種もカタログスペックを比較した際のコストパフォーマンスはとても良いです。

例 UMIDIGI X  vs Xiaomi Mi A3

例としてこの二機種のコストパフォーマンスを比較してみます。

UMIDIGI XXiaomi Mi A3
価格約27000円約30000円(64GB)
生体認証機能インディスプレイ指紋センサー搭載インディスプレイ指紋センサー搭載
チップセットHelio P60Snapdragon 665
内蔵メモリ(RAM)・内蔵ストレージ(ROM)4GB・128GB4GB・64GBもしくは128GB
カメラトリプルカメラトリプルカメラ

この比較だけを見れば、UMIDIGI Xも大手ライバルメーカーのスマートフォンと良い勝負をできていることが分かります。ここではカメラ性能やデザインなどは考えていません。

以上の特徴のみならず、AMOLEDディスプレイや48MPカメラセンサー、18W高速充電などのポイントも抑えているのがUMIDIGI Xです。

日本国内で比べたらコスパはトップレベルになる

上の比較は海外向けスマートフォンとのものです。日本国内向けのスマートフォン同士で比べた場合、UMIDIGIのスマートフォンの相対的なコスパはさらに優れています

日本国内のスマートフォン市場でコスパを評価されているのは、やはりHuaweiとOPPO。しかし、SIMフリースマートフォンというジャンルだけに限って言えば、UMIDIGIは一定数のファンを獲得できる可能性を秘めたメーカーだと感じます。

UMIDIGIを大手メーカーと呼ぶには早いだろう

ここ数年で着実にマーケット内での存在感が大きくなっているUMIDIGI。とはいえ、2012年からビジネスを始めたといえど、同社を大手スマートフォンメーカーと呼ぶにはまだ早いでしょう。

世界スマートフォンマーケットシェアや出荷台数などのデータを見ても、UMIDIGIの名前を見ることはありません。大手メーカーと呼ぶための明確な基準が存在するわけではありませんが、知名度からマーケットシェア、カスタマーサポートなど様々な面で成長していく必要があります。カタログスペックの割には実際の撮影写真が見劣りするカメラ性能、ソフトウェアの完成度についても改善の必要があるでしょう。

確実に言えるのは、UMIDIGIは順調に成長している途中であるということです。これからの商品ラインナップに期待しましょう。

世界から見ればマイナーな日本の周波数帯にも広く対応し、技適取得で日本のユーザーに広く受け入れられたUMIDIGI F1のヒット以来、...
Sponsored by UMIDIGI 大容量バッテリ搭載のUMIDIGI Power 3が11月11日に発売されます。 ...

フォローする

Writer

Sekey
コロナでさびしいのでTwitterでたまにつぶやくことにしました。 Twitter @STelektlist

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. シャオミバンザイ 2019.11.30 19:21 ID:7a6179a8b 返信

    Mi A3は660でなく665です
    インドとかでは1万円台です

    • telektlist管理人 2019.11.30 22:17 ID:15eb8233f 返信

      失礼しました、修正済みです。

  2. 匿名 2019.11.30 19:32 ID:1f35c7cbe 返信

    コスパもxiaomiには勝てないしカメラもチューニングが甘い。Aシリーズはいいと思うけど。

  3. 匿名 2019.11.30 20:05 ID:4ab541cb6 返信

    UMIDIGIはカメラがダメだし、Xの中途半端さは酷かったな

  4. 匿名 2019.11.30 20:17 ID:013f742fe 返信

    UMIDIGIはF1、A5 PRO、Xと買ってきましたが全て内部ストレージ化できる端末なのがありがたい。
    Xiaomiはコスパ高いけど内部ストレージ化できないからなかなか手が出せないのですよねー…
    最低でも512GBは確保できないと安心して使えない人なので。
    あとUMIDIGI Xは解像度が低いおかげで他の同性能端末と比べて3Dゲームが軽快に動くのがいいですね。
    指紋認証も自分の端末は精度が良いですし大満足です
    F2がAmazonにきたら買います

    • 匿名 2019.12.01 01:17 ID:ad56be684 返信

      できるけどね

      • 匿名 2019.12.01 07:58 ID:7921c1584 返信

        MIUIを搭載していない端末なら可能みたいですね
        あまり魅力的に感じない端末なので次のandroid one端末に期待します

  5. 匿名 2019.11.30 20:19 ID:bc05903b1 返信

    umidigi製品について、
    少なくともカメラはカタログ詐欺だと断言できる。

  6. 匿名 2019.11.30 21:13 ID:b97643783 返信

    ソフトの作り込みやカメラ性能を含めると、Xiaomiスマホのコスパが劣ってるとは思わないなぁ

  7. 匿名 2019.12.01 00:57 ID:7d3864b22 返信

    値段の割にスペックが高くて技適もある 買いたくなる要素はあるんですよね 

    ただカメラ周り中心にソフトウェアは明らかに弱いからなあ xiaomiなんかとは歴然とした差があるし 

  8. 高丸大 2019.12.01 01:09 ID:867092d23 返信

    いつか天下のUMIDIGIになるに違いありません。

  9. 匿名 2019.12.01 01:30 ID:22ef37643 返信

    安かろう悪かろうのイメージしかない

  10. 匿名 2019.12.01 02:31 ID:d225ee252 返信

    UQだからバンドの多さが助かる(大事)
    公式じゃ駄目だけと使えるって話で来てるが
    新型F2だと対応してるっぽいから期待してるよユミデジ

  11. 匿名 2019.12.01 04:30 ID:2731a6455 返信

    文中に度々出てくる”UMIDIGIらしさ”って何を指しているのでしょうか。
    各ベンダーから提供されたパーツを組んで売ってるだけのメーカーにそもそも”らしさ”があるのかな。

  12. 匿名 2019.12.01 07:27 ID:40dfd417c 返信

    AliExpressでF2を購入した人が2万人を超えるのに商品が届いた人は殆どいない。ベンダーへの問い合わせにも返事がない。日本だったら詐欺で訴えられる会社!

  13. 匿名 2019.12.01 09:10 ID:0619ccf2d 返信

    UMIDIGI F1の技適認証が遂に総務省データベースに引っかかるようになってますね。法的に何ら問題ないのは間違いないです
    総務省のデータベースへの記載は技適認証取得後すぐ行われるのではなく半年以上のズレがあるので本当に技適取ったのか疑う人も居ました
    マイナー中華メーカーはスペックシートでよく嘘つくので私も本当に技適取ったのか疑っていました

  14. 匿名 2019.12.01 09:39 ID:f9c9e7780 返信

    日本の技適は無くてもスマホに関しては普通に使ってれば捕まることはないから気にならないけどね。

  15. 匿名 2019.12.01 11:11 ID:5f183688f 返信

    人柱的メーカー、宝くじ並みの確率より当たりが無さそう
    故障しても対応してくれない(到着後50日で)

  16. 匿名 2019.12.01 11:43 ID:5dcaef2af 返信

    スペック上だけで判断するのは危険だゾ
    画面内指紋認証搭載だからといって良いって訳ではなく、認証精度や速度はどうなのって突き詰めなきゃね

    • 匿名 2019.12.01 18:49 ID:f9c9e7780 返信

      実際使ってみるとそのスペックが生かし切れてなかったりするからね。特にUMIDIGIはその典型で危険。明らかに他社に比べて不具合も多いし、ここだけは本当にお勧めできない。

  17. 匿名 2019.12.01 15:21 ID:0f3cc38e0 返信

    Dimensity1000を積んだ激安機種を出してもらいたい。

  18. 匿名 2019.12.01 22:11 ID:2865e48c1 返信

    なんと言うか『コスパ最優先!!』しすぎて「違う、そうじゃない」ってなってる印象しかないな~

  19. 匿名 2019.12.02 14:27 ID:197128cd0 返信

    ハードコスパは見た目最強!
    ソフト開発がおいついたら、ウミディジ最強!!なんだけど、そこに開発費入れたら他社とコスパ変わらなくなる予感

  20. 匿名 2020.06.02 02:24 ID:b3b2c6d0f 返信

    今更だけど

    >iPhone 6シリーズを意識したようなマッド調にラインの入ったバックパネルが特徴的でした。

    マット(mat)調だろ?

    生産単位のロット(lot)をロッドだと思い込んでる人はたまに見かけるけどね