Honor MagicWatch 2が来月発売【電池持ち2週間】

Huawei傘下のHonorが、Honor MagicWatch 2を発表しました。

14日間(2週間)持つバッテリーを搭載し、フィットネス・ヘルスケア機能を強化した一台。5気圧防水に対応しており、プールでの活用も想定した仕様となっています。

主な仕様

本体はステンレススチール製で、サイズは46mm・42mmの2種類が用意されています。46mmモデルは1.4インチ、42mmモデルは1.2インチのディスプレイを搭載。どちらのディスプレイも、画素密度326ppiの有機EL製です。

チップセットはKirin A1を採用。Bluetoothによるペアリング性能は、スマートフォンが150m離れていても電話に応答できるレベルとのこと。

公称14日間持つというバッテリー(46mmモデル)は、使用条件として毎週90分間のGPSトラッキング・30分間の音声通話(Bluetooth経由)・30分間の音楽再生を想定しています。
42mmモデルは、バッテリー持続が半分の7日間程度となるようです。

フィットネス・ヘルスケア機能

Honor MagicWatch 2のセールスポイントとされているのが、フィットネス機能です。

ワークアウト時の走行距離・スピード・消費カロリー・心拍数はもちろん、防水性を活かしてスイム時のSWOLFスコアも計測可能。
SWOLFスコアは泳ぎの効率性を可視化した数値で、スイムタイムとストローク数の合計です(この値が低いほど、効率的に泳げているということになります)。

防水性を活かし、スイム時の使用も想定

日々の生活におけるヘルスケア機能も充実しています。
たとえば心拍数の場合、異常な心拍数を感知するとアラートが作動します。持ち主の大きなストレスを判断すると、深呼吸を行うよう通知するユニークな機能も実装。
また、睡眠をトラッキングし、眠りを改善するためのアドバイスも受けられるとのことです。

販売情報

左から、46mmモデルのチャコールブラック・フラックスブラウンと、42mmモデルのアゲートブラック・サクラゴールド

12月12日のグローバル発売が予定されています。

予想価格は、アゲートブラック(42mm)が1,099元(約17,000円)。そして、チャコールブラック(46mm)が1,199元(約19,000円)です。
また、高級感のあるフラックスブラウン(46mm)とサクラゴールド(42mm)が、ともに1,399元(約22,000円)となっています。

Source: GSMArena

フォローする

Writer

早川あさひ
ミニマリスト的な思考が強く、シンプルな暮らしを信条としています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.12.02 08:20 ID:b80486f47 返信

    画像のはhuawei watch gt2っぽいけど同じ時計なの?

    • 匿名 2019.12.06 21:13 ID:41eba35cc 返信

      写真間違ってないですよ。特に42mnの方で違いが大きいからよく確認してみて。

      睡眠管理の精度はこのお値段にしては望外に高いですし必要充分な機能が揃ったいい時計だと思います。
      ただ42mmのステンレスモデルは継続してほしかった。今使ってますが、スーツでつけても全く違和感なく馴染みます。