TSMCがHuaweiのKirinチップを今後も生産し続けると明言

Huaweiは、トランプ大統領による取引制限措置により、Google、Intel、Qualcommといった米国の主要IT企業との取引ができなくなりました。HuaweiはGoogle系のアプリや米国製チップセットが今後使えなくなる絶望的な状況です。

このような状況の中、台湾TSMC社のElizabeth Sun氏は、他社がHuaweiとの取引をやめるとしても、我が社はHuawei傘下のHiSiliconにKirinチップを提供し続けると明言しました。

Huaweiは何とか難を免れる

TSMCは高い技術力を誇る世界最大の半導体製造ファウンドリ。これまで、Huaweiのチップ生産を一手に引き受けてきました。

チップ生産で懸念点となっていたのは、Softbank傘下のARMのHuaweiに対する取引停止措置です。ARMはスマホにおけるCPUのチップの設計でほぼ独占的な立場を確保しています。

BBCの報道によると、英国を拠点とするARMはファーウェイとの取引を中止するよう社内文書で指示を出したようです。米国による規制への対...

TSMCは、ARMとの取引がなくなっても、Kirin 985を含む現在すでに生産しているチップは引き続き生産できると述べています。また、もう一世代先のチップに関しても生産できる可能性があるとも言っています。

ARMも同様に、Mate 30に搭載される予定であったKirin 985の生産は今回の取引中止の影響を受けないとBBCに伝えています。

夏以降の標準版アンドロイドの搭載が難しくなったHuaweiにとって、搭載ソフトウェアをどうするかという課題は残りますが、スマホ本体の生産面では何とか難を免れたことになりました。


チップを製造するTSMCがHuaweiとの取引継続を表明しても、Huaweiにとっては大ピンチであることに変わりはありません。

将来のサポートに不安から、中国国内を除いた各国の小売店ではHuawei製品の取扱を中止し始めています。日本でもキャリアや家電量販店ではHuaweiの新型モデルの予約や発売が中止されました。

スマホ好きのユーザーとしては一刻も早くHuaweiと米国政府の両者で解決してほしい問題ですが、長期化の様相を呈しています。

GoogleはHuaweiとの取引を中止しました。これによりHuaweiはGoogle PlayなどGoogleのソフトウェアサービ...
米国の制裁でHuawei、大ピンチです。 Googleがトランプ大統領によるファーウェイに対する禁輸措置を受けて、Hu...

Source : Reuters

フォローする

Writer

Yusho Nakayama (旧Mo)
コメント見てますので安心してください。Moって読みづらくね?と思って名前を使うことにしました。どっちで呼んでも大丈夫です。 2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系大学生。telektlistでは珍しいiOS派。 Twitter: @yushonakayama Instagram: @yushonakayama

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.25 00:46 ID:6fb3c3feb 返信

    TSMCが制裁対象に加えられたりして・・・

    • 匿名 2019.05.25 03:41 ID:52eeb7175 返信

      スナドラ855もA12もここが作ってるからさすがにそれはないと思いたい
      7nmプロセスのチップ安定供給できるのってここしかないよね多分

  2. 匿名 2019.05.25 01:12 ID:bce309e74 返信

    そうなったらiphoneが品薄になりそう
    ぺガトロンだけじゃ全量供給できないでしょ

    • 匿名 2019.05.25 01:27 ID:9c8301cac 返信

      FOXCONNとTSMCを間違えるガイジ