【コラム】Xiaomiが端末増産に苦戦、ODM生産の限界?

Xiaomiは新しいスマートフォン端末を開発するたびに、その供給に苦労しています。

特にXiaomi Mi 9の限定セールを行ったときなどは、端末の到着まで数週間も待たせることに。これには多くのユーザーに少なからず不満を感じさせました。

Xiaomiが品薄商法を行っていたことは今や昔。それなのに、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

その原因のひとつは、ODM生産にあります。今記事では、「ODM生産について」や「Xiaomiを含め、各メーカーの生産体制」について解説します。

そもそもODM生産とは

ODM生産(Original Design Manufacturers)は、製品の設計から製造までを委託する生産方式です。

一連の流れは以下のよう。

  1. 自分のブランドで何かの製品を作りたい場合、それをODM会社に依頼
  2. ODM会社はその製品の全体的な設計、製造を行う
  3. 最終的に、自社のブランドとして販売

例えば、日本ではNTTドコモ、au、ソフトバンクの名で様々なスマートフォンを販売していますよね。

しかし、実際にその端末を設計・製造しているのはソニーやサムスンなわけです。これはODMの代表例と言えるでしょう。

ODM生産のメリット

このODM生産では、自社で工場や土地などを用意する必要がありません。そのため、売れ行きが良くなかった場合のリスクを低減することができます。

また、製品の量産に関するノウハウもいりません。そのため、新興ハードウェア企業でもODM生産を活用することで急速に事業を拡大できます。

日本での事例として、2012年起業のベンチャー企業が発表した「FREETEL」は、ODMを活用して販売を拡大。倒産してしまいましたが、一時期はCMでもたくさん見かけるほど売上を伸ばしていました。

XiaomiはODM依存度が高い

上図はスマートフォンメーカーのスマホ生産量に占めるODM依存度です。

これを見ると、XiaomiはODMへの依頼が全体の75%と、かなりの割合を占めていることが分かります。

依頼先のHuaqin、Wingtech、LongcheerといったODM企業は、現在市場でトップ3といえる企業で、スマートフォン生産の経験を豊富に持っています。しかし、そのような企業でも、需要の急増に対応して生産調整することは困難です。

実際、2018年の第一四半期に2780万台だったXiaomiスマホの出荷台数は、2019年の同時期には2500万台に減ってしまっています。

逆の戦略を取るvivoの成功例

上図を見ると、HUAWEIなどの主要メーカーは、多くても20%くらいしかODM生産を行っていないことが分かります。

この点で最も極端なのが、vivoというスマホメーカー。ODM活用0%と、「完全自社設計・自社製造」を実現しています。

vivoは以前OPPOと同じ会社の傘下に所属しており、現在では「世界シェア5位」に急上昇。OPPOのライバルメーカーと言えるでしょう。

vivo躍進の影には、この「完全自社設計・製造」があると言われています。vivoの端末の1つであるIQOOが最初の供給不足になった時、すぐに自社工場と連携をとり、供給を修正することができました。

vivoを含め、各社初期投資はかなりの額だったかもしれませんが、結果として生産のフレキシブル化・安定化につながっています。

写真はvivoの自社工場

増産に苦戦することはXiaomiの宿命

Xiaomiを含め、各メーカーの生産体制には個性があります。どれが良いというわけではありませんが、設計と生産の効率性を追求してコストを抑え、低価格モデルを発売するXiaomiにとって生産の硬直性は宿命なのかもしれません。

2010年に創業され、年間販売台数1億台にまで成り上がったXiaomi。開発・生産体制の転換期が来ているのでしょうか。

Xiaomiの新型フラッグシップフォンとして今年のはじめに登場したXiaomi Mi9とその兄弟機であるXiaomi Mi 9 SE...
アメリカに本社を置くIT専門調査会社IDCが発表したレポートで、2019年Q1のスマートフォンマーケットのメーカー別世界シェアが明らかになり...

Source: GIZMOCHINA

フォローする

Writer

youamound.K
駆け出しライター。現在の愛機はOneplus6。去年の11月に38000円と格安で購入でき、とても気に入っています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.24 21:28 ID:a77eb9555 返信

    自社生産でも簡単に増産できるわけじゃないからね
    むしろ自社生産の場合のほうが、リスク・リターンを考慮する分増産に苦慮する場合もある

  2. 匿名 2019.05.24 22:43 ID:a2338af98 返信

    売れすぎて量産出来なくなるって今のご時世凄い事だよ、Mi9安定して供給出来るよう頑張って欲しい
    PocophoneF2も期待してるよ

  3. 匿名 2019.05.26 13:32 ID:25c2b0502 返信

    poco F2より実質それのK20がproと同時にどうなるか超心配…生産が間に合わないだけに値段の釣り上げの可能性もあるし、Xiaomi系列だけど子会社なのかブランド名を分かつRedmiの生産体制も疑問