SIMフリーiPhoneがついに家電量販店で販売開始【今日から】

ただし一部店舗でのみです。

ビックカメラとヨドバシカメラは、11/22(金)よりSIMフリー版iPhoneの取り扱いを始めることを発表しました。これまでApple Store及びオンラインストアでのみ販売されていたSIMフリー版iPhoneですが、ついに家電量販店でも販売開始となります。

取扱店は4店舗、Apple Storeと同じ品揃え

ただし、すべてのビックカメラ、ヨドバシカメラで販売されません。具体的な取扱店は以下のとおりです。

  • ビックカメラ有楽町店
  • ビックロ ビックカメラ新宿東口店
  • ヨドバシカメラマルチメディアAkiba
  • ヨドバシカメラマルチメディア梅田

取扱店はそれぞれ2店舗と少なめの印象です。はじめての取り組みなので慎重に始めているのでしょうか。

また、購入できるiPhoneのモデルは以下のようになっています。

現行で販売されているSIMフリー版iPhoneと同じラインナップとなっています。なお、Apple Store同様にiPhone Xは販売されませんのでご注意ください。

ポイントが利用できるのが最大のメリットか

家電量販店でSIMフリーiPhoneが取り扱われる際の最大のメリットはポイントでしょう。

どれぐらいの比率でポイントが付くかは不明ですが、現時点でiPadは1%のポイントが付きます。もし、iPhoneでも同じ比率でポイントが付くのであれば、iPhone 11であれば800円分のポイントが付くことになります。

また、ポイントの消費にももってこいです。ビックカメラ、ヨドバシカメラともに定価よりも高めに販売し、10%のポイントを付けて販売しています。ポイント利用決済ではポイントが付かず、その分だけ損してしまいますが、定価販売でポイント1%しかつかないSIMフリーiPhoneはポイント消費に最適です。

また、スマホ決済が利用できるのもメリットとなります。Apple StoreではクレジットカードやiD、QUICPayといった電子マネーが利用できますが、PayPay、LINE PayといったQRコード決済は利用できません。これらのスマホ決済でもポイントが貯められるのでQRコード決済ユーザーにとっても嬉しいですね。

みなさん、QRコード決済使っていますか? 10月に入り、消費税増税に伴う政府のキャッシュレス還元(5%)が開始されました。もち...

両社で3000円分お得に買えるキャンペーンを開催中

SIMフリー版iPhone取扱開始と同時に両者でキャンペーンが開催されます。

ビックカメラではSIMフリーiPhoneを残価設定型ローン「iPhoneアップグレードプログラム」で購入できます。これは、24回分割でiPhoneを購入し、2年後にiPhoneを下取りに出すことで2世代あとのiPhoneを引き続き利用できるものです。今年中に同プログラムを使って購入すると、3000ビックポイントがもらえるキャンペーンを開催しています。
また、ヨドバシカメラでは、11月22日から12月8日まで、iPhone 6s 以降のiPhoneを下取りに出すと3000円増額するキャンペーンを開催しています。


ついに家電量販店での販売が解禁されたSIMフリー版iPhone。これを機にお得にiPhoneを購入してみてはいかがでしょうか?

つい先日お祭り騒ぎになっていたiPhone 11シリーズの発表、発売から約1週間立ちました。 筆者は発売日当日にiPhone ...
先月、Appleから史上最強のiPhone、iPhone 11シリーズが発表されました。 iPhone 11シリーズのベーシッ...

Source : ビックカメラヨドバシカメラ

フォローする

Writer

Yusho Nakayama (旧Mo)
コメント見てますので安心してください。Moって読みづらくね?と思って名前を使うことにしました。どっちで呼んでも大丈夫です。 2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系大学生。telektlistでは珍しいiOS派。 Twitter: @yushonakayama Instagram: @yushonakayama

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.11.23 08:37 ID:6130bd13a 返信

    神ってる

  2. 匿名 2019.11.23 09:46 ID:868987830 返信

    〜アップグレードプログラムは絶対使わない方がいい。
    普通に買取出した方が得。