【速報】Redmi K20 Pro正式発表。注目の価格は3万9000円から!

本日午後14時、Xiaomiは北京大学体育館でRedmi K20フラッグシップ新製品発表会を開催し、Redmi K20シリーズを発表しました。telektlistでは、注目のハイエンドキラー2.0Redmi K20 Proについて詳細をお伝えします。

無印のK20についてはこちらの記事を御覧ください。

Xiaomiは本日、Redmi K20シリーズを発表しました。処理能力と価格のバランスの取れた、コストパフォーマンスに優れるモデルで...

Oneplus 7 Proへの刺客

昨年のベストスマートフォンといえば、Oneplus 6Tを挙げるメディアが多かった一方、OnePlusキラーと呼ばれたXiaomiのPocophone F1のコスパの良さを称賛するメディアも数多く存在しました。

今年、XiaomiがそのPocophoneに代わって、Oneplus 7 Proへの刺客として周到に準備してきたのが、Redmi K20 Proです。Xiaomiは Redmi K20 Proが他社のハイエンドモデルや、己自身(Mi 9でしょうか?)をもKOすると挑発しています。

発表会では露骨に他社のフラッグシップモデルを引き合いに出し、優位性をアピール

基本的なスペック

Redmi K20 Proのチップセット(Soc)はハイエンドなSnapdragon855。

メモリ(RAM)とストレージの構成は6 + 64GB、6 + 128GB、8 + 128GB、8 + 256GBの4ラインナップとなっています。

ディスプレイは有機EL

ディスプレイは6.39インチAMOLED(有機EL)で、解像度は1080 x 2340ピクセルのフルHD+。第7世代のディスプレイ内指紋センサーを内蔵。ノッチレスのフルスクリーンで、画面本体比は91.9%。明るい場所でも見やすい輝度600nitsです。

トリプルカメラ

前面カメラはポップアップ式でF値2.0の20MP。背面カメラは、F値1.75で48MPのSony IMX586センサーとF値2.4で13MPの超広角レンズ、F値2.4で8MPの望遠レンズのトリプルカメラ構成となっています。前面カメラは0.8秒でポップアップし、落下自動検知で収納されます。

AIによる手ブレ補正やレーザーフォーカスをサポートし、三脚を使うことなく手持ちで美しい夜景を撮影できるとのこと。

動画は960fpsの超スローモーションビデオ録画をサポート。

前面カメラはオールラウンド・ビューティー機能搭載。中華スマホの例に漏れず、自撮りを自動補正してくれます。

Antutuベンチマーク・ゲーミング機能

Xiaomiの社長兼共同創設者であるLin Bin氏はプロモーションとして事前にAnTuTuベンチマークを公開。458754ポイントという異常値のスコアを見せていました。

Xiaomiの社長兼共同創設者であるLin Bin氏はAnTuTuベンチマークにおけるRedmi K20のスコアを公開。なんとRed...

今回の発表では常温時でのスコアは388803ポイントであるとし、常識の範囲内に下方修正しています。

ゲームモードとしては、Xiaomi Mi 9などで採用されてきたGame Turboを進化させた「Game Turbo 2.0」を搭載。ゲームのレンダリング負荷に連動し、CPUクロック周波数を動的に調整することでパフォーマンスを向上させます。

その他、Redmi K20シリーズにはゲーミングスマホBlack Shark用のゲームパッドが取付可能とのこと。

サウンド

独自のMI SOUNDでHi-Fi音声品質をサポート。また、Hi-Resオーディオプロトコルに対応。スピーカーは大音量です。

寸法・充電など

本体サイズは156.7mm x 74.3mm x 8.8mm。重量は191g。

バッテリーは4000mAhで27Wの急速充電に対応

ヘッドホンジャックが無くなっていないのは嬉しいポイントです。

デザイン

背面はガラス素材で、3D四曲面仕上げです。光があたる角度によって異なる色合いと模様を描き出します。

先月発表されたLenovo Z6 Proも同様の3D四曲面ガラス仕上げでした。いま流行の仕様といえるでしょう。カラーはレッドとブルー、ブラックの3色です。

価格

6GB + 64GB:2499元(約3万9000円)

6GB + 128GB:2599元(約4万1000円)

8GB + 128GB:2799(約4万4000円)

8GB + 256GB:2999元(約4万7000円)

販売時期

現地での発売日は6月1日。潤沢な在庫があるとしています。グローバル版の発売時期などは不明です。

まとめ

昨年インド向けに発売されたPocophone F1は、6GB + 64GBが発表時20999インドルピーで、当時のレートで約3万4000円でした。Redmi K20 Proの約3万9000円という価格はわずかに及ばないものの、背面が樹脂製だったPocophone F1と比べ3D四曲面ガラスで高級感があります。

ポップアップカメラ採用によるノッチレスでAMOLED、カメラ性能も向上していることから、コストパフォーマンスは圧倒的といえるでしょう。

発表会ではRedmi 7Aの価格も発表されています。

Xiaomiは本日Redmiブランドの発表会を行い、エントリーモデルRedmi 7Aの価格を発表しました。スペックは前モデルのRed...

Source:ithome

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.28 17:10 ID:2c742ec43 返信

    悩ましい……、この分だとMiMixの後継も良さそうだなあ
    グローバル版の仕様が気になる

  2. 匿名 2019.05.28 17:14 ID:62faeaddb 返信

    中国では6月1日午前10時からですね。
    https://m.weibo.cn/detail/4376943740331302

    • akika 2019.05.28 17:20 ID:5475becdb 返信

      ありがとうございます。修正しました。

  3. 匿名 2019.05.28 17:16 ID:7b6c2d26d 返信

    安すぎて草 伊達にフラッグシップキラー名乗ってませんわ

  4. 匿名 2019.05.28 17:29 ID:785f5bfd1 返信

    これで技適マークがあればなぁ…。

  5. 匿名 2019.05.28 17:31 ID:35ab30436 返信

    グロ版は当然の如く同時発売じゃないのか…

  6. 匿名 2019.05.28 17:44 ID:2c742ec43 返信

    大学の体育館で発表するんだな
    学生へのアピールになるね。値段的にもメイン層だろうし

  7. 匿名 2019.05.28 17:52 ID:f2922b957 返信

    mi9が4万円台前半で買えるようになってきて最小構成でも流石にそれは下回らんだろうと思っていたのに、恐らくグローバル版でトントン。そしてノッチレス、しかも以外と左右のベゼルも太くなさそう。arcore公式対応端末にもなりそう・・・頭おかしいんじゃないですか!!・・・・・・・はい買わせていただきます。

  8. 匿名 2019.05.28 18:41 ID:db545e3ab 返信

    oneplus7に正面からぶん殴りに行くだけの性能とコスパだな…
    日本進出してくれれば…

  9. 匿名 2019.05.28 18:53 ID:f07069e4d 返信

    band19対応しないかなぁ

  10. 匿名 2019.05.28 19:05 ID:fe3dbfed8 返信

    いやMi 9より性能いいやん
    Mi 9より安いやん
    ただでさえ強いMi 9を買う意味を無くさせるくらいの完成度エグすぎwww

    • 匿名 2019.05.28 19:21 ID:35ab30436 返信

      紫グロ版の安売り狙っていたらこれですよwww

  11. 匿名 2019.05.28 19:42 ID:50190cb73 返信

    いやこれは買いますわマジで

  12. 匿名 2019.05.28 21:13 ID:4ae8ae127 返信

    これPocoF1以上に爆売れするんじゃね?
    他社のフラッグシップ機買うのすら馬鹿らしくなる

  13. 匿名 2019.05.28 21:58 ID:f12b3942b 返信

    プラ仕上げをガラスにしてこの値段って逆にどこ削ったんか気になるわ

  14. 匿名 2019.05.29 09:23 ID:b9ae6c639 返信

    Pocophone F1持ってるけど買い換えようかな。

  15. 匿名 2019.05.29 09:31 ID:61ae6bc9b 返信

    色はカーボン黒もあり、全3色です。

  16. 匿名 2019.05.29 09:45 ID:61ae6bc9b 返信

    同時発表したK20は730搭載で、価格が1999元、3万円ちょっとです。
    カメラ性能以外は、ほぼPro版と同じ構成です。
    バッテリも同じく4000で、Pro版の855より長持ちしそうです。

    • 匿名 2019.05.29 22:55 ID:8ca1c003a 返信

      紹介記事に別途無印の方の紹介記事もあるのに紹介をぶつけてくるってなにがしたいん?

  17. 匿名 2019.05.29 10:24 ID:34e3bf0d4 返信

    もう他のスマホが目に入らんわ

  18. 匿名 2019.05.29 13:58 ID:03b925b4c 返信

    ぐぐるとSDサポートって書いてるとことnonって書いてるとこがでてくるな

    • 匿名 2019.05.29 15:15 ID:d6d5e8639 返信

      公式のスペック表に書かれてないってことはN/Aでしょう(大陸版)

  19. 匿名 2019.05.29 17:01 ID:282d2ec79 返信

    スナドラ855で4万円代かー期待通りだわ

  20. 匿名 2019.05.29 17:53 ID:396a1789f 返信

    バンド19に対応してくれるかが全てだなー

    • 匿名 2019.05.29 20:53 ID:d6d5e8639 返信

      SB系のSIMが1枚あればOK

  21. 匿名 2019.05.29 21:19 ID:1d138a7aa 返信

    こりゃ日本メーカーは歯が立たんな
    で、ドコモで使えりゃ即買いだな

    • 匿名 2019.05.30 22:43 ID:a1be5ebe1 返信

      逆立ちしたって絶対に勝てない(笑)

      日本で同じ物作ったらマジで倍以上の値段になるよ…

  22. 匿名 2019.05.29 23:00 ID:8ca1c003a 返信

    でも冷静に考えてみれば、社長の以前のantutuスコア掲載の45万超えの点でクールダウンの現実的な38万超えって点差が5万点以上も離れ過ぎなのは、社長きってのブーストやスコア偽装をした証左になるんじゃなかろうか……

    • 匿名 2019.06.01 11:50 ID:3330d15c1 返信

      別にその時がブーストしてたとしてもSnapdragon855積んでる事実は変わらんしどうでもいいわ

  23. 匿名 2019.05.30 07:40 ID:b6d2886c7 返信

    仮にグローバル版出てもドコモ駄目なんだろうな

  24. 匿名 2019.05.30 10:21 ID:cd10b17ee 返信

    MicroSDは結局使えないんかな

    • 匿名 2019.05.30 22:43 ID:a1be5ebe1 返信

      非対応やね

      • 匿名 2019.05.31 15:26 ID:6d9e36b26 返信

        あーんマジかぁ

        • 匿名 2019.05.31 17:08 ID:b58ac3105 返信

          本当にそこだけちょっと勿体無いよね
          microSDってもう要らない子なのか不安になる

          • 匿名 2019.06.01 11:49 ID:3330d15c1

            どうしても使いたかったらUSB OTG利用すればmicroSD自体を使うことは出来るからなあ
            個人的には内蔵ストレージの容量が大きけりゃ必要性は低いわ

  25. 匿名 2019.05.31 18:19 ID:47d6fc50b 返信

    背面がダサいように見えるけど実物見ないとわからんね。案外きれいかも
    band19対応してなくても多分買うわ
    Pocophoneって名前だけはダサいから変えるか背面印字やめてほしい。Redmiでいいのに
    まあ変わってなくても買う、魅力が上回ってる