Xiaomi Redmi K20 Pro

image-source:gsmarena
  • 6.39インチ
    1080 x 2340
  • 48MP
    F値/1.8
  • 8GBメモリ
    Snapdragon 855
  • 4000mAh
    2.0 Type-C 1.0
Redmi K20 ProはXiaomiので、2019年6月に発売予定です。なお、日本では未発売です。6.39インチフルHD+ディスプレイを搭載し、厚さは8.8mm、重さは191gです。Snapdragon 855を搭載しており、トップクラスの処理性能を持つAndroidです。

スペック・性能詳細表

基本情報
名称 Redmi K20 Pro
別名 Poco F2, Pocophone F2, Mi 9T Pro
メーカー
Xiaomi
発売時期 2019年6月, 今月発売 , 日本では未発売
先代モデル Xiaomi Pocophone F1
ネットワーク
3Gバンド HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド LTE band 1(2100), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
ドコモ, ドコモ系mvno 4G band19 非対応 , FOMAプラスエリア3G 対応(例外あり)
au, UQモバイル auプラチナバンド 非対応 , au 3G(CDMA2000) 非対応
ソフトバンク, Yモバイル プラチナバンド Band8のみ対応
ネットワーク最大速度  HSPA 42.2/5.76 Mbps
ネットワーク備考 VoLTE
SIM  NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi  802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 6.39インチ, 有機ELディスプレイ
ディスプレイ解像度 1080 x 2340px (フルHD+), アスペクト比19.5:9
画素密度 とても高い(5cm離れる前にドットが識別できなくなる), 403ppi
ディスプレイ機能 Corning Gorilla Glass 5
サイズ 156.7 x 74.3 x 8.8mm , 画面占有率: 91.9%
重さ 191g
素材 ガラス
本体色 カーボンブラック, フレームレッド, グレイシャーブルー
システム
OS Android 9.0 (Pie) , MIUI 10
Soc Qualcomm Snapdragon 855
CPU Kryo 485 8コア, 2.84 GHz
GPU Adreno 640
ベンチマーク Antutu7: 388803,  最高レベルの性能スコア
Geekbench4.1 シングル:- マルチ: -
メモリ
メモリ(RAM) 6GB / 8GB
ストレージ 64GB / 128GB / 256GB,  microSDスロット無し
カメラ
メインカメラ  48 + 13 + 8MP, F値/1.8
トリプルカメラ, デュアルトーンLEDフラッシュ, レーザーAF, 2x光学ズーム
メインカメラ特徴  CMOS: IMX586 + S5K3L6 + OV8856
前面カメラ  20MP , F値/2.2
機械式ポップアップカメラ
動画  最大画素数: 2160p  最大fps: 960fps
機能・センサ
Bluetooth  Bluetooth 5.0, A2DP, LE, aptX HD
GPS  dual-band A-GPS, GLONASS, BDS, GALILEO
ネットワーク機能   NFC, FMラジオ
センサ類 画面内指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
防水   非対応
イヤホンジャック   あり
バッテリー
バッテリー容量  4000mAh
充電  27W急速充電(Quick Charge 4+)
ポート  2.0 Type-C 1.0
価格
現地価格 6+64GB: 2499元, 6+128GB: 2599元, 8+128GB: 2799元, 8+256GB: 2999元
円換算価格 約39000円
AliExpress.com Product - Original Xiaomi Redmi K20 PRO 6GB 64GB
その他
公式サイト https://www.mi.com/redmik20pro/
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

特徴・概要 - 新世代のフラッグシップキラー

Redmi K20 ProはPocophone F1の系譜を受け継ぐコスパモンスターです。

チップセットはAndroid史上最速のSnapdragon 855、トリプルカメラ、有機ELディスプレイと画面内指紋認証センサーを搭載し、価格は最安モデルでまさかの4万円切り。

プラスチック製だったPocophone F1とは違ってこちらは背面はガラス仕上げ。ある程度の高級感も期待できそうです。



本体のカラーバリエーションはカーボンブラック, フレームレッド, グレイシャーブルーの3色。赤と青が派手な分、落ち着いた色合いのグレーが万人受けしそうです。

レビュー募集中

実機レビューをRedmi K20 Proをお持ちの読者から募集中です。
1000円分のAmazonギフトカードを差し上げます。
興味のある方はこちらのフォームまで。

性能・ベンチマーク

Redmi K20 Proは、チップセット(Soc)がSnapdragon 855、メモリ(RAM)は 6GB / 8GBです。一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。
ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、の総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア: 388803

Redmi K20 Proは、2019年時点ではトップクラスの性能です。普段使いで処理が詰まることはほぼ無く、最新の3Dゲームも快適に遊べるでしょう。

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbenchシングルスコア: -
Geekbenchマルチスコア: -

対応バンド

ドコモ, IIJ,mineoDプラン等MVNO

LTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3に対応、 地下や郊外を担当するプラチナバンド(バンド19)には残念ながら非対応ですが、都市部ではほとんど支障なく十分使えます。

3Gはメインバンドのバンド1 には対応していますが、山間部や郊外をカバーするFOMAプラスエリア3G(バンド6,19)には対応しているかどうか不確実です。中華スマホの場合は、使用するために端末のプラスエリア化が必要となるでしょう。

au, UQmobile

LTEは主力となるプラチナバンド26,18のいずれにも非対応で、LTEの利用は非常に厳しいです。

3G回線はCDMA2000に対応しておらず、使用できません。
注意: au、au系mvnoは通信規格がやや特殊で、日本未発売の端末はバンドが対応していても繋がらない場合が多々あります。購入時は動作報告が既になされているかどうか確認することを強く推奨します。

ソフトバンク, ワイモバイル

LTEは全国区をカバーするバンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応。 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3Gはメインバンドの1 、プラチナバンドの8に対応しており、3G回線の必須バンドに全て対応しているので安心して利用できます。

注意: ソフトバンクは通常のAndroid用SIMだとSIMフリースマホが利用できず、マルチUSIMへの交換が必須です。日本未発売のスマホはマルチUSIMでも利用できません。現状海外スマホはiPhone用SIMのみで動作することに留意してください。

価格・購入先

Redmi K20 Proの 6GB/ 64GB 最小構成モデルの発売時の価格は日本円で約39000円です。購入時の参考にどうぞ。

現在、通販サイトでの購入が可能です。
Aliexpress: AliExpress.com Product - Original Xiaomi Redmi K20 PRO 6GB 64GB

格安SIMで今のスマホ月額料金を半分以下に抑えませんか?
関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.31 23:12 ID:a738a2a91 返信

    SDなしかぁ・・・はぁ・・・
    みんな大量の画像やら自炊本やらどうやって管理してるんだろう
    機種変の度に母艦から移してんのかな

    • 匿名 2019.06.01 12:02 ID:8705adb71 返信

      時代はクラウドやで

      • 匿名 2019.06.01 12:44 ID:c5504912c 返信

        64GBのSDでほぼいっぱいやのにクラウドで大丈夫なんかなと思ってしまう
        なんとなくSSDと同じで本体ストレージは空き容量できるだけ確保したい病で

    • 匿名 2019.06.01 12:11 ID:e22fa0933 返信

      SDなしはほぼ当たり前の時代ゾ

    • 匿名 2019.06.05 00:53 ID:12643fae3 返信

      NASなんてどうよ

  2. 匿名 2019.05.31 23:36 ID:fe9097f6a 返信

    顔認証なしじゃないの?

    • 匿名 2019.06.01 09:26 ID:787f38206 返信

      赤外線じゃなくて普通のインカメラの認証なのでは?

  3. 匿名 2019.06.01 20:38 ID:f994658ee 返信

    はいコスパ最強

  4. 匿名 2019.06.04 17:10 ID:131e89b84 返信

    防水じゃないからAXON10のが良いな。

    • 匿名 2019.06.06 14:58 ID:0cfac19c0 返信

      AXONええよな
      アメリカに目つけられてるけど

  5. 匿名 2019.06.05 21:14 ID:6cdc3b30c 返信

    XiaomiとRedmiを別ブランドとして分けたのは正解だな
    Redmiは怪物コスパ、Xiaomiは先進的な技術を開発する路線か

    今までは先進的な技術を求めるか、コスパを求めるかの境界線が曖昧になっていて、中途半端な端末が出来上がっていた感じが否めなかったけど、しっかり線引きをした事によって、コスパを求める層、性能を求める層の支持をそれぞれ集める事が出来ると思う

    既にコスパ支持層には高い評価を得ているけど、性能支持層には主にSumsungやHUAWEIに顧客を集められているから、先進的な技術を持った端末をXiaomiが開発し続ける事が出来ればその状態を崩せると思う
    価格帯費用が良いXiaomiなら開発予算に対する効果的な開発が出来るだろうしね

  6. 匿名 2019.06.06 13:24 ID:6baa91606 返信

    日本国内では、0-simのnuroモバイルのSIMは使えるでしょうか?

    • 匿名 2019.06.07 14:52 ID:04666f6ea 返信

      ドコモ回線なので普通に使えます
      但しプラチナバンド非対応なので地下鉄や郊外で繋がりにくいです

      0-simなら基本wifi運用だろうし問題ないでしょう

      • 匿名 2019.06.10 16:54 ID:036650e14 返信

        ご回答、ありがとうございました。

    • 匿名 2019.06.12 11:49 ID:d16ad43c6 返信

      追加報告です
      昨日やっと入手しました。
      0-simのnuroですが、名古屋の地下鉄では、問題なく電波を拾っています。

      • 匿名 2019.06.12 13:36 ID:f21b61229 返信

        いくらで入手出来ましたか?

        • 匿名 2019.06.13 14:17 ID:3953e09aa 返信

          6G+128Gで、2599元でした。(定価です)
          中国の友人に頼んで買ってもらいました。
          今は円高ですから、いい買い物でした。

  7. 匿名 2019.06.09 19:56 ID:c454c495b 返信

    HSPAマジ?

  8. 匿名 2019.06.12 18:33 ID:369480c04 返信

    LINEmobileのドコモ回線には対応してますかね?