iPad OSを搭載した新型iPadが5モデル確認される。信頼度は高め

「iPad」の画像検索結果

Appleは7月10日、ユーラシア経済委員会(EEC)のデータベースに5つの新型iPadを登録していたことが分かりました。

ユーラシア経済委員会へのデバイスの登録申請は、ロシアおよび一部の国々で暗号化されているデバイスを販売する際に法的に義務づけられているため、秘密主義のAppleも登録せざるを得ません。そのため、Appleの新製品が頻繁に確認されるデータベースとなっています。

今回登録されたモデル番号はA2068、A2197、A2228、A2230を含む5つのモデルです。それらは全て、9月にリリースされるiPad OSを搭載した未発表のiPadの可能性が高いでしょう。

6月4日未明に行われたWWDC19でiPad OSが発表されました。iPad OSはiOSをもとに作られており、iOSの基本的な機能...

また、直近のリーク情報で述べられている10.2インチの新型iPadが、先述した5つのモデルのうちの一つに当たり、今月中に量産開始されると予想されています。

10.2インチの新型iPadはiPad(第7世代)と名づけられ、2018年3月に発表された9.7インチiPadの後継機に当たるでしょう。本体サイズがやや大きくなり、ベゼルがスリムになることが期待されています。

10.2インチiPadをリークしたのはCoinX氏です。CoinXは、誰よりも速くiPhone XR, Xs, Xs Maxの名称を的中させ、新型iPad Air 10.5の存在も発表前に正確にリークしていました。

情報源の信頼性は高く、iPad 7(10.2インチ)は確実に存在するでしょう。Apple Pencil第二世代への対応を期待したい所です。

Source:MacRumors

フォローする

Writer

GadGetMania
まとめページの管理を担当しています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.07.12 17:00 ID:5b6d20e48 返信

    デバイスデバイスを販売する際法的に義務づけられているため、秘密主義のAppleも登録せざるを得ません。→デバイスが一個多いし際法ってなんだよ

    • 匿名 2019.07.12 19:13 ID:ddde76725 返信

      > ユーラシア経済委員会へのデバイスの登録申請は、ロシアおよび一部の国々で暗号化されているデバイスデバイスを販売する際法的に義務づけられているため、

      ロシアおよび一部の国々では暗号化されているデバイスを販売する際、ユーラシア経済委員会への登録申請が法的に義務づけられているため

      ってことじゃないかな?デバイスデバイスは分からんけど。

  2. 匿名 2019.07.12 17:18 ID:76e1f9006 返信

    10.5と10.2の差なさすぎない?
    しかもiPad Airはどうなるの

  3. 匿名 2019.07.12 19:50 ID:a80810d9e 返信

    CoinXがリークしている「新型iPad(10.5インチ・iPad Proではない)」は今年3月に発表されたiPad Airだと思うんですが…
    「But not at the same time」という文からこの二つのiPadは同時期には発表されないということもわかりますし。