Google Playストアデザイン刷新。超シンプルに

8月21日(現地時間)、Googleは数日前から一部の端末向けにリリースしていたGoogle Play ストアの新デザインを全てのAndroidデバイスに向けて公開しました。

新デザインではGoogle Playストアのデザインが完全に刷新され、非常にシンプルになっています。

主な変更点

新しいデザインはAndroidのデザイン言語である『マテリアルデザイン』に基づいて作られており、ナビゲーションバーの位置が上から下へ変更になりました。これによって、画面サイズの大きいスマートフォンでも手が届くようになっています。また、ナビゲーションバーの項目の『ホーム』が『ゲーム』と『アプリ』に分岐し、ゲームアプリが他のアプリと明確に区別されています。

色合いにも手が加えられており、色の白味が全体的に増しています。これによって、Android Qに搭載のダークモード使用時に、以前のバージョンよりもはるかに見やすくなっているようです。

そのほかの変更点には、ストア内の項目同士の間隔の拡大、新しい書体(Google Sans)の採用が行われています。

これまでナビゲーションバーにあった『音楽』と言う項目はナビゲーションバーから消え、ハンバーガーメニューの下部に『音楽を探す』と言う項目に置き換えられていました。表示内容は同じですが、以前よりも分かりづらい場所に移動しています。Googleが『Google Play Music』から『Youtube Music』への移行を進めていることがよくわかります。

Android向けの標準アプリストアであるGoogle Playストアには、ときにユーザーにとって悪影響のあるアプリケーションが配信...

Source:Android

フォローする

Writer

GadGetMania
まとめページの管理を担当しています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.08.24 21:17 ID:32425b21b 返信

    デザイン刷新はいいとして、ダークテーマ対応が遅れすぎ

  2. 匿名 2019.08.25 13:38 ID:8f271a32a 返信

    メニューバーが下部に移動したのはいいよな