Xiaomiが4辺カーブディスプレイの特許を取得

※写真はGalaxy S9です。

SamsungのGalaxyシリーズは、Noteシリーズからディスプレイの端がカーブしたEdge Displayを採用しております。最新のGalaxy S9では右も左もカーブしたディスプレイとなり、近未来的なデザインになっています。また、このディスプレイは見た目が美しいだけでなく、端にランチャーなどの機能をつけることでユーザビリティの向上にもつながっています。

一方で、端がカーブしていることで保護フィルムが貼りにくい、ケースが設計しづらい、誤タッチが発生しやすいなどの欠点もあります。

このようなカーブディスプレイですが、なんと、Xiaomiが世界中で特許を管理している世界知的所有権機関において、2辺どころか驚きの4辺カーブディスプレイの特許を取得したようです。

これがその特許の画像です。ここからXiaomiがどのような4辺カーブディスプレイのスマートフォンを作ろうとしているのかみてとれます。

上下左右度の方向から見てもディスプレイが僅かに見えます。下面にはUSB Type Cらしきポートが確認できます。背面にはデュアルカメラとLEDフラッシュが左上に位置しています。

ディスプレイ側はノッチも無く、穴開きディスプレイにもなっていません。端がカーブしているのでベゼルもありません。画面占有率は驚異の100%になるでしょう。

なお、センサー類や、インカメラをどのようにして処理するのかは不明です。今までの技術から考えるとポップアップ式は物理的に無理なのでXiaomi Mi MIX 3のようなスライド式かZTE Nubia Xのような背面ディスプレイ以外は考えられません。

Xiaomiが本当にこのようなスマートフォンを発売するかどうかはわかりませんが、今年はMeizu Zero や Vivo APEXなどの端子レススマホなど、各社ユニークなスマホを発表しています。本当に発売される可能性も十分あります。

1月23日に中国のMeizuが同社の新型スマートフォンであるMeizu Zeroを発表しました。 vivoもコンセプトモデル「vivo...
今月24日中国国内で行われた報道関係者向けのイベントで、vivoがコンセプトモデルであるApex 2019を正式発表しました。 ...

しかし、かっこいいことにはかっこいいのですが、全面ディスプレイで保護フィルムも付けにくいとなると画面割れのリスクが怖いですね。マーフィーの法則もあることですし、もし落としてしまったときはかなりの確率で割れていることを覚悟するしかなさそうです。

マーフィーの法則とは

マーフィーの法則とは古典的確率論に取って代わる新しい確率論の公理系である。

例えば、パンを簡単な図形と仮定した上で確率は1/2であるとしているが、マーフィーの法則においては少し異なり、『バターが下になる確率は、カーペットの値段に比例する。』のだという。例えば1000万円のカーペットの場合は100万円のカーペットの場合に比べてバターが下になる危険が10倍になるのである。ちなみに安いカーペットでもたまにバターが下になるので、あまりに高いと確実にバターが下になる。

Source : アンサイクロペディア

Source : GSMArena

フォローする

関連記事

Writer

Mo
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系学生。メインはiPhone7でサブはズルトラ。 スマホ以外にカメラをやっているのでカメラに関する記事もバンバン書きます。

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.02.11 15:27 ID:da80d330b 返信

    発表が楽しみですね〜

  2. 匿名 2019.02.11 16:12 ID:aae6442ce 返信

    タブクルさんでは
    側面を見る限り極薄でスライドするようにも見えません。
    と書かれてましたが、USBポートが中央から背面側へズレている事からしてスライド式でしょうね。
    そもそも特許出願時に添える図説は大事な部分が伝われば後はテキトーな正確性を欠いた図でもOKなので図からデザインの全貌を読み取るのは不可能だよね。

  3. 匿名 2019.02.11 21:15 ID:4bd29d66b 返信

    2が言う通りUSBポートが背面側にあるからスライド式かも
    (というか背面側に無いと完全なベゼルレスにならないけど)
    という事はもしかしたらMi MIX 3S…かも