iQOO Z1xの主要スペックが明らかに【vivoの格安5G機】

Dimensity 1000+を搭載したiQOO Z1が発売されたのは先月のことですが、その廉価版モデルであるiQOO Z1xのスペックが明らかになりました。iQOO Z1xに関しては、Snapdragon 765Gの搭載が予想されています。

vivo iQOO Z1が中国市場向けに正式発表されました。 XiaomiのRedmi K30 Proのような5Gハイエンド機...

価格に関するリーク情報はありませんが、日本円換算で2万円台(人民元ベースで2000元以下)の格安5G機の仲間入りをする可能性が十分にあります。

5月下旬~6月冒頭にかけて、XiaomiとHuaweiから日本円換算2万円台(人民元ベースで2,000元以下)の5G対応スマホが4モ...

スナドラ765Gを搭載した格安5Gマシン

Snapdragon 765Gチップセットと5000mAhバッテリーの搭載がすでにリークされていましたが、Weiboで新たな情報が少しずつ伝えられています。

Weiboのリーク情報によると、iQOO Z1xは6.57インチのLCDディスプレイを搭載し、33Wの高速充電に対応するようです。なお、ゲーミングスマートフォンでもあることから、ディスプレイは120Hzのリフレッシュレートに対応するとのこと。

背面カメラのメインは48MPで、内蔵メモリが8GB(DDR5 RAM)、内蔵ストレージは128GB(UFS 3.0)になるなどの情報も、複数のWeiboユーザーからそれぞれリークされている状況です。

今回Weiboでリークされたスペック情報は未確定のため、実際のものとは異なる可能性があります。ただ、コストパフォーマンスが優れたiQOOシリーズのスマートフォンということで、ある程度期待しても問題はないでしょう。

気になるのは価格

iQOO Z1xはiQOO Z1の廉価版としての登場が予想されているため、iQOO Z1よりも低価格になると見て間違いなさそうです。

iQOO Z1の中国での価格は、最も安い6GB・128GBバージョンで2198元(約3.3万円)となっていました。iQOO Z1xには日本円で3万円を切る価格を期待したいところです。なお、Snapdragon 765G搭載機では、Redmi K30i 5Gがすでに3万円を切る価格(2.8万円~)を実現しています。

有名リーカーのDigitalChatStationが、vivo iQOO Z1の廉価版であるiQOO Z1xの存在を示唆しました。 ...

Source: Weibo1, Weibo2

フォローする

Writer

Sekey
コロナでさびしいのでTwitterでたまにつぶやくことにしました。 Twitter @STelektlist

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.06.26 16:13 ID:40d20c640 返信

    てっきりZシリーズはMediatekのチップを載せるもんだと思ってたわ

  2. 匿名 2020.06.26 19:17 ID:777d27e67 返信

    ブラウザ別のに設定しても中華ブラウザ強制してくるからかわないほうがええぞ
    XIAOMIからもっといいのが出るだろう