OPPO Reno 2シリーズのスペックがリーク。28日発表予定。

発売されたと思ったらもう新モデルが来ます。

日本でもReno 10x zoomが発売されているOppo Renoシリーズですが、Oppo Reno 2シリーズの発表が明日に迫っています。

28日の発表会では最多で4機種、Reno 2,Reno 2Z,Reno 2F,Reno Aが発表される予定です。発売前ですが、スペックはリークでダダ漏れ。

Reno 2シリーズのスペックについて、発売直前に紹介していきます。Reno 10x zoomの後継モデルとしてReno 2は日本でも発売されるかもしれません。

※Reno AはReno 2シリーズとは別なので、本記事では紹介しません。

OPPO Reno 2

OPPO Reno 2は中国の規格局TENAAのデータベースからリークされました。ほぼ確実なソースです。レンダリング画像も合わせて公開されています。

主なスペック

RAM8GB・ROM128/256GBで、SoCがSnapdragon 730Gとなっています。Antutuも20万点超えのチップですので、いよいよミドルハイ機がSnapdragon 835の搭載端末を超え始めてきました。

ディスプレイは1080 x 2400の6.5インチAMOLEDディスプレイです。2Fより60ピクセル分だけ縦長ですね。画面内指紋認証にも対応し、画面占有率は93.1%と超ベゼルレスです。同じくOPPO製の、Find Xが持つ93.8%の記録には惜しくも届きませんが、実際はほぼ見分けがつかないレベルでしょう。さらにGorillaGlas6を採用しているため、かなり丈夫です。

そしてOPPOのVOOC3.0高速充電に対応した4000mAhのバッテリーを搭載しています。

TENAAのソース

カメラ

カメラスペックの詳細もリークされています。

Reno 2のカメラは、Reno 2Fとは異なり5倍ハイブリッドズーム、デジタルズームでは最大20倍に対応。クアッドカメラの中身は48MP、8MP、13MP、2MPとなります。またUltra Dark Modeを搭載しており、Reno 2Fよりもより鮮明な夜景写真が撮れるようになるでしょう。

インカメラはReno 10x Zoomに引き続き斜めにせり出す「ピボットライジングカメラ」となります。個人的にあまり好きなデザインではないのですが、特徴的です。

OPPO Reno 2F

OPPO Reno 2Fは、Reno2シリーズの中では一番安価な端末になるとみられています。

主なスペック

安価でありながらスペックはかなりのものです。

画面内指紋認証、19:9で1080 x 2340のAMOLEDディスプレイ、GorillaGlass5など流行りの技術に関しては惜しみなく投入。

メモリは8GB・ストレージは128GBとなっていますが、おそらく他にもラインナップはあるでしょう。SoCはHelio P70ということで、標準的なミドルスペック端末になります。

カメラ

カメラはクアッドカメラ。最近はどんどんスマホカメラのカメラ数が増えてきて、クアッドカメラももはや目新しくないかもしれません。メインカメラはサムスン製の48MPとなります。加えて119度の超広角と、2MPのセンサーが2つ付属します。

OPPOのUltra Night Mode2.0を搭載し、夜景に強くなっていると見られます。そして、今回は10倍のデジタルズームまで対応。Reno 10x Zoomのようなハイブリッドズームではないため、中身は別物です。

こちらもインカメラは「ピボットライジングカメラ」です。Renoシリーズは基本的にこのタイプになるということなのでしょうか。

OPPO Reno 2Z

OPPO Reno 2ZはおそらくReno 2の弟分のような位置づけ。こちらも斜めにせり出す「ピボットライジングカメラ」を搭載しています。

主なスペック

メモリは8GB、ストレージは256GB。他にもバリエーションがあるかと思われます。

SoCはHelio P90。Snapdragon 730Gよりは性能は低めで710相当のチップセットになります。

ディスプレイは1080 x 2340のAMOLEDで、Reno 2Fと同じです。GorillaGlas5に加え、指紋センサーも画面内なので、ディスプレイはほぼ同じものではないでしょうか。

バッテリーは4065mAhで、同じくこちらもOPPOの急速充電技術、VOOC3.0に対応しています。Reno 2よりほんの少しだけ大容量ですが、SoCも違うので実際の電池もちは不明です。

カメラ

91mobileからのリーク情報によると、Reno 2Zのクアッドカメラは48MPのSONY IMX 586センサー、119度の8MP超広角レンズと2つのポートレート向け2MPセンサーで構成されています。

ポートレート用に2つもカメラが必要なのだろうかという気がしますが、気にしないでおきます。Pixelは当時デュアルカメラが主流だった時代にシングルカメラで最高レベルのカメラを実現しましたし、カメラ数は多ければいいというものでもありません。

が、最新スマホはもはやクアッドカメラが主流です。NokiaがNokia 9に5眼カメラを搭載したときは半分ネタにされていましたが、今となってはそれも笑いものにもできなくなってきました。

きれいな見た目に惹かれて買ってしまいました。 ついに日本でも販売の始まったOPPOのハイエンド・スマートフォン「OPPO Re...

Source:91mobile,TENAA

フォローする

Writer

sekken
6月から記事を書き始めた新人ライター。Xiaomiを推していきます(^^ゞ

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します