vivo iQOO 3のフルスペックがリーク【5.5万円から】

image : vivo iQOO Neo 855

寄ってらっしゃい見てらっしゃい。

vivoが手掛けるゲーミングスマホ「iQOO」シリーズの最新モデル、vivo iQOO 3のフルスペックがリークされました。中国の認証機関であるTENAAによって既に承認されており、「ほぼ決まり」と言ってよいでしょう。

2/28の発表が噂され、予想価格は35,990ルピー(約5万5,200円)です。

SoCはSnapdragon 865か

ハイエンドモデルということで、搭載されるSoCはSnapdragon 865となりそうです。メモリは6GB/8GB/12GB、ストレージは128GB/256GBから選択可能とのこと。12GBのメモリも珍しくなくなってしまいましたが、数年前から考えると飛躍的な進歩ですね。

ディスプレイサイズは6.44インチ

6.44インチのAMOLEDディスプレイを採用し、アスペクト比は20:9となるようです。また、パンチホールカメラと画面内指紋認証を搭載します。リフレッシュレートは意外にも控えめな60Hzとのことです。

パンチホールカメラの採用が予想される

カメラはクアッドでメイン64MP

背面にはクアッドカメラを搭載。メイン画素数は64MPで、残りは13MPが2つ、2MPが1つという構成です。メインに加え、ズームレンズと広角レンズ、そしてセンサーという定番の構成でしょうか。

フロントのパンチホールカメラは16MP。こちらの情報はありませんが、広角レンズで自撮りがしやすくなっている可能性があります。ゲームプレイを考えれば、パンチホールではなくポップアップの方が適していた気もしますが…。

4,370mAhに55W急速充電

バッテリー容量は4,370mAhで、55W急速充電器が付属します。大容量バッテリーと急速充電器の組み合わせは嬉しい限りですね。また、Qiには対応していないようです。

発表までわずかとなったvivo iQOO 3。日本円で5万円台と少々高額ですが、インド市場ではどのように受け止められるのでしょうか。

vivoは先日、予告画像を公開。ゲーミングスマートフォンiQOO Pro(またはiQOO Pro 5G)が8月22日に発表される予定...
Antutuベンチマークは、2019年12月のスマートフォンのベンチマークのランキングを公開しました。 ハイエンドモデルでの1...

Source: 91mobiles

フォローする

Writer

tokui
iPhone 11とrakuten miniの2台持ち。これから消費社会はどうなっていくのか…。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します