vivoの2020夏モデルまとめ【メーカー特集⑤】

今回の記事では、vivoが2020年夏に海外発表したスマートフォンを一覧でご紹介します。

春モデルのまとめはこちら。

コスパモンスターiQOOシリーズが注目を集め、存在感が増しているvivo。 OPPOと同じBBKグループながら、日本での知名度...

vivoの2020夏モデルまとめ(~9月30日)

Soc特徴価格
vivo X50Snapdragon 765G48MPクアッドカメラ、90Hz駆動AMOLED、33W急速充電約5.3万円(中国)
vivo X50 ProSnapdragon 765G48MPクアッドカメラ、90Hz駆動AMOLED、33W急速充電約6.5万円(中国)
vivo X50 Pro+Snapdragon 86550MPクアッドカメラ、120Hz駆動AMOLED、44W急速充電約8.3万円(中国)
vivo X50e 5GSnapdragon 765G48MPクアッドカメラ、AMOLED、33W急速充電約5.1万円(台湾)
vivo S7 5GSnapdragon 765G64MPトリプルカメラ、AMOLED、33W急速充電約4.3万円(中国)
vivo iQOO 5Snapdragon 86550MPトリプルカメラ、120Hz駆動AMOLED、55W急速充電約6.3万円(中国)
vivo iQOO 5 ProSnapdragon 86550MPトリプルカメラ(60x)、120Hz駆動AMOLED、120W急速充電約7.9万円(中国)
vivo iQOO Z1xSnapdragon 765G48MPトリプルカメラ、120Hz駆動LCD、33W急速充電約2.5万円(中国)
vivo iQOO U1Snapdragon 720G48MPトリプルカメラ、micro-USB約1.9万円(中国)
vivo Y51sSnapdragon 765G48MPクアッドカメラ、micro-USB約2.8万円(中国)
vivo Y20Snapdragon 46013MPトリプルカメラ、micro-USB約1.9万円(インド)
vivo Y20iSnapdragon 46013MPトリプルカメラ、micro-USB約1.7万円(インド)
vivo V19 NeoSnapdragon 67548MPクアッドカメラ、AMOLED約3.9万円(フィリピン)

vivoは2020年夏、ローエンド~ハイエンドまで幅広く多数のモデルを発表しました。夏については不思議と全てQualcomm製チップ搭載機でした。

フラッグシップモデルではiQOO 5シリーズを発売し、Proモデルでは120W急速充電など最新技術を搭載しています。また、vivo iQOO Z1xなどコスパの良いモデルが多いのも特徴です。

注目の機種をピックアップ

vivo iQOO 5 Pro【最高峰のスペック】

vivo iQOO 5 Proの主なスペック

  • Snapdragon 865を搭載
  • 120HzリフレッシュレートAMOLEDディスプレイ搭載
  • 最大60倍(光学5倍)ズーム対応のトリプルカメラを搭載
  • 120W急速充電に対応

vivo iQOO 5 Proはvivo iQOOシリーズの最新フラッグシップです。120Hzリフレッシュレート、120W急速充電など最新技術を詰め込んでおり、同時期に発売されたXiaomiの新フラッグシップ、Mi 10 Ultraと並ぶスペックを備えています(価格は数千円ですがMi 10 Ultraより安いです。)

BMWとコラボしており、独特のスポーティなデザインもiQOO 5 Proの特徴です。価格は8GB+256GBモデルが4998元(約7.9万円)から。iQOOシリーズでは高額な部類ですが、BMWとのコラボしたデザインということを考えると、十分安いのではないでしょうか。

vivo iQOOより、iQOO 5 / 5 Proが発表。両モデルともSnapdragon 865を搭載したフラッグシップ機です。...

vivo X50 Pro+【高性能なカメラ】

vivo X50 Pro+の主なスペック

  • Snapdragon 865を搭載
  • 120HzリフレッシュレートAMOLEDディスプレイ搭載
  • 5倍光学ズーム対応のクアッドカメラを搭載
  • 44W急速充電に対応

vivo X50 Pro+はX50シリーズの最上位モデルです。シリーズではPro+のみSnapdragon 865を搭載しています。vivo iQOO 5 Proと比較すると、カメラで勝り充電速度で劣るモデル、といった印象です。

価格は8GB+256GBモデルが5498元(約8.3万円)から。指紋が付きにくい高級レザーモデルも気になるところです。

vivoからvivo X50 / X50 Pro / X50 Pro+の3モデルが発表されました。Vivo X50シリーズはジンバル...

vivo iQOO Z1x【格安5G機】

vivo iQOO Z1xの主なスペック

  • Snapdragon 765Gを搭載
  • 120HzリフレッシュレートのLCDディスプレイを搭載
  • 48MPメインのトリプルカメラを搭載
  • 33W急速充電に対応

vivo iQOO Z1xはiQOO Z1及びNeo3の廉価版に当たります。上位2機種と同じく120HzリフレッシュレートのLCDディスプレイを搭載しており、価格は6GB+64GBモデルが1598元 (約2.5万円)と格安5G機です。

vivoから格安5G機、iQOO Z1x 5Gが発表されました。ベースモデルが1,598元(約24,500円)と、主要メーカーが発売...

コスパは最強クラスだが、UIが課題

vivoはかなり攻めた価格の5G対応スマホを数多くリリースし、注目されています。特にiQOOシリーズは価格・スペック共に最高クラスとなっており、今後の展開も期待されます。

そんな絶好調のvivoですが、残念な点としてUIが使いにくいという意見が多くみられます。読者レビューや記事に対するコメントでもハードは良いがソフトがダメ、という意見が多いようです。

vivo iQOO Neo 855は2019年11月に発売されたゲーミングスマホです。 vivo iQOO Neoのアップグレ...

とはいえソフトは後から変更できる部分なので、アップデート次第では真のコスパモンスターとして本領を発揮してくれそうです。iQOOシリーズ等の本格的なグローバル進出も含め、今後のvivoに期待大ですね。

また、夏はなぜかQualcomm製Soc搭載機ばかりだしましたが、春モデルではMediatek Dimensity 1000+を初めて搭載したvivo iQOO Z1を出しています。また、サムスンのExynos 1080を搭載したSocを初めて搭載したモデルを今後発売予定とも噂されています。

サムスンは新たに新型SoC、Exynos 1080を発表を予定しています。サムスンの中国半導体研究所のパン・シューバオ博士がインタビ...

フォローする

Writer

岩佐
新人ライターの学生(19)。XiaomiとGoogleのファンです。 https://twitter.com/nagi_iwasa

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.10.23 21:47 ID:47d3f6d27 返信

    同じGN1センサーを搭載するX50ProPlusとiQoo5Proのカメラ性能はほぼ変わらないと思うけど印象だけで記事書いてない?

    • 匿名 2020.10.23 22:03 ID:43dcb6233 返信

      ジンバルカメラ考慮したんじゃない

      • 匿名 2020.10.23 22:34 ID:47d3f6d27 返信

        X50ProPlusはジンバル非搭載ですよ

        • 匿名 2020.10.24 02:03 ID:f63a29bc0 返信

          それ。プラスにジンバル載せなかったのは謎

          • 匿名 2020.10.24 20:47 ID:9d44326d5

            Huawei系フラグシップが使うIMX700並に大きいGN1センサーをジンバル有りでスマホサイズに収めるのは不可能かと

    • 匿名 2020.10.23 23:46 ID:3bb81600c 返信

      まぁレンズ一個多いしインカメも違うし

      • 匿名 2020.10.24 20:54 ID:9d44326d5 返信

        インカメは違いますけどアウトカメラで撮影する分にはほぼ変わらないかと…

  2. 匿名 2020.10.24 02:19 ID:f1fd6d5c6 返信

    ゴミOSをやめてピュアアンドロイドにして、iqooなんてクソダサどこぞのエロサイトみたいな名前さえ無ければ選択肢に入るのに

    • 匿名 2020.10.24 04:23 ID:85b8f09f5 返信

      i Quest On and Onだからねぇ…

  3. 匿名 2020.10.24 04:24 ID:85b8f09f5 返信

    vivo端末は癖強UIを楽しむためにあるんだよ定期

    • 匿名 2020.10.25 08:11 ID:33340c53e 返信

      それな

  4. 匿名 2020.10.24 22:23 ID:065d2c9c4 返信

    Vivoは少なくとも日本人に受けるUIではないよね
    俺も一応Funtouch OS 10の端末は持ってるけど、メインでは使いたくないと思う
    ただ、インドではかなり売れてるみたいなので、受けるところでは受ける…のかな?