Snapdragon 710のスペック解説・ベンチマーク

この記事ではSnapdragon 710のスペック詳細と、ベンチマークを紹介していきます。

現行のミドルハイ機に多く搭載され、Snapdragon 660の後継のような立ち位置にあるスマホ向けSoCのSnapdragon 710。有名どころではOPPO R17 ProRelme XXiaomi CC9などに搭載されています。

仕様・特徴

Snapdragon 710は、QualcommのミドルハイシリーズであるSnapdragon 700シリーズの中で一番最初にリリースされたSoCです。2018年5月24日に発表されました。

Snapdragon 660の正式な後継は670ですが、どちらかと言えば660から670と710の2つに分岐したように捉えるのが適切かもしれません。

CPUはKyro360、GPUはAdreno616を搭載しており、AntutuによればSnapdragon 660と比較してCPU性能が11%、グラフィック性能が60%向上したとのこと。

Antutuスコア

次にSnapdragon 710を搭載した端末のAntutuベンチマークを見てみましょう。

元画像はSnapdragon 675のものですが、710も含めていくつかのSoCとの比較がされています。Snapdragon 710のトータルスコアは16万7971点を記録しており、Snapdragon 675とSnapdragon 670のちょうど中間くらいの性能になっています。

しかし、部門別ではかなりのばらつきがあります。例えば、GPUスコアではSnapdragon 710がここで比較されている4つの中では最強。それに対してメモリスコアではSnapdragon 660と比べても大きな差がありません。

実際のところ、同じSoCでもスマホメーカーのチューニングによってかなり性能は変わってきます。660より高性能なのは間違いありませんが、一部の微小な差に関しては端末によりけりです。

スペック詳細

Snapdragon 710
製造プロセス10nm
CPUコアKyro 360
物理コア数8
最大動作クロック数2.2GHz
GPUコアAdreno 616
ISPSpectra 250
カメラシングル最大(理論上)192MP
統合型DSPHexagon 685
APIサポートOpen GL ES 3.2,Open CL 2.0,Vulkan,DirectX 12
メモリコントローラーLPDDR4x,1866 MHz, 8 GB RAM
統合型モデムSnapdragon X15 LTE
通信仕様下りLTE Cat 15最大800Mbps,上りLTE Cat 13最大150Mbps

Snapdragon 710を搭載した端末は3~4万円前後で、メーカーによって差はあるものの基本的にスマホとして平均的な価格帯です。

途上国ではローエンド機が人気の中、Snapdragon 710ともなると比較的高級な部類ですので、それだけメーカーもある程度の力入れて開発しています。スマホゲーム等の重い作業をしないユーザーにとっては、このくらいの性能がコスパ的に最適なのではないでしょうか。

クアルコムは4月9日、ゲームに特化した新たなSoC「Snapdragon 730G」のほか、「Snapdragon 730」と「Sn...

Source:Qualcomm

フォローする

Writer

sekken
6月から記事を書き始めた新人ライター。Xiaomiを推していきます(^^ゞ

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します