Xiaomi Redmi Note 9S(Note 9 Pro)

image-source:gsmarena
  • 6.67インチ
    1080 x 2400
  • 48MP
    F値/1.8
  • 6GBメモリ
    Snapdragon 720G
  • 5020mAh
    2.0, Type-C 1.0
Redmi Note 9SはXiaomiのスマートフォンで、2020年3月に発売されました。6.67インチフルHD+ディスプレイを搭載し、厚さは8.8mm、重さは209gです。Snapdragon 720Gを搭載しており、かなり良い処理性能を持つAndroidスマートフォンです。

Redmi Note 9Sを3行で紹介

  • 日本での発売が決定
  • 最大48MPのクアッドカメラ
  • Snapdragon 720Gを搭載

スペック・性能詳細表

基本情報
名称Redmi Note 9S
別名Redmi Note 9 Pro(インド)
メーカー
Xiaomi
発売時期2020年3月, 発売済み , 日本で発売済み
先代モデル Xiaomi Redmi Note 8 Pro
ネットワーク
3GバンドHSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100 - Note 9 Pro HSDPA 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100 - Note 9S HSDPA 800 / 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100 - 日本向けモデル
4Gバンド
キャリア別対応バンド
LTE band 1(2100), 3(1800), 5(850), 8(900), 40(2300), 41(2500) - Note 9 Pro LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 20(800), 28(700), 38(2600), 40(2300) - Note 9S LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 18(800), 19(800), 20(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 40(2300), 41(2500) - 日本向けモデル
ドコモ, ドコモ系mvno4G band19 対応 , FOMAプラスエリア3G 対応
au, UQモバイルauプラチナバンド 対応 , au 3G(CDMA2000) 非対応
ソフトバンク, Yモバイルプラチナバンド 完全対応
ネットワーク最大速度 HSPA 42.2/5.76 Mbps
SIM NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ6.67インチ, IPSディスプレイ
ディスプレイ解像度 1080 x 2400px (フルHD+), アスペクト比20:9
画素密度 高い画素密度(20cm離れる前にドットが識別できなくなる) , 395ppi
ディスプレイ機能Corning Gorilla Glass 5
サイズ165.8 x 76.7 x 8.8mm
重さ209g
素材ガラス
本体色オーロラブルー, グレイシャーホワイト, インターステラーブラック
システム
OSAndroid 10.0 , MIUI 11
SoCQualcomm Snapdragon 720G
CPUKryo 465 Gold x2 + Kryo 465 Silver x6 8コア, 2.3 GHz
GPUAdreno 618
ベンチマーク Antutu8 : 281000,  高い性能スコア
Geekbench5  シングル:600 マルチ: 1700
メモリ
メモリ(RAM) 4GB / 6GB
ストレージ 64GB / 128GB ,  microSD最大512GBまで(独立スロット)
カメラ
メインカメラ 48 + 8 + 5 + 2MP, F値/1.8
クアッドカメラ, LEDフラッシュ, PDAF
メインカメラ特徴 CMOS, センサーサイズ: 1/2.25インチ, ピクセルサイズ: 1.6µm
前面カメラ 16MP , F値/-
動画 最大画素数: 2160p  最大fps: 960fps ,  電子手ぶれ補正
機能・センサ
Bluetooth Bluetooth 5.0, A2DP, LE
GPS A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS
ネットワーク機能  FMラジオ, IRブラスター
センサ類 指紋認証センサ, 加速度センサ, 近接センサ, ジャイロ, コンパス
防水  防滴
イヤホンジャック  あり
バッテリー
バッテリー容量 5020mAh
充電 18W急速充電
ポート 2.0, Type-C 1.0
価格
現地価格Note 9 Pro - 4+64GB:12999インドルピー, 6+128GB:15999インドルピー
円換算価格約18,000円
Xiaomi Redmi Note 9S 6.67 inch Array Mobile Phone 4GB RAM 64GB ROM Global Version 48MP Quad Camera
Banggood: Redmi Note 9S
Xiaomi Redmi Note 9S(Note 9 Pro)
AliExpress.com Product - Xiaomi Redmi Note 9S 6GB 128GB Global Version Smartphone Snapdragon 720G Octa Core 5020mAh 48MP Cam 6.67" Note 9 S Mobile Phone
その他
公式サイトRedmi Note 9S
免責事項: ページ上の情報の正確性には細心の注意を払っていますが保証はできかねます (詳細)

Redmi Note 9Sの特徴・概要

日本での発売が決定

非常に高いコストパフォーマンスで人気を集めたRedmi Note 8 Proの後継機として登場。最安モデルは2万円を切る価格となっていますが、良い意味で価格と不釣り合いの高スペックを誇ります。

追記

日本向けに発売されることが決定。価格は税込24,800円となっています。

 

最大48MPのクアッドカメラ

背面にはクアッドカメラを搭載。特徴的な長方形デザインとなっています。マクロや超広角撮影にも対応し、幅広いスタイルの撮影が楽しめそうです。

Snapdragon 720Gを搭載

プロセッサはSnapdragon 720Gを搭載。AnTuTu(バージョン8)のスコアは30万点前後となっており、日常使用には困らない処理性能を備えています。

指紋認証センサーはサイドに搭載

先代モデルのRedmi Note 8 Proでは指紋認証センサーが背面にありましたが、本機は側面に搭載。トレンドを意識したものといえそうです。

バッテリーは5,000mAh超

バッテリーは18W急速充電に対応し、容量は驚異の5,020mAhとなっています。大型バッテリー搭載によって本体重量もそれなりに重くなったものの、ストレスフリーな電池持ちが期待できます。

実機レビュー

Redmi Note 9S(Note 9 Pro)は2020年3月に発売されたスマートフォンで、6.67インチディスプレイにSnap...

性能・ベンチマーク

Redmi Note 9Sは、チップセット(SoC)が Snapdragon 720G、メモリ(RAM)は 4GB / 6GBです。 一般的にスマートフォンのメモリは4GBあれば十分だと言われています。メモリが少なすぎると複数のアプリを立ち上げた時や、複数タブを開いた時の動作が遅くなりやすく、逆にメモリが多いと消費電力が上がることが知られています。

ベンチマークスコアを確認していきます。

Antutu

Antutuスコアは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した、スマートフォンの総合的な性能を示す評価点です。

Antutuスコア(バージョン 8): 281000

Redmi Note 9Sは、2020年時点では平均以上の性能です。普段使いではサクサク使えて、ほぼ全てのゲームが快適に遊べるでしょう

Antutuベンチマークスコア、Soc別総まとめ

Geekbench

総合的な性能を測るAntutuとは異なり、CPU性能をコアずつのシングルスコアとCPU全体のマルチスコアでそれぞれ表したものがGeekbenchスコアです。

Geekbench5
シングルスコア: 600
マルチスコア: 1700

Geekbenchスコア、スマホSoC別総まとめ

対応バンド

ドコモ, IIJ,mineoDプラン等MVNO

LTEは全国区をカバーするバンド1、東名阪の高速通信バンド3に対応、 さらに、地下や郊外を担当するプラチナバンド(バンド19)にも対応しており、ドコモ回線での4G/LTEの使用は全く問題ないでしょう。

3Gはメインバンドのバンド1 、山間部や郊外をカバーするFOMAプラスエリア3G(バンド6,19)に対応しており、3Gの必須のバンドは全て対応しているのでドコモ系のSIMで安心して利用できます。

au, UQmobile

LTEは主力となるプラチナバンド26,18のいずれかに対応して おり、補助バンドの1にも対応、 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3G回線には非対応ですが、通話もデータ通信もLTEで行うau VoLTE SIMが利用できるバンド構成です(相互接続性試験を通過していないモデルはVoLTEが使用できないので、必ずauのページで確認してください)。
注意: au、au系mvnoは通信規格がやや特殊で、日本未発売の端末はバンドが対応していても繋がらない場合が多々あります。購入時は動作報告が既になされているかどうか確認することを強く推奨します。

ソフトバンク, ワイモバイル

LTEは全国区をカバーするバンド1、サブバンドの3、プラチナバンドの8の全てに対応。 また、高速通信方式であるTD-LTEのバンド41にも対応しています。

3Gはメインバンドの1 、プラチナバンドの8に対応しており、3G回線の必須バンドに全て対応しているので安心して利用できます。

注意: ソフトバンクは通常のAndroid用SIMだとSIMフリースマホが利用できず、マルチUSIMへの交換が必須です。日本未発売のスマホはマルチUSIMでも利用できません。現状海外スマホはiPhone用SIMのみで動作することに留意してください。

価格・購入先

Redmi Note 9Sの 4 GB/ 64 GB モデルの発売時の価格は日本円で約 18,000円でした。購入時の参考にどうぞ。

現在、通販サイトでの購入が可能です。

格安SIMで今のスマホ月額料金を半分以下に抑えませんか?
関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.03.13 11:39 ID:0a9a035f9 返信

    糞安いから売れるとは思うが糞でかいのも困りもんで
    Maxじゃない方は肥大化進めなくてもいいんじゃないかなとおもってしまった

  2. 匿名 2020.03.17 18:41 ID:9c5be6ec3 返信

    ノッチはウォータードロップでよかった

  3. 匿名 2020.03.18 19:49 ID:0650efa45 返信

    水冷があるといいな

  4. 匿名 2020.03.19 11:28 ID:145677642 返信

    ファブレット的なの欲しいから検討中だが、Nexus6よりさらに一回り幅が広いとなると普段使いにはちょっとビビるな。持ってしまえば平気なのかもしれんけど。

    • 匿名 2020.03.21 20:23 ID:d5f73bacf 返信

      大型化の流れなので、いっその事受け入れてしまうのもありかもしれない…

  5. 匿名 2020.04.01 12:29 ID:8df6737ae 返信

    日本語対応してるんかな?

  6. KEN 2020.04.07 11:37 ID:8163a3441 返信

    「pro」と「S」で 4Gバンドは異なるのかな? 40と41は、どっちがどっち?

    • 早川あさひ 2020.04.08 20:43 ID:8d1ce22ae 返信

      おっしゃる通り、「Pro」と「S」とで4Gバンドが異なるようです。

      ページの仕様上やや見づらくなっていますが、追記しました。ご参考にしていただければ幸いです。

  7. KEN 2020.04.24 09:26 ID:1c7e605a5 返信

    買っちゃいました。UMIDIGI S2Proからの機種変です。とても快適です。
    機種変して感じたこと。
    1)画面がキレイ。
    2)指紋認証が的確で速い。
    3)カメラがいい。
    4)バッテリーも長持ち。
    5)UMIDIGIは、ポケットに入れてると勝手にカメラが動いたいたり、勝手に再起動とかあったりした。
    とにかく、UMIDIGIより、ずっといい。

    これを使うために格安SIMの「au」から「softbank」回線に変えた。対応バンドの欄に「現状海外スマホはiPhone用SIMのみで動作することに留意してください。」とあるが、通話もデータ通信も無事に使えてます、参考までに。

  8. 匿名 2020.05.16 12:05 ID:bb0948664 返信

    この機種買おうと思うんですが
    マイネオSIMを選択する場合ソフバン回線が一番いいということなんでしょうか?

    • 匿名 2020.05.18 16:11 ID:632b1e3de 返信

      ソフバンなら完璧
      都会住みならドコモでも困らないと思う

      • 匿名 2020.05.29 22:12 ID:9de18993a 返信

        ソフバンのSIMはソフバンでの契約機種で種類があります。ソフバン契約機種はなんでしょうか?
        pixel4のSIMは、redmiでデータ通信できないです。通話はできます。

  9. 匿名 髭の爺さん 2020.05.20 11:09 ID:81bd6d4b0 返信

    HUAWEI ASCEND MATE 7 を発売時から長年トラブルも無く愛用してます。
    xiaome mi note 10かone plus 7tを検討中ですが、Xiaomi Redmi note9sが
    コスパがいいので候補に入りました。

    海外のコメントにWi-Fiが途切れる、繋がらないNFC不具合等問題しされてますが改善されてますか?
    判ったら教えて下さい。

    • 匿名 2020.05.20 15:00 ID:81bd6d4b0 返信

      ETORENのデータを見たら 「NFC」は付いて無いですね。

  10. 匿名 2020.05.24 18:46 ID:18b530786 返信

    「現状海外スマホはiPhone用SIMのみで動作することに留意してください。」って、ラインモバイルのソフトバンク回線でもiphone専用nanosimを使うべきって事ですか?

    • KEN 2020.05.25 16:35 ID:fbe3f2c14 返信

      参考までに、ラインモバイルのソフトバンク回線を使用しています。
      普通のAndroid「ナノsim」を使っています。
      電話もデータも問題なく使えています。

      「現状・・・・留意して下さい。」の意味は、分かりません。(笑)

  11. 匿名 2020.05.30 00:32 ID:bc9a18b4d 返信

    発表で日本版も発売されることになりました

  12. 匿名 2020.05.30 09:49 ID:914a43d8c 返信

    日本向けはバンドも調整されるだろうし値段が良ければバカ売れしそう

    • 匿名 2020.06.01 18:10 ID:2e25caa09 返信

      韓国だと23000だってな
      期待できそうだ

  13. 匿名 2020.06.02 01:10 ID:bcfd5c577 返信

    ついこの前グローバル版を買ったばかりだ
    日本版も3万台なら買うぞ

  14. 匿名 2020.06.02 14:39 ID:010bc1e79 返信

    別2万円台、込3万円台かと思ったら込2万円台で大草原
    やるじゃん

  15. 匿名 2020.06.02 14:51 ID:6ae179c5d 返信

    64gbが3万切ればいいやと思ったらまさかの128gbも3万切りは歓喜

  16. 匿名 2020.06.02 14:54 ID:bf171d1d7 返信

    技適、バンドフル対応で海外と価格差ほぼなし
    こんなん海外から買ったやつ涙目やんw

    • 匿名 2020.06.04 00:23 ID:6e74de7f3 返信

      これは、(泣)

  17. 匿名 2020.06.02 16:25 ID:b82ff886f 返信

    Xiaomiの本気がだいぶ垣間見える価格設定だな
    FeliCaとか無い分価格も抑えられてそうだし

  18. 匿名 2020.06.03 15:34 ID:4f916d724 返信

    なによりSD対応がええね
    あとミノテンライトの730Gより720Gの方が高性能とか言うわけわらん名付けやし

  19. 匿名 2020.06.04 13:50 ID:eccf9778a 返信

    ナンバリング的には下でもあとから出たほうが高性能はいつものことだけど
    これは誰でもnote10 liteのほうが高性能だと錯覚するよな〜

  20. 匿名 2020.06.05 21:27 ID:d539e36f5 返信

    マクロとかいらねえ
    3倍光学ぐらいの望遠カメラ付けろよ
    やっぱたけーのかな

  21. 匿名 2020.06.06 11:02 ID:8768b3c66 返信

    サイズと重さ以外は完璧

  22. 匿名 2020.06.07 08:56 ID:9200b06c7 返信

    MNPだと5千円切るところもあるし価格破壊級だなー
    防水の認証受けてないだけで一応なんちゃって防水防塵らしいし