SamsungがHuaweiスマホの下取り額値上げ。乗り換え狙う。

韓国サムスンのシンガポール法人であるSamsung Asiaは、下取りプログラム「Samsung Trade Up」で中国Huawei製のスマートフォン、Huawei Mate 20Huawei Mate 20 ProHuawei Nova 3iの下取り金額を引き上げたことを発表しました。

SamsungがHuawei製品の下取り金額を値上げした理由をSamsung asiaは明らかにしていませんが、おそらくはHuaweiの米国からの制裁によるイメージ悪化につけ込んだSamsungのマーケティング戦略でしょう。

対象端末とその値上げ額

今回下取り金額を値上げしたSamsung Trade Upは、Samsungの最新スマートフォンGalaxy S10、Galaxy S10+、GalaxyS10eを購入した時のみ適用されます。

下取り価格は、Huawei Mate20が545シンガポールドル(約43000円)、Huawei Mate 20 Proが755シンガポールドル(約60000円)、Huawei Nova 3iが300シンガポールドル(約24000円)となっており、それぞれ一律16000円引き上げられています。特に、Nova 3iに関しては元の下取り金額の3倍になっています。

この下取り価格を適用にするには、チャンギ空港第3ターミナル店を除いたSamsung Experience StoreでSamsung Trade Upサービスを受ける必要があります。

Huawei離れする消費者

Price Payという英語の製品比較サイトによると、過去4日間でHuawei製スマートフォンのクリック数が著しく下がっているようです。イギリスでは約半分に、世界全体では26%減少しています。

それに対して、Samsungのクリック数が13%、Xiaomiのクリック数が19%向上しています。これは消費者がHuaweiスマホからの乗り換えを考えている大きな証拠です。

XiaomiはHuaweiに配慮して中国でRedmi K20のキャンペーンを中止した一方で、SamsungはこれをチャンスにHuaweiからの乗り換えを狙った行動に出ました。果たして結果はどうなるのでしょうか。

まとめ

現行のHuaweiユーザーは、新しいHuawei製端末に対して不安感を感じているのは事実です。それに対して、SamsungのHuawei端末の下取り金額アップという戦略は、より安心感のあるSamsung端末へ低価格で乗り換えられるので、現行Huaweiユーザーには刺さるのではないでしょうか。

Source: Gsmarena, Blogofmobile

フォローする

Writer

gadgetmania
まとめページの管理を担当しています。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.06.01 18:19 ID:7a470c50d 返信

    これは賢い戦略だね

  2. 匿名 2019.06.02 02:40 ID:eb010d7e8 返信

    Huaweiに制裁してもアメリカのスマホ売れないの草生える

    • 匿名 2019.06.02 03:46 ID:e0fffdab1 返信

      まぁそうなるわな、下手すりゃアメリカのスマホはこれから値上げせざるをえなくなってますます売れなくなるぞぉ

  3. 匿名 2019.06.02 23:25 ID:442186f06 返信

    Huawei頑張って〜