realme 9 Pro / 9 Pro+が正式発表【9 Pro+はIMX766・OIS搭載】

画像はrealme 9 Pro+:Twitter

【2022/02/18/0:07更新・インド価格を追記】

realme数字シリーズ最新モデル、realme 9 Pro、9 Pro+が正式発表。どちらも日光により背面の色が変わるカラーリングが用意され、Pro+モデルはSony IMX766をメインレンズに採用し、OIS搭載が特徴的なモデルとなっています。

Realmeのミドルレンジシリーズ最新モデル、Realme 8および8 Proが正式発表。同シリーズ初となる108MPセンサー搭載や...

realme 9 Pro+

  • Dimensity 920
  • 6.4インチ2,400×1,080p(20:9)Super AMOLEDディスプレイ(左上パンチホール)最大輝度1,000nit
  • 90Hzリフレッシュレート・360Hzタッチサンプリングレート
  • 6/8GB(+仮想5GB)RAM + 128/256GB UFS2.2 ROM
  • 4,500mAhバッテリー、60W有線充電に対応
  • 画面内指紋認証
  • リアカメラ:50MPメイン(IMX766 f/1.8 84.4° OIS+EIS)+8MP超広角(119° f/2.2)+2MPマクロ(f/2.4 88.8°)
  • インカメラ:16MP(f/2.4 78°)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • ステレオスピーカー
  • イヤホンジャック
  • Wi-Fi 6
  • Bluetooth 5.2
  • realme UI 3.0(Android 12)
  • 160.2×73.3×7.99mm、182g
  • 充電器付属(65W)

IMX766をメインレンズに採用

当モデルの特徴の一つともなっていますが、主にフラッグシップモデルに採用されるSony IMX766を、メインレンズに採用

更にはOIS、そしてEISを搭載し、撮影時に複数枚の写真を撮りそれらを比較することでノイズを削減。綺麗な夜景を撮影することが可能としています。

iPhone 13との比較

ソフトウェア面では、長時間露光による4つの撮影モードに対応。90年代を彷彿とさせるハイコントラストが特徴なフィルター、そしてアナログスティックのようにズームが操作できるモードなどが実装されています。

背面の色が日光によって変化

そして2つ目の特徴でもある、日光により背面の色が変わるカラーリング(Sunrise Blue)。日の出にインスパイアされたとしており、日光に当てることで水色からオレンジに色が変わる仕様となっています。

その他スペックとしては、SoCに6nmプロセス製造のDimensity 920を採用Antutuスコアは501,281点とのこと。

MediaTekが新SoC、Dimensity 920とDimensity 810を正式発表しました。どちらもミッドレンジ向けで、6...

バッテリー容量は4,500mAhとなり、60Wの急速充電に対応。15分で50%まで充電が可能としています。

またVC液冷を搭載しており、中心部の温度を最大10℃低下させることができるとのこと。

更には最近のミドルレンジ機からも姿を消しつつあるイヤホンジャック、そしてステレオスピーカーも搭載

その他の特徴としては、画面内指紋認証で心拍数の測定が可能となっています。

ソフトウェアに関しては、realmeのカスタムスキン最新バージョン、realme UI 3.0を搭載Android 12がベースとなっており、2年のOSアップデートに対応するとのこと。

カスタムOS解説シリーズの第三弾は、2020年になって新しく登場したrealme UIです。 realmeスマートフォン専用に...

対応バンド

インド版

  • 4G : B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/39/40/41(2496-2690)/66
  • 5G SA : n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • 5G NSA : n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66

約3.8万円から

カラーはSunrise Blue(水色/オレンジのグラデーション)、Aurora Green(グリーン)、Midnight Black(ブラック)の3色展開。

インドでは現地時間2月21日午後0時より販売開始となっていますが、グローバル販売については執筆時点で不明となっています。価格は以下の通りです。

  • 6GB+128GB ₹24,999/$379(約3.8/4.4万円)
  • 8GB+128GB ₹26,999/$399(約4.1/4.6万円)
  • 8GB+256GB ₹28,999/$429(約4.4/5万円)

Heliot Emilとコラボ

今回、デンマークのブランド、Heliot Emilとコラボしており、realme 9 Pro+用のスマホバッグが用意。両アイテムともに今年前半のパリコレクションでモデルが着用し、お披露目されるとのこと。

Free Fire限定版も

また、バトルロイヤルゲーム、Free Fireともコラボしており、realme 9 Pro+ Free Fire限定版が用意。こちらについては後日詳細が発表されるとのことです。

realme 9 Pro

  • Snapdragon 695
  • 6.6インチ2,412×1,080pディスプレイ(左上パンチホール)
  • 120Hzリフレッシュレート・240Hzタッチサンプリングレート
  • 6/8GB(+仮想5GB)RAM + 128GB UFS2.2 ROM
  • 5,000mAhバッテリー、33W有線充電に対応
  • 側面指紋認証
  • リアカメラ:64MPメイン(f/1.79 79°)+8MP超広角(119° f/2.2)+2MPマクロ(f/2.4 88.8°)、最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • インカメラ:16MP(f/2.05 79.3°)最大1,080p30FPS動画撮影対応
  • イヤホンジャック
  • Wi-Fi 5
  • Bluetooth 5.1
  • realme UI 3.0(Android 12)
  • 164.3×75.6×8.5mm、195g
  • 充電器付属(33W)

Pro+より一段下位となるrealme 9 Proは、SoCに最新のSnapdragon 695を採用

Qualcommが以下の4つのSoCを正式発表しました: Snapdragon 778+: Snapdragon 778の...

ディスプレイは少し大きい6.6インチとなり、30/48/50/60/90/120Hzの6段可変の120Hzリフレッシュレートに対応。公式サイトに表記はありませんが、こちらはLCDディスプレイであると思われます。

カメラにおいては、64MPメイン+8MP超広角+2MPマクロの3眼構成と、ミドルレンジ機としては一般的なものに。

またこちらもPro+同様に、日光で背面の色が変わるカラーリング(Sunrise Blue)が用意されており、イヤホンジャックも搭載。長時間露光による4種類の撮影モードなどのソフトウェア面での新要素も同様に対応しています。

Proモデルも液冷を搭載

対応バンド

インド版

  • 4G : B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/39/40/41(2496~2690MHz)/66
  • 5G : n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n66/n38/n40/n41/n77/n78

約2.8万円から

カラーはPro+モデルと同じSunrise Blue(水色/オレンジのグラデーション)、Aurora Green(グリーン)、Midnight Black(ブラック)の3色展開。

インドでは現地時間2月23日午後0時より販売開始となっていますが、こちらもグローバル販売については執筆時点で不明です。価格は以下の通りとなっています。

  • 6GB+128GB ₹17,999/$319(約2.8/3.7万円)
  • 8GB+128GB ₹20,999/$349(約3.2/4万円)

2月28日にrealme GT 2シリーズがグローバル発表へ

発表会の最後では、フラッグシップシリーズ最新モデル、realme GT 2シリーズの2月28日、MWCでのグローバル発表を予告

realmeの最新フラッグシップモデル、realme GT2、2 Proが中国にて正式発表。Proモデルは、2KのLTPOディスプレ...

ちなみに中国では、1月初旬に既に発表済みとなっており、深澤直人氏デザイン、Proモデルは2K LTPOディスプレイ、150°の超広角レンズ搭載などが特徴です。

以前よりリークで存在が伝えられていたrealme C35がrealme(タイ)より正式発表されました。新たに発表がされたこのモデルは...
realmeはベトナム国内においてrealme 9iを正式発表しました。同社はこのrealme 9iをもって、realme 9シリー...

Source : 発表会生放送, realme(1), (2)

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2022.02.16 20:06 ID:0f834da5f 返信

    pro+の方がリフレッシュレート90Hzってマ?

    • 匿名 2022.02.18 01:24 ID:0480aa85d 返信

      自分もそれが無かったら完璧だと思ったのに。

  2. 匿名 2022.02.16 20:06 ID:0f834da5f 返信

    おっそ……

  3. 匿名 2022.02.16 20:43 ID:b11bf3fc8 返信

    いや高杉
    OnePlus Nord 2の下位互換

    • 匿名 2022.02.17 00:11 ID:2ffd4451c 返信

      9Pro+の6/128はRs.17,499だから2万円台やぞ
      ここの記事Xiaomiしかまとな価格書かんねん

      • 匿名 2022.02.17 00:59 ID:1bb21946d 返信

        正直大体の輸入先AliだからEU価格基準で見たほうが良いだろ

        • 匿名 2022.02.17 08:30 ID:2ffd4451c 返信

          Aliってrom焼き直しが流通してるから中国版の1割増しくらいが妥当な価格なんじゃないの

      • 匿名 2022.02.17 01:04 ID:1bb21946d 返信

        17499って何処情報か見てみたらインドのアーリーバード価格か
        インド定価だと9 Pro+ 6+128もNord 2 6+128も24999Rsだから全く変わらん

  4. 匿名 2022.02.16 21:46 ID:0f834da5f 返信

    OnePlus Nordシリーズは爆熱を通り越し爆発するイメージが…トンネルを掘る時に持って行くといいのかも

    真面目な話で事故の例が特に問題ある使い方をしてる故にも見えず本当に無作為にただ運が悪いだけで散発的に爆発してるようにしか見えない

    OnePlusのこの機種だけはマジ勘弁プレゼントしてくれるつーてもヤダ

    • 匿名 2022.02.17 00:12 ID:2ffd4451c 返信

      そもそもNordなんて中途半端な機種買うなよ

  5. 匿名 2022.02.17 03:47 ID:1bb21946d 返信

    gsmarena見たらバッテリー134時間持つって書いてあるな
    意外とありかもしれん

  6. 匿名 2022.02.17 11:35 ID:2ffd4451c 返信

    正直Redmiもかなり微妙でカメラもアレみたいだからこれ見せられても特に感想がないけど
    なんで今更LCD120HzとOLED90Hzの選択を迫るのかは非常に疑問

    • 匿名 2022.02.17 13:58 ID:1bb21946d 返信

      グロ版のRedmiじゃ比較にならんやろ
      あれは産廃