Galaxy A70がインドが販売開始【すでに売り切れの店舗も】

3月から一部の国とエリアで発売となり人気を集めていたGalaxy A70が、5月1日からインド国内でも販売開始されています。予約は4月20日から30日までの期間で行われていました。価格は日本円にすると約4万6000円となっています。

Galaxy A70は新型Aシリーズのミドルアッパースマートフォンで、USB Type-C採用はもちろん、25W高速充電やインディスプレイ指紋センサーに搭載しており、2019年のトレンド機能を広くカバーしていることが特徴となっています。

背面はガラスになっており、高級感のある仕上がりになっているとのこと

スクリーンはInfinity-U ディスプレイと呼ばれる「U」字型ノッチが採用されたものになっています。Super AMOLEDの6.7インチ:フルHD+ディスプレイは (2400×1080)新型Aシリーズの中で一番大きいスクリーンサイズです。このサイズまで来るとファブレットの部類になるでしょう。

メモリは6GB、ストレージは128GB(512GBまで拡張可)となっており、SoCにはSnapdragon 675オクタコアプロセッサが採用されています。

カメラは前面に32MPのものを採用。背面はトリプルカメラが搭載されており、それぞれ32MP(f/1.7)と8MP(f/2.2:ウルトラワイドアングルレンズ)、5MP(f/2.2 )となっています。

背面のカメラではGalaxy S10シリーズと同様、スーパースローモーション機能にも対応しており、スローモーチョン動画を撮影することも可能になっています。

Galaxy A70では4,500mAhと大容量のバッテリーが魅力的なのに加え、ユーザーから評価が高い最新のOne UI(Android 9.0 Pie)を体験できることもポイントです。


カラーはブラック(オーロラ風のグラデーション加工あり)とホワイト、ブルーの3色から選ぶことができます。

販売はインドサムスンの公式オンラインショップやフリップカートで行われていますが、フリップカートではすでに在庫切れという状態になっていることから、そのインドでの高い注目度が伺えます。フリップカートでは指定された銀行のクレジットカードで会計をすることで、割引されるキャンペーンも実施されています。

Source:GSMArena, 公式ページ

フォローする

Writer

Sekey
ポップアップ式カメラで顔認証中に落下させてしまい、カメラにキズがついてしまった2019年の夏

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します