OPPO Reno Zがリーク。コスパを追求した新デザインモデル

特徴的な前面ポップアップカメラやコスパに優れた価格などで注目を集めているOPPO Renoブランドから、新たにOPPO Reno Zのレンダリング画像がリークされました。OPPO Reno ZにはRenoブランドで踏襲されてきたポップアップ式の前面カメラがありません。代わって堅実な水滴ノッチがあります。

6.4インチのAMOLEDディスプレイで、解像度は1080 x 2340ピクセルのフルHD+となっています。また、SoCにはMediaTek Helio P90を採用。Snapdragon 710を採用した無印のOPPO Renoに対して、わずかに処理性能で劣るとみられます。6GBのRAMと256GBのストレージで、こちらもOPPO Renoと近いスペックになります。

前面カメラは32MP、背面は48MP+5MPのデュアルカメラとされています。バッテリーはVOOC 3.0の高速チャージ対応で、3,950mAhを予定。

背面のデザインなどはそのままに、OPPO Renoをコスパを追求して現実的な形に落とし込んだ実用主義なスマートフォンといえるでしょう。

色はスターパープル、エクストリームナイトブラック、コーラルオレンジ、ビードホワイトの4色。価格は2,599人民元(約4万1500円)からとなっています。

Source:slashleaks

フォローする

Writer


関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2019.05.18 16:21 ID:0069d6fab 返信

    mi9 seのグロ版パープルのROM128GBが割引価格で手に入る所を待ってるうちに来ちゃったらこれにしそうw
    あとはRedmiのハイエンドの値段次第ですね…