OPPO Reno5 ProらしきモデルがGeekbenchに登場【Dimensity 1000+搭載】

※画像はReno4

OPPO Reno5 ProらしきモデルがGeekbenchにて発見されています。情報によると、SocにはMediatek Dimensity 1000+を搭載しているとのことです。Reno 5 Proの下位モデルにあたるReno5(無印)は多くのリークが既にでています。

近々中国国内で発表されるとみられている、OPPO Reno5の情報が続々と入ってきています。中国TENAAには早くもReno5の実機...

Reno5 Proと見られる「OPPO PDSM00」のSocとメモリ

Geekbenchに新しく登録されたモデル「OPPO PDSM00」は、OPPO Reno5 Proだと予想されています (なお、Geekbench 5ではなくGeekbench 4のスコアとなっています。)

SocにはMediatek Dimensity 1000+を示すMediaTekMT6889Z/CZAを搭載。ミドルハイに当たるスペックです。

他には、OSにAndroid 11を標準搭載し、メモリは8GBと判明しています。Android 11標準搭載の高性能な機種としては、比較的早めに登場するモデルとなりそうです。

Reno5 Proのリフレッシュレートが気になる

以前のリークで、同シリーズのOPPO Reno5のスペックはSnapdragon 765G搭載・60Hz駆動OLED搭載など大部分が判明しています。また、充電速度も高速な65Wと予想されており、Reno5 Proも同等かそれ以上になりそうです。

特に気になるのがリフレッシュレートです。Dimensity 1000+搭載モデルは120~144Hzのリフレッシュレートに対応しているモデルが多く、Reno5 Proもスペック的には問題なく搭載できる筈です。Reno4シリーズではAMOLED搭載モデルのリフレッシュレートは90Hzでとどまっていましたが、今度こそ120Hzリフレッシュレート以上に対応してほしいところですね。

Dimensity 1000+搭載モデルはRealme X7 ProRedmi K30 Ultraにのような高コスパ機が多いのですが、Renoシリーズはこれまでの流れを踏襲すると、デザインやコンパクトさが売り(必ずしもコスパ勝負でなく。)となるでしょう。

Source:91mobiles

フォローする

Writer

岩佐
新人ライターの学生(19)。XiaomiとGoogleのファンです。 https://twitter.com/nagi_iwasa

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.11.17 16:06 ID:11dd49432 返信

    無印版が20000円後半で
    Pro版が45000円くらいにしないと多分売れない

    Realme X7proとRedmiK30urtraはDimensity1000+搭載で
    後者の方が安い

    • 匿名 2020.11.17 19:49 ID:759cd3fdd 返信

      Redmi含むXiaomi系スマホはSoc以外でコストカットしすぎなんだよな〜
      RealmeX7Proはimx686搭載でディスプレイ下部の顎も薄いから総合的に上手くまとめてる印象

  2. 匿名 2020.11.18 00:35 ID:4967fed1c 返信

    Band19さえ入っていれば買うんだがなあ

  3. 匿名 2020.11.18 09:41 ID:faf75b5a2 返信

    Geekbench4かよびっくりしたわ