Oppo AR Glass 2021が発表【前モデル比75%軽量化】

11月17日に開催されたOPPOの新テクノロジー発表イベントOPPO INNO DAY 2020で、新ARスマートグラス「Oppo AR Glass 2021」が発表されました。

ディスプレイは0.71インチのAMOLEDを搭載。装着時は「3mに90インチのディスプレイ」が見える状態になるようです。OPPOは2019年にもARグラスのプロトタイプを発表しており、Oppo AR Glass 2021はこれの大幅進化版に当たります。が、今回もコンセプトモデルとなり、発売時期や価格は発表されませんでした。

前モデル比75%軽量化でフィット感が向上

ヘッドマウント型だった前モデルに比べ、デザインは大幅に変更されました。それにともない、Oppo AR Glass 2021は前モデルから75%も軽量化されたとのこと。さらに人間工学に基づいたデザインで多くのユーザの鼻や耳にフィットするようになっています。


Oppo AR Glass 2020(前モデル) Source:sparrowsnews

Oppo AR Glass 2021は独立して動くARデバイスではなく、センサーとディスプレイを搭載した、いわばスマホの周辺機器のようなものです。OPPOの対応しているスマホにType-Cケーブルで接続することで使用できます。

センサーにはカメラやToF等を搭載。多数のセンサーにより、1/1000秒単位で手の動きを検出するハンドトラッキング機能を実現しています。

AR技術開発を促進するOPPO

OPPOはさらに今回の発表で、自社製のARアプリ「Oppo CybeReal」も発表しています。こちらはマップ機能がメインで、Huawei AR Mapに似た機能を備えているようです。

先週、Huaweiのリチャード・ユーCEOがHuawei AR Mapを発表しました。現在、Huawei AppGalleryでから...

AR技術は注目度こそ高いものの、いまだ身近なものとは言えません。ただ、大手スマホメーカーやGAFAなどからの注目度は高く、新しい高機能デバイスも登場しつつあります。OPPOのAR技術も実用レベルまで仕上げられれば、ブランドにとって大きな武器となるでしょう。

AR以外では、巻き取りディスプレイ「Oppo X 2021」も発表されています。こちらもイノベーションを感じさせるデバイスです。

11月17日に行われた発表イベント、OPPO INNO DAY 2020にて世界初となる巻き取り式のディスプレイを搭載したコンセプト...

AR、巻き取りスマホと、今回の発表はOPPOの今後が大きく期待できる内容でした。これらをどこまで一般向けに実用化させてくるのか、2021年が楽しみです。

Source:OPPO

フォローする

Writer

岩佐
新人ライターの学生(19)。XiaomiとGoogleのファンです。 https://twitter.com/nagi_iwasa

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.11.20 12:27 ID:fcefc2d93 返信

    コンセプトかよ
    実製品出して欲しかったな