OPPOがA53発売を準備中【Snapdragon 460搭載の廉価モデル】

OPPOのAシリーズの新機種としてOPPO A53の発売が近づいているもようです。同端末についての詳細なスペック情報がmysmartpriceによって独自にリークされています。

OPPOはAシリーズ向けラインナップに5G対応のOPPO A72 5Gを加えるなど、バリエーションの強化に力を入れていることが伝わります。

スナドラ460搭載のエントリーモデルを投入か

mysmartpriceによるリーク情報からはOPPO A53の詳しいスペックが確認できます。ディスプレイは6.5インチのLCDディスプレイ(解像度は不明)、チップセットはSnapdragon 460が搭載されるようです。

内蔵メモリは4GBと6GBの二種類のオプションが確認できるほか、内蔵ストレージも64GBと128GBの両方があります。バッテリーは5,000mAhと大容量なだけでなく、18Wの高速充電にも対応しているとあります。

指紋センサーは背面に搭載、ディスプレイは90Hzのリフレッシュレートにも対応しています。

リアカメラはトリプルレンズ仕様になり、それぞれ13MPのメインセンサー、2MPのマクロセンサー、2MPの深度センサーという構成になっています。フロントカメラは16MPのパンチホール型カメラとなっており、OPPOの機種では共通のディスプレイ左上に配置がされます。

OSの仕様は不明ですが、これから正式発表となる新機種であればAndroid 10ベースのColor OS 7番台が搭載されると予想できます。

これまでになかったスペック構成、エントリー機種にも変化か

Snapdragon 460は、2020年初めにSnapdragon 720Gなどと並んで発表されたエントリーモデル向けチップセットです。GPUにAdreno 610、CPUにKyro 240をそれぞれ採用しています。エントリーモデルであってもゲームを楽しめるだけの性能があるとも言われており、OPPO A53のパフォーマンス性能にも期待ができます。

パフォーマンスが大幅向上。 Qualcommは新たにスマートフォン向けのSoC、Snapdragon 460、662、720G...

チップセットがエントリーモデル向けのSnapdragon 460である一方、18W高速充電や90Hzリフレッシュレート対応などの魅力的な特徴も備えています。バランスに違和感も感じるスペック構成ですが、それだけ低価格モデルのコストパフォーマンスが上がってきているということになるのでしょう。

FCCやEECなどの認証機関にもすでに情報登録がされていることから、OPPO A53の正式発表は迫ってきていると言えます。同時にインドネシア国内向けにも認証登録がされており、グローバル向けモデルとしての可能性も噂されています。

OPPOは以前にもOPPO A53(2015)という同じ名前のモデルを発表しています。

OPPOよりOPPO A72 5Gという新型スマートフォンが中国向けに正式発表されました。先日発表されたばかりのMediatek製D...
Oppo A52がOppoの公式サイト(中国)に登場しました。廉価版モデルとなり、価格は1599元(約25,000円)となります。 ...

Source: mysmartprice

フォローする

Writer

Sekey
Galaxy A50sからA51に機種変更しました

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.08.21 11:22 ID:7df57def7 返信

    ずっとサイトが開けなかったから閉鎖でもしたんかとおもた

    • 匿名 2020.08.21 11:29 ID:8b6e9941c 返信

      ここは定期的に滅茶苦茶重くなる(というか鯖落ち?してる)

      しかし5000mAh必要かなこれ 4000くらいでその分軽いほうが購買層に受けそうだが

  2. 匿名 2020.08.21 19:26 ID:49a642191 返信

    ゴミチップやん。
    動き遅すぎてイライラするやろな。

    • 匿名 2020.08.21 21:07 ID:70b4765ae 返信

      antutu10万程度のローエンド使ってる奴が乗り換えるにはちょうどいい
      とはいえ価格次第だが