インドのMicromaxは米制裁の追い風に乗れるのか【マーケットコラム】

かつてのインドのスマホ市場を圧巻した地場メーカーのMicromax。製品のコスパも優れていたことから一時期は高い人気を誇っていました。これが中華メーカーの猛攻で過去の話となった今、Micromaxは新たな挑戦をしようとしています。市場が政治的要因で影響を受けている中、同社は国内メーカーという特徴からこの先のアドバンテージを取っていけるのか、この記事内で予想していきます。

中国のスマホ市場に並ぶ市場規模を誇るとされているインド。今となっては世界的にヒットしたRealmeも、もとはインド市場を攻略するため...
スマートフォン業界の中でもとても熱い(暑い)インド市場。2020年の今となっては中華メーカーにそのシェアをほとんど奪われてしまいまし...

2020年の今再び注目したいMicromax

Micromaxはスマホやエアコンなどの電化製品を手掛けているインド生まれのメーカーです。ローカルを知り尽くした強みを活かし、インドとその周辺国という一つの大きな市場を中心に戦っていることが特徴です。

Xiaomiやvivoなどの中華メーカーが大きな存在感を放つ現在のインド市場ですが、Micromaxはサムスンに並ぶシェアを持っていた時期もありました。

2020年11月に新サブブランド in を発表 - Cheeni Kum

ここ最近ではスマホの新製品も発表されず、この先が心配されていたMicromaxでしたが、2020年11月になり新たなサブブランドとしてinを発表しました。中華メーカーがインド市場で逆風を受けているのを好機と捉えたのかもしれません。

インドにおける「脱中国依存」の動き

中国との国境紛争激化による中国への警戒心の高まり等から、インドのモディ首相は2020年5月にAtmaNirbharBharat Abhiyanというキャンペーンを打ち出しました。このキャンペーンには国内の産業をサポートするための強力な経済パッケージを中心としつつ、「自国で自立した経済を目指す」というモディ首相の意向も含まれており、事実的な中国依存からの脱却を意味しています。また、TikTokをはじめとした中華系アプリの利用禁止命令も出されています。

インド政府は6月29日、TikTokやMi Communityを含む59個の中華系アプリの使用禁止を発表しました。禁止の理由は、「反...

政府主導の中国依存からの脱却の動きに加え、消費者による反中感情の高まりによる中国製品のボイコット運動も起きています。

情勢が変わりつつあるインドで「インドローカル」をアピールして勝負を仕掛ける - India ke liye(インドのために)

Micromax共同創設者のRahul Sharma氏:妻と子供のためにもぜひ新ブランドのinを成功させてもらいたいものだ。

前述の通り、現在のインドではどの産業にしても地場メーカーがパブリックイメージという意味では有利な状況にあるとも言えます。そんなチャンスを上手く勝ち取ろうとしているのがMicromaxなのです。「India ke liye(インドのために)」というキャッチフレーズからは、地場メーカーとして自国に寄り添っていきたいというMicromaxの前向きな姿勢を感じられます。

in note 1

Micromaxのinブランドから新製品としてまず発表されたのは、in 1bとin note 1という二つの製品です。in 1bはチップセットにMediaTekのHelio G35を搭載したスマホとなっており、内蔵メモリと内蔵ストレージが2GB・32GBのモデルと4GB・64GBのモデルをそろえています。in note 1はin 1bよりもスペックが上に設定されていることが特徴です。同じくMediaTekのHelio G85を搭載、4GB・64GBモデルと4GB・128GBモデルの二種が存在します。

モデルin 1bin note 1Xiaomi Redmi 9A
ディスプレイ6.52インチ(HD+720x1600)6.67インチ(FHD+1080x2400)6.53インチ(HD+720x1600)
チップセットMediaTek Helio G35MediaTek Helio G85MediaTek Helio G25
RAM/ROM2GB/32GB, 4GB/64GB4GB/64GB. 4GB/128GB2GB/32GB
カメラリア:13MP/2MP/13MP/13MP

フロント:8MP

リア:48MP/5MP/2MP/2MP

フロント(パンチホール):16MP

リア:13MP(シングル

フロント:5MP

バッテリー周り5,000mAh/USB Type-C/10W5,000mAh/USB Type-C/18W5,000mAh/micro USB 2.0/10W
指紋認証背面センサー背面センサーなし
その他Googleアシスタントボタンあり 
定価6,999ルピー(2GBモデル)10,999ルピー(4/64GB)7,999ルピー(2GB)

なお、12月1日にin 1bに先駆けて発売となったin note 1は発売日のうちに用意されていた台数がすべて売り切れとなる人気ぶりとなりました。12月4日に早くも第一回目のアップデートを受け取ることができており、11月のセキュリティパッチやカメラ周りの向上などの内容となっていました。アップデートなどのサポートも含め、ユーザーからの評判は良く、現時点ではinは好調のもようです。

in 1b

続く12月10日にはブランドで最安のin 1bという機種が発売されました。こちらも良いスタートを切ることができています。

表では2020年のインドで大人気だったXiaomiのRedmi 9Aの2GB/32GBモデルをこれらの二機種の比較対象としましたが、in 1bとRedmi 9Aはコスパ性という意味では非常に良い勝負ができており、カメラの面ではスペック上ならin 1bの圧倒的優勢だと言えます。インドではRedmi(無印)シリーズやRealme Cシリーズの最安機種がいつの時も大人気でしたが、指紋認証に対応していないのがユーザーからかなり不評でした。Micromaxは二機種で指紋認証に対応させており、ここはインド市場をよく理解していると感心させられました。

いつの日も国内メーカーは強いものだ

インドでは消費者は製品のコスパはもちろんですが、それと同時にどこの国のメーカーかという点も気に掛けます。インドのスマホ市場でとても大きな存在感を見せるXiaomiも中国のメーカーですが、インドに工場を構え現地で生産をしているため、ローカルユーザーからも受け入れられているのが実情です。

Micromaxはインドのメーカーという点ではXiaomiやrealmeなどの中華メーカーよりも有利な立場にあるのも事実です。現在の国際政治情勢による追い風に加え、2021年に繰り出す新製品の評価によっては同社が再度巻き返す可能性はあるでしょう。この先新たなinブランドでインドという自国のマーケットを取り返していけるのか、そんなMicromaxの更なる成長を期待しこの記事を終えたいと思います。

スマートフォン業界の中でもとても熱い(暑い)インド市場。2020年の今となっては中華メーカーにそのシェアをほとんど奪われてしまいまし...

フォローする

Writer

Sekey
Twitterでフォロワー募集中です。 アジアのガジェットネタをつぶやく予定です。 Sekey @sekeysm https://twitter.com/sekeysm

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.12.19 19:42 ID:08ee5cc89 返信

    日本メーカーよりまともじゃん

  2. 匿名 2020.12.19 19:50 ID:d12415955 返信

    >India ke liye(インドのために)
    日本も見習って????

  3. 匿名 2020.12.19 19:57 ID:7564a63d5 返信

    日本でやるならまずは脱iPhone依存しないといかん
    無理だな

  4. 匿名 2020.12.19 20:24 ID:36f167444 返信

    インドはイデオロギーだけが先行していて技術や制度が疎かになっているイメージがある
    給料未払いやそれに対する暴動は日常茶飯事、外資への締め付けは一丁前の癖に国内には金しか出さないから産業も育たない。感情に任せた政治を正さない限り、中国との差は広がるばかりだと思う

  5. 匿名 2020.12.19 20:45 ID:3306c9b6b 返信

    反中デモやってる人達がただしシャオミは除くとか言ってる内はあかんのではないかと

  6. 匿名 2020.12.19 22:18 ID:4daf0d738 返信

    躍進してるrealmeも中華なのに

  7. 匿名 2020.12.20 01:07 ID:1c088d914 返信

    格安ハイエンド・ミドルハイとか安定してるSnapdragon載せてるとかっていう面ではどうしても中華には勝てないんやろな。ローエンド・ミドルローとかは強くても

  8. 匿名 2020.12.20 01:14 ID:71b744672 返信

    こういう特殊需要があるうちに中華スマホを上回れるか期待ですね。
    実際、インド人は優秀で知識も技術力もある人がたくさんいるので勝ち目はあると思います。

  9. 匿名 2020.12.20 07:49 ID:2b08c64e0 返信

    カースト制度の影響が比較的少ないITに優秀な人材が集まりやすいんだっけか

  10. 匿名 2020.12.20 08:56 ID:33a909828 返信

    micromaxってまだ潰れてなかったんだな。俺の認識では2013年まではmicromaxはXiaomiより魅力的だった
    XiaomiはiPhoneコピーの山寨手機で魅力ゼロだった(当時のMIUIは本当にiOSのコピーだった)
    Huaweiはみまもりケータイとモバイルルーターのイメージだったしまだ中華がネタ枠として各種ガジェットサイトで扱われてた

  11. 匿名 2020.12.20 12:23 ID:02c0a98d7 返信

    ✖️圧巻(あっかん)
    ○席巻(せっけん)
    文脈上はこう言いたかったのでしょうか
    時々やりはるなSekeyさんは

    ところでinfinixのレビューはまだですか?