Mi 10 Pro+は12倍光学ズームと120Hzリフレッシュレートに対応か【ハイスペック】

Xiaomiが発表したMi 10シリーズの最上位モデル、Mi 10 Pro+が12倍の光学ズームと120Hzのリフレッシュレートに対応することがわかりました。

廉価版も合わせて多数のモデルがラインナップされているMi 10シリーズですが、さらに増えるとはXiaomiの力の入れようが伝わってきますね。

Xiaomi Mi 10は2020年2月に発売されたスマートフォンで、6.67インチディスプレイにSnapdragon 865を搭載...
Xiaomi Mi 10は2020年2月に発売されたスマートフォンで、6.67インチディスプレイにSnapdragon 865を搭載...

フラッグシップのProよりも更に上位の機種を発売する例は最近増えてきています。Galaxy S20 UltraHuawei Pro+がその例です。

いずれも日本円換算で15万円前後の価格帯ですが、Galaxy S20 Ultraは、全体として販売不調なS20シリーズの中では予想外に良く売れているようです。

公開されたMi 10 Pro+のキャッチコピー

Mi 10 Pro+のキャッチコピーとメインのスペックが掲載されたバナーがリークされています。コピーは直訳すると「世界を越えて、見ろ」といったもので、高倍率(12倍)の光学ズームが売りになっていることがわかります。

またSoCにSnapdragon 865を搭載し高速充電は65Wとなるようです。Mi 10シリーズの108MPにズームを加え、まさにHuawei P40 Pro+やGalaxy S20 Ultraと競い合うようなスペックになっています。

カメラ性能に注力したモデルとしては、Mi CC10の発売も噂されていますが、Mi 10 Pro+はカメラ性能だけでなく全てがハイスペックな最上位機の位置づけとなるでしょう。

中国のECサイトの淘宝网(タオバオ)やTMALL天猫で、発売が噂されるXiaomi Mi CC10のケースが早くも購入可能となってい...

また、Xiaomiは新たに副社長兼マーケティング最高責任者としてYang Zhe氏を迎え入れました。同氏はこれまでにAppleやHuaweiなどの名だたるテックカンパニーを渡り歩くというキャリアの持ち主。

Yang Zhe氏の手腕のもと、Mi 10 Pro+がどのようにプロモーションされていくのか大変気になるところです。日本での展開についても大きく影響するのではないでしょうか。

独自の情報源に定評のある海外WEBメディア「SparrowsNews」は9日、YouTube上でXiaomi製の新しいUSB充電器の...
5月下旬~6月冒頭にかけて、XiaomiとHuaweiから日本円換算2万円台(人民元ベースで2,000元以下)の5G対応スマホが4モ...

Source: CNMO

フォローする

Writer

tokui
「ウチはな、曽祖父の代からiPhoneを使ってるんだ、これからもそうさ」

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.06.17 12:35 ID:48f95f187 返信

    865+じゃないのか
    k30Proを90hzにして出してくれ。。

  2. 匿名 2020.06.17 12:57 ID:949d818be 返信

    そんなにいいカメラが欲しければHonor 30 Pro+を、スペックが欲しければOnePlusを買えばいいように思ってしまう
    あるいはシリーズ全体を値下げしてくれるんだろうか

    • 匿名 2020.06.18 08:36 ID:07c4e1c58 返信

      全部入りの方がいいに決まってる

  3. 匿名 2020.06.17 15:12 ID:26cfb7e63 返信

    でも夜景に弱いんでしょ?

    • 匿名 2020.06.17 15:42 ID:48f95f187 返信

      いつの話してんの?

    • 匿名 2020.06.17 20:01 ID:6a53e8d4a 返信

      貴方の知識はアップデートされなかったんですね

      • 匿名 2020.06.18 18:41 ID:3dd55d27c 返信

        まぁ初期リリースの情報だけですべてを断罪するような輩は多いし(やたら国産スマホに沸いてる印象もある)
        そんな波が中華スマホにもきたと思えば納得

  4. 匿名 2020.06.17 15:14 ID:0056a0871 返信

    Miシリーズまた増えるのか…
    次は、「MiNote10+5G」とか出てくるのかな(笑)

  5. 匿名 2020.06.17 21:53 ID:7d2aa9b7f 返信

    それより小米はMIXシリーズをアップデートしてくれよ
    デザインコンシャスなラインというよりフルバンド対応ラインとして一定の地位はあったはずなのに

    • 匿名 2020.06.18 19:58 ID:a021ff590 返信

      さすがにもう出ないだろ

  6. 匿名 2020.06.18 11:57 ID:005b38738 返信

    mi9proが値下げされたらそれでええのになぁ

    • 匿名 2020.06.18 20:21 ID:a7a55e3ec 返信

      iPhoneも最上位だとカメラは綺麗だけど中華を超えられない壁がある。
      恐ろしい世になってきたな

  7. 匿名 2020.10.09 22:34 ID:209213b59 返信

    iPhoneなんて12ですら最上位機種のみ光学3倍ズームで精一杯の技術力しかない。
    iPhone12シリーズ他は2倍ズームのみでしかもリフレッシュレート60hzとかいう時代遅れ仕様だし
    中華の技術力が異常

    • 匿名 2020.10.19 17:19 ID:d6d23ef15 返信

      光学5倍とか10倍になるとペリスコープのカメラがほぼ必須だし、間の画質のために2-3倍のやつも必要になる。つまりズームのために2つカメラが必要になる。

      さらにAppleがこだわるであろう動画撮影時のシームレスな切り替えとかの機能性を犠牲にしないためにも相当な作り込みが必要になる。(Xiaomiとかはカメラスペックが圧倒的でも、動画撮影は問題や制限が多い)

      Appleにとって光学5倍以上のズーム機能の優先度は低いだろうし、上記の理由があるから急がないだろうね。