Letv S1が中国で発売【LeEco約4年ぶりの新機種】

画像:GIZMOCHINA

5、6年前に高コスパ機で名をはせたLeEcoが、約4年ぶりとなる新機種、Letv S1を中国にて発売。

ディスプレイ解像度はHD+、SoCにはUNISOC Tiger T7510を採用するなど、ミドルローモデルといった仕上がりとなっていますが、Huawei Mobile Services(HMS)を採用している点が何よりの特徴となっています。

基本スペック

  • UNISOC Tiger T7510
  • 6.53インチ(1,600×720p HD+)LCDフラットディスプレイ(水滴ノッチ)
  • 8GB RAM + 256GB ROM
  • 4,900mAhバッテリー
  • リアカメラ:48MPメイン+?MPマクロ+?MP深度
  • インカメラ:?MP
  • microSDカード対応(排他的)
  • FreemeOS 9.1.0(Android 9)
  • Huawei Mobile Services(HMS)搭載
  • 163.6×75.5×9.7mm、206.4g

LeEcoは、初期は元々の名前であるLetv、そしてLeEcoの名で製品を展開していましたが、今回はまたLetvブランドに。過去数年でTWSイヤホンやスマートTVなど新製品を発売していましたが、スマホの発売は実に約4年ぶりとなります。

SoCはUNISOCのTiger T7510となり、そのAntutuスコア(v8)は約18.6万点。ディスプレイの解像度はHD+と低めで、リアカメラも48MPのトリプルカメラと、全体的にミドルローといったスペックに。USBポートは、Type-Cとなっているようです。

ソフトウェアにおいては、Android 9ベースのカスタムスキン、FreemeOS 9.1.0に。そして何よりの特徴として、非Huawei機にしてHuawei Mobile Services(HMS)を採用しています。

Huaweiがアメリカ政府による制裁を受けていることは、皆さんご存知だと思います。 その制裁により、Huaweiは米国政府と取...

約2.8万円

カラーは湖光绿(グリーン),幻夜黑(ブルー),复古金皮纹(レザー)の3種類。価格は1,599元(約2.8万円)となっています。

フラッグシップモデルに期待

画像:Twitter

今回発表された機種はミドルローモデルですが、Letvは今年5月に開催したイベントにて「乐视超級手机(Letvスーパーフォン)」の発表を予告しています。

果たしてそれがフラッグシップモデルとなるのかは不明ですが、少なくともティザー画像からはエッジディスプレイが確認でき、ミドルハイ以上にはなることと思われます。今後の続報に期待ですね。

その特徴的なUIやデザインから知られるスマートフォンブランド、Smartisanですが、同ブランドを所有するByteDance(Ti...
LGがスマホ事業からの撤退を同社取締役役会で決定したと発表しました。7月末までの事業閉鎖を予定しているとのことです。 LGは、...

Source:Letv Via:GIZMOCHINA, Twitter

フォローする

Writer

Kohei
基本的に新機種発表会は生放送視聴して、なるべく早く記事をお届けできるようにしています。スマホの他にはオープンワールドゲームやEDMが好きです。

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2021.10.09 01:52 ID:a23571805 返信

    ハイエンドかは分からんけど、出してほしいなぁ
    Huaweiは沈んだし、iPhoneは面白みに欠けるし、Galaxy Noteも出ないし、LG撤退でHTCも音沙汰無し

  2. 匿名 2021.10.09 02:36 ID:11d1fe7a4 返信

    ウチのLe Max2まだかろうじて動くゾ

  3. 匿名 2021.10.09 03:09 ID:11d1fe7a4 返信

    UNISOCちゃん、何だかんだ有りながらもスマホ向けSoCの開発途切れないね

    • 匿名 2021.10.09 14:10 ID:11d1fe7a4 返信

      国有だからね