最近よく聞く「GMS」って何?「AOSP」「HMS」との違いは?【解説コラム】

Huaweiがアメリカ政府による制裁を受けていることは、皆さんご存知だと思います。

その制裁により、Huaweiは米国政府と取引することができなくなりましたが、その影響で「HuaweiのスマホはAOSPは利用できるがGMSを搭載できない」「代わりにHMSを搭載する」といったことを聞きますね。

では、GMS・HMS・AOSPとは何でしょうか?今回はこれらの単語をかんたんに説明します。

GMSはGoogleが開発したアプリ、APIのこと

GMSとは、Google Mobile Servicesの略です。

Google モバイル サービスは、Google の人気アプリや API を Android 搭載端末にプリインストールできるサービスです。(Googleより)

このように、GMSとはGoogle製のアプリ及びAPIがまとまったサービスのことです。これにはGoogle Chrome、YouTube、Google Playストアといったアプリや、各種アプリの情報をつなげるAPI(Application Programming Interface)が含まれています。

Android OSを搭載する端末を生産する会社、いわゆるスマホのメーカーが、Googleとライセンス契約を行うことで、これらの人気のアプリやクラウドベースのサービスをスマートフォンにインストールする事ができます。

Huaweiはアメリカ政府による制裁によりGoogleと取引ができなくなったため、ライセンス契約ができず、GMS、つまりGoogle製のアプリなどが搭載できないということなのです。

CNNのインタビューにて、Huaweiの創業者でCEOである任正非氏が、アメリカがHuaweiとアメリカ企業との取引に引き続き制限を...
アメリカ政府は先日、本来は今月の4月1日までのHuaweiに対するGoogleやIntelを除いた禁輸制裁の猶予を45日間延...

AOSPはAndroidの根幹のこと

一方で、Huawei製のスマートフォンは引き続きAndroid OSを採用しています。Android OSもGoogleが作ったものなのになぜ?という気がしてきますが、これはAndroid OSの成り立ちが関わります。その際大事な単語がAOSPになります。

AOSPとはAndroid Open Source Projectの略で、多くのスマホに搭載されているAndroidの開発プロジェクトです。

Googleが開発したAndroidは、AOSP上でオープンソースとして公開されます。ここで公開されるAndroid OSはいわゆる「素」の状態であり、ここにスマホメーカー、チップメーカーなど各社が修正・カスタマイズを加え、自社スマートフォンにインストールすることでスマートフォンのAndroid OSとして利用できます。余談ですが、Pixel、 Android OneといったGoogle謹製のスマートフォンでさえ、若干の修正が加えられたものがインストールされているようです。

ここで大事なのが、AOSPがオープンソースであること。Huaweiはアメリカ企業のGoogleと取引しているのではなく、Googleがオープンソースとして世界中に公開したコードを利用しているだけなので、アメリカ政府の規制に引っかかることはないのです。

なお、AOSPではメールや電話といった端末レベルの一般的な機能を提供していますが、GMSは搭載されていません。

HMSはGMSのHuaweiバージョン

HuaweiはAOSPを利用してAndroid OSを自社端末にインストールすることができますが、GMSを搭載することができません。そのため、Huaweiが自社でGMSを代替する様々なアプリやAPIを開発しています。それを、HMS(Huawei Mobile Services)と呼びます。

HMSではHuawei IDをもとに、Huawei AppGallery(Google Play ストアの代替)といった機能を提供しています。170か国で5.3億人以上(2019年6月時点)のユーザーにサービスを提供していますが、大半は中国のユーザーであり、そこまで普及していないのが現状です。

しばらくの間はGMSの利用が見込めないHuaweiは、HMSの充実を図るために10億ドルの資金を投入する「Shining-Star Program」を展開しています。今後HMSがどれだけ充実するか次第で、Huaweiスマホのグローバル市場における勢いが大きく変わるでしょう。

Huawei+HMSはどこまで動く?

telektlist読者レビューでは、HMSを搭載したHuawei Mate 30のアプリの動作状況が報告されています。

  • 代替できたアプリ
    LINE → LINE lite
    Youtube → YouTube vanced
    (※設定で「ログイン時Googleにアカウント情報送る」をオフ)
    Map → Google Maps go
    Gmail → 一般のメールソフト
  • 正常に動くアプリ
    Instagram
    Facebook (+メッセンジャー)
    Twitter
    ニコニコ動画
    Amazon
    Dropbox
    PayPay
    ファミペイ
    ヤフオク
    Jorte
    その他、Quick Appsを使えば楽天市場やメルカリも使えます。
  • 動作しないアプリ
    LINE Pay
    楽天ペイ
    銀行系アプリ

非常に有用で素晴らしいレビューだと思います。ぜひ参考にしてみてください。

Huawei Mate 30は2019年10月に発売されたスマートフォンで、6.62インチディスプレイにKirin 990を搭載して...

Source : Android, Huawei

フォローする

Writer

ナカヤマユウショウ
2013年にMNPを知ってからスマホオタクになった理系大学生。telektlistでは珍しいiOS派。 最近顔出しでYouTubeはじめました。 Twitter: @yushonakayama Instagram: @yushonakayama

関連記事

関連記事

 コメント

※暴言・個人攻撃等は予告無しに削除します

  1. 匿名 2020.04.10 08:21 ID:3d7ee3540 返信

    そんだけ使えれば、あとはゲーム系のアプリが動けばワンチャン

  2. 匿名 2020.04.10 10:40 ID:e4514a276 返信

    そこまでして囲い込まれる気はないから大人しくgms使います

  3. 匿名 2020.04.10 13:28 ID:1c7d5b80f 返信

    GMSも囲い込みやんけ

    • 匿名 2020.04.10 16:03 ID:e4514a276 返信

      世界を囲うのと中国囲うのと同じに語られましても・・・

  4. 匿名 2020.04.10 13:38 ID:fef1c5e48 返信

    思った以上に使えるんだな
    今後のappgalleryのラインナップ次第では次もファーウェイにするかもしれん
    XiaomiやOPPO等の競合相手よりも相当安ければの話だが

    • 匿名 2020.04.11 14:41 ID:0241597fd 返信

      いや、決済系はセキュリティの問題から全滅だし、中国に情報取られるリスクもあります。

      • 匿名 2020.04.17 05:53 ID:597ac353b 返信

        君の個人情報なんて大した価値じゃないし心配しなくていいよ

  5. 匿名 2020.04.11 11:28 ID:5ad31ec59 返信

    「Moとはじめるテック講座 初級編」

    AOSP、GMSとくれば次はProject Trebleか?
    (一度記事になってたかな)

  6. 匿名 2020.04.11 13:43 ID:04ce708fa 返信

    こういう記事良いね。
    自由が売りだったAndroidで、GMSに縛られる事を盲目的に肯定できるのは、スマホが普及品になったって事なんだろう。

  7. 匿名 2020.04.12 04:29 ID:d7194f528 返信

    ふつーにブートローダーアンロックすれば好きなカスロム入れれるのにな

    • 匿名 2020.04.12 10:15 ID:f4ac8ee44 返信

      Huaweiって今BLUサポートしてるんだっけ?
      GMS非搭載の話が流れ始めたくらいの時期に同じように「カスタムROMを焼ければデメリット無くなるなあ」なんて考えていたけど、実際のところどうなんだろうね。